SIXPAD



先日SIXPAD発売日にSIXPAD2アブズベルト最速レビューをアップしましたが、発売直後に注文した翌日に到着しましたので、早速使ってみた口コミをお送りしたいと思います。

SIXPADアブズベルト迷ってるけど、いったいどんなもんなんじゃい!とおもっている人、ぜひぜひチェックしてください!

SIXPADアブズベルト到着!

発売直後の午前0時16分に注文したSIXPADアブズベルトですが、その日の夜、20時過ぎに発送のメールが来ていました。

同時に佐川さんからも配送予定のメールがきていたので、翌日は夜まで外出する予定でしたので、19時以降の配達にするようチェックを入れました。

そして翌日夜19時過ぎ、佐川さんがSIXPADアブズベルトを配達してくれました。

最初のダンボールを見て「おっきい!」って思いました。

こちらがSIXPADアブズベルトがはいっていたダンボール。

SIXPADダンボール
SIXPADダンボール

これって、置くところあるかしら、、と心配になりましたが、ダンボールを開けると端っこにエアパッキンが詰められてかなり長さがでていたようで、「これなら大丈夫そうね」と安心しました。

SIXPAD箱

中身の箱の長さは70センチちょっと。それでもちょっと長いかも、ですね。

箱の扉を開けると、箱がSIXPADアブズベルトの形にくり抜かれていました。とってもゴージャスな感じ!


ワクワク感が高まります。

で、開けようとするとどこから開けるのかがよくわからず、あちこちさわってみて、横から開けることが判明ww

SIXPADアブズベルトの中身は?

SIXPADアブズベルトの箱にはこちらのような感じでいろいろと入っていました。

本体、ベルト、充電器(マイクロUSBとアダプター)、粘着パッド、保管用シート、取扱説明書など、です。

SIXPAD簡易取説

詳しい取扱説明書の他に、簡易版のとりあえずこれやっとけ的な取説もあり、取扱説明書読むの苦手な人でも、これだけでも使えるようになっていました。

本体の裏は電極サイドになっていて、これはまだ何もつけいない状態の裏側です。

まずはSIXPADアブズベルトを充電しましょう

手順としては簡単で、まず充電しないとはじまりませんので充電をします。

SIXPAD充電口

充電は、真ん中の出っ張りの下の部分を開けると、マイクロUSBのジャックの口があるので、そこに充電器を差し込み、充電するだけです。

充電のジャックは、マイクロUSBですので、アンドロイドのスマホの充電のジャックと同じものです。

アンドロイドをお使いの方は、同じジャックでも問題ありません。
私はスマホの充電器はリビングと寝室に置いてありますので、いつでもそのジャックを使えばSIXPADの充電もできるので楽です。

最初は5時間ほど充電する必用がありますが、それでだいたい30回分くらいは充電できるそうです。

ベルトを取り付けましょう

SIXPADアブズベルトのベルトの部分を取り付けます。

長いのと短いのがありますが、自分のやりやすい方向を考えつけるとよいでしょう。
何度でもつけ直せますので、こっち違う、となっても問題ありません。

驚いたのが、ぱっと見た感じこの部分のマジックテープが全然毛羽立ってなくて、ほとんどザラザラしないんです。

でも、メス?(どっちがオスかメスかわかりませんが・・・)のほうにくっつけると、ちゃんとピッタリとくっついて、全然剥がれません。これって最新式のマジックテープなのかなあ?
>>SIXPAD2購入はこちら

粘着パッドを取り付けましょう

粘着パッドは消耗品で、1ヶ月も使うと粘着力が弱くなるので交換しないといけません。

しかし最初はワンセットは無料でついてくるので、粘着パッドを購入していなくても大丈夫です。

粘着パッドは2種類あり、真ん中のSIXPADの部分の3つの電極に取り付ける長いパッドが2つ、腹斜筋を鍛える横に並んだ2つの電極のパッドが2つづつ、合計4つが入っています。

粘着パッドには透明とオレンジのシートがついていますので、オレンジのシートを剥がして、電極に取り付けます。

オレンジのシートはこのように真ん中にナミナミの切れ目がはいっているので、真ん中から簡単に剥がすことができます。

パッドを貼るコツは、片方だけオレンジのシートを剥がしてまだシートがついている側を持ち、空気を抜きながら電極に貼るのです。

そうすると、手がパッドにつかず、ゴミなども入りにくくなるので、キレイに貼れます。

粘着パッドがはれましたら、透明のシートも剥がし、保管用のシートに貼り付けておきましょう。

ちなみに、、、同じMTGさんのPAOと比べると少しばから大きい位でした。

SIXPADとPAO比較

我が家では、SIXPADアブズベルトはPAOと一緒の場所に保管すること決定ですw

アプリと連動させましょう

今回新しく発売されたSIXPADの一番の特徴は(私が思う)、IoTでスマホと本体が連動できるようになったということでしょう。

これまでSIXPADは本体のボタンでオン・オフ、そして強弱の設定をしていました。

正直、とっても使いにくかったです。

慣れればどおってことないのでしょうが、私はお試で使ったことがなく、オンオフもできたのかよくわかりませんし、強弱もこれでいいのか、と思いながら何回も押したらびっくりするほど強くなっていたりと、使いにくかったです。

でも、新しいSIXPADはスマホでオンオフ、そして強弱もコントロールできますし、最大6個までのSIXPADが同時にコントロールできるということで、とても便利になりました。

また、毎日のトレーニングの記録もでき、モチベーションが維持できるよう工夫されています。

さて、このアプリとの連動が若干やっかいでしたので、順を追って説明してきたいと思います。


アプリをダウンロードする

私のスマホはアンドイドですので、アンドイドのやり方だけを説明します。
おそらくiPhoneの同じような感じではと思います。

新しいSIXPADに同梱されていた、アプリのことについて書かれたチラシにQRコードがあったので、そこにアクセスしてみました。

すぐにQRコードが判明し、アプリダウンロード画面くるかな?と思っていたら、なんと普通にMTGさんのSIXPADのページが・・・

どこかにダウンロードの画面があるのか?と思ってスクロールするとなんと、アプリストアで、自分で「SIXPAD」と検索してくださいありました。

え?ここからダウンロードできないの?と思ってクリックすると、やっぱり普通のアプリストアが開きました。

ま、いいやと思って「SIXPAD」と検索すると、

無い!公式アプリ無いよ~!?

と驚き、またスクロールすると、やっと4段目位にMTGさんのSIXPAD公式アプリがありました。
たしかに私は最速で購入しましたので、まだまだこのアプリはダンロード数も少ないはずです。ですので、今後はもっと上にくるはずです。みなさんがダウンロードするころには、きっと一番上にきているはずです。

やっと新しいSIXPADのアプリがダウンロードできました。

そしてインストール完了!

するといきなり、新規登録・ログイン・登録せずトレーニングするのボタンがでてきました。

これはMTGさんのサイトのログイン情報ではなく、あくまでもSIXPADのトレーニング用の登録で、名前は必用なく、ニックネームと連絡用のアドレス、年齢や体重などの簡単な項目を入れるだけで登録完了します。

これを登録することで、今後ポイントが溜まったり、SNSでトレーニングを共有できたりとなるようです。

現時点では、スマホでコントロールでSIXPADをコントロールする、そして記録するくらいしかできないようですが、今後はもっといろいろな機能が追加される予定です。

>>SIXPAD2購入はこちら

SIXPADアブズベルト使ってみたら2 アプリとのペアリングについてに続く>>