夏、暑くなるこの時期、みなさんこんなお肌の悩みありませんか?

  • エアコンで肌が乾燥する!
  • 紫外線アレルギーで肌が大変!
  • 汗でとにかく毛穴が目立つ
  • インナードライで肌が敏感で今までの化粧品が合わない

 

私は紫外線アレルギー持ちで、夏は特に肌がとても敏感になり、オマケに乾燥もひどくなり、痒くなるわ、普段の化粧品があわくなるわで、この時期の化粧品選びはとても慎重になります。

こんな時期だからこそ使いたい化粧品をいろいろ探している中、面白いオールインワン美容液?に出会ったのでご紹介したいと思います。

それがバッサ(WASSER)の夜専用美容液です。

バッサ(WASSER)の夜専用美容液って?

うちの娘が学生時代にバラエティショップでアルバイトをしていて、その時このバッサを一度買ってかえってきたことがありました。

彼女曰く

口-笑1

これ、店に来ているバッサガールに使わせてもらったら、めっちゃいいから、思い切ってお試しセット買ってみてん。

でも、学生さんにはお値段が高すぎたらしく、一回だけしか購入できなかったみたいです。

その時は、さすがに娘が頑張って買った化粧品を拝借するのは可愛そうなので、私も使いはしませんでした。

しかしそれ以来、私もバラエティショップに行くとこのバッサすごく気になっていました。バッサガールにも何回か声かけられましたしねw (声かけられるの苦手なのでお断りしていました)

でもその当時は、何がいいのかよくわかっておらず、今回はじめてバッサ(WASSER)の凄さを知り、なぜ娘があんなに大絶賛していたのかがよくわかりました。

バッサ(WASSER)を取り寄せた

バッサ(WASSER)が通販でも購入できるということで、早速取り寄せてみました。

最初荷物が届いたときに、送り主が「株式会社ササキ」となっていたので、「え?何これ?」思いながら開封すると、バッサ(WASSER)だったので驚きました。

化粧品会社らしからぬ、すごい普通の名前なんですね。

あとで販売ページを見直してみると、株式会社ササキさんはもともとは機械工具のメーカーさんだったみたいですw でも、いろいろあって化粧品を販売することになったそうです。

入っていたのは、本品と説明書やチラシ、そして他の商品のサンプルも入っていました。

こちらが噂のバッサ(WASSER)高濃度水素イオン水ジェル=夜用美容液です。

こちら、化粧水・乳液・美容液・クリームの役目ができるオールインワン美容液で、なんとさらにピーリングにも使えるという商品です。

オールインワンでジェルではなく、美容液って名付けられているのは珍しいですね。

容器も美容液みたいなスポイトタイプです。

でも、容量は60mlもはいっているので容器も美容液とは思えない大きさです。

たしかに、オールインワンとしてこれ1本だけ使うのであれば、小さい容器では足りないでしょうね。

中身を見てみると、液体ではありますが、かなりトロットロのテクスチャです。

手にとってみても、やっぱり液体で、こうやって斜めにすると流れおちてしまいます。

美容液としては濃度はかなり濃いですが、ジェルよりはかなり水っぽいというイメージです。

伸ばしてみると、油分みたいな皮膜感が感じられます。

でも、油分は一切はいっていないそうで、これは配合されている天然のポリマーの働きのようです。

最初はちょっとベタベタ感はありましたが、しばらくするとすっとなくなる瞬間があり、浸透はジェル系のオールインワンより早いと感じました。

無香料ですので香りはありません。

でも、全くの無臭ではなく、成分の香りなんだとおもいますが、特に気になるほどではありませんでした。

バッサ(WASSER)の特徴

バッサは無添加化粧品です。

最近無添加化粧品って多いですが、一部を切り取って無添加っていっているものが多いです。

一番多いのはノンパラベンで、パラベンという防腐剤がはいってないということを謳ったものがあるのですが、たいていそのかわりに他のフェノキシエタノール防腐剤や、BGなどの抗菌性のある保湿成分で補っているので、たちが悪いです。

バッサ(WASSER)の無添加は、オイル・石油系/植物性合成界面活性剤・香料・着色料・合成ポリマー・酸化防止剤・合成防腐剤、となっています。

これでもかというくらいの無添加っぷりにはちょっと驚きました。

私は化粧品成分スペシャリストの資格ももっているので、自分が使う化粧品を成分は必ず事前にチェックするのですが、バッサ(WASSER)はこれまでに3本の指に入るくらい成分がシンプルでした。

全成分はこちら

水、グリセリン、ヒドロキシプロピルセルロース、ヒアルロン酸Na、ソルビトール、クエン酸、グレープフルーツ種子エキス

たったの7個だけです!

水・グリセリンという主成分の他は、

  • ヒドロキシプロピルセルロース=安定剤(とろみ付け)
  • ヒアルロン酸Na = 保湿
  • ソルビトール = 保湿
  • クエン酸 = PH調整
  • グレープフルーツ種子エキス = 天然の防腐剤?

水溶性の保湿成分だけで、油分はゼロ。
油分が入ってないので、界面活性剤も必要ないのでゼロ。
もちろんアルコール、香料、そして科学的な防腐剤もゼロ。
安定剤などの添加物は食品にも使われているもの。

ここまで何も入っていないのは、敏感肌としては安心ではありますが、これでほんとに潤うのか?という疑問がでてきました。

説明文を読むと、なにやらバッサ(WASSER)は一番多く入っている「水」に秘密があり、だからこそここまでシンプルな作りになっているようです。

高濃度水素イオン水って何?

バッサ(WASSER)の主成分であるお水は、ただのお水ではなく、高濃度水素イオン水というものが使われています。

★疑問

高濃度水素イオン水ってなんぞや?

ですよね。

バッサのホームページを読むと、高濃度水素イオン水は、pH2.1の強い酸性を示す水素イオン水だそうです。

細胞にはイオン化されたものが通れる穴みたいなものがあって、バッサはイオン化されているのでその穴を通って角質層の奥までうるおいを届けることができるそうです。(これあイマイチわからない・・・)

また、このお水はpHが2.1という結構強めの酸性を示すそうで、洗顔後やストレスでアルカリ性の傾いたお肌を、弱酸性にもどしてくれるということらしいです。

昔アルカリイオン水の浄水器のセールスを受けたことがありますが、その時に浄水器からアルカリイオン水とともに、副産物として酸性のお水がでていいて、それが肌によいということを言っていたのを思い出しました。

それか~とおもいつつ、本当に酸性なのかどうなのか、pH(ペーハー)試験紙をもっていたのでためしてみることにしました。

バッサのpH(ペーハー)をpH試験紙で実験してみた

こちらがpH(ペーハー)試験紙です。

バッサをつけてみると、すぐに酸性をしめすオレンジ色に変化しました。

なるほど~。本当にpH2に近い色です。

かなりな酸性です。

pH2というと、料理に使うお酢やクエン酸くらいの酸性度合いです。

試しにちょっとバッサをなめてみると(特に悪いものはいっていないので大丈夫と思います)、酸っぱかったですw

他の手持ちの美容液をつけてもみましたが、美容液はほぼ色が変わらず、弱酸性を示していました。

でもここでひとつ疑問がでてきました。

★疑問

本当にそんなに強い酸性のものを肌につけてよいのでしょうか?

なぜ酸性のお水が肌によいのか?

肌は弱酸性で、石鹸などの洗浄剤は強いアルカリ性なので、洗顔をすると肌はアルカリ性に傾きます。

しかし人の肌は、アルカリ性に傾いてもしばらくすると弱酸性に戻る「アルカリ中和能」という性質があります。

通常、洗顔で傾いたアルカリ性は30分~2時間程度で弱酸性に戻ってくれます。

しかし、それは健康な肌の話であり、敏感肌、乾燥肌、アトピー、加齢などによってもその時間は長くなり、弱酸性にもどりにくく、アルカリ性が長く続いてしまう肌になってしまいます。

石鹸などのpHは10程度のアルカリ性、そしてもどってくる過程のpH6~8くらいの間のpHが、アクネ菌や黄色ブドウ球菌が繁殖しやすい状態だと言われています。

ですので、いかにこの状態から弱酸性に早く戻すのが、肌を健康に保つことに繋がります。

そこで、強い酸性のバッサ(WASSER)を洗顔後につけることによって、すばやく肌を弱酸性に、ぐっと引き戻すことができるのです。

★疑問

なるほど~、でも、私のような敏感肌でもそんな強い酸性のお水をつけて大丈夫なんでしょうか?

敏感肌でも大丈夫?

実際バッサ(WASSER)を試してみた時の私は、紫外線アレルギーがバリバリ発症している夏のはじめの時期で、若干肌は赤くなっている状態でした。

実は正直ちょっとつけるのこわかったのですが、口コミサイトをみてみて、敏感肌の人たちが大丈夫そうだったので、思い切ってつけてみることにしました。

私が見た敏感肌の人たちの口コミをちょうっと紹介させていただくと・・・

  • 日焼けしたりニキビなどの肌トラブルで肌が弱っているときに、寝る前にバッサをたっぷり塗って寝ると起きたときには肌が沈静化されているようで肌トラブルが軽快します。
  • 肌荒れしているときでも、アトピーがでているときでも大丈夫。刺激を全く感じません!
  • かなり肌が潤います。今まで使った化粧品の中で一番だと思います。又、アトピー肌で敏感肌ですが、全くトラブルありませんでした。
    しばらくリピ予定です。欠点をあげるとすれば、高いことでしょうか。

もちろん合わなかった人もいましたが、とても数が少なく(敏感肌で検索した)、これは大丈夫かも、とおもえました。

敏感肌の私が実際につかってみた感想

最初肌にのせたときに、ちょっとピリっとしてその後少しかゆみを感じました。

もともとアレルギーのせいでかゆみはあったのですが、少し酷くなった?と思ったのです。

ですが、みなさんの口コミを信じて、2日目の夜も使ってみましたが、2回目はピリピリもかゆみもなく、手の甲でためしたときのように、しっとりとして浸透も早く感じました。

3~4日と使っていても何もトラブルは起きず、むしろ朝起きたら肌がもちもちしていていました。

肌が潤ってる?と感じたのはこのくらいの時です。

バッサはピーリングにも使える!

4日目に思い切って、ピーリングにもチャレンジしてみました。

バッサ(WASSER)を多めに出して、顔にべちゃべちゃに塗り、しばらく放置します。

そして2~3分後(その間に歯を磨いていました)、くるくると肌をこすると、白いポロポロがでてきました。

まるで糊を塗って乾かした後に白いモロモロがでてきたような感じです。

これは成分の一つであるセルロースが固まったものみたいです。全部が角質ということではありませんよ。

これに肌の余分の角質が絡め取られて、洗い流した後はスッキリ、でももっちりしていました。

その後、再度バッサ(WASSER)をいつもの量塗布して寝ました。

翌朝、洗顔しているとなんだかオイルを塗った後のように肌がヌルヌルしていたのは、バッサがのこっていたというより、私の肌がちゃんと自分の保湿成分を出せた、という感じがしました。

洗顔に洗顔料はつかわなくても、ベタベタ感が残るわけでもなく、洗ったあとはさっぱりもっちりという感じでした。。

注意事項ですが、ピーリングは肌を1週間に一度程度にしておかないといけません。

無理やり角質を剥がしていることになりますし、結構こすってしまので、肌に刺激が加わりますので、1週間に一度くらいまでが限度なんですね。

そうそう、このポロポロは普通でもちょっと出やすいので、朝はファンデーションがよれる可能性ああるので、この美容液は夜専用ということになっているようです。
(バッサには朝はポロポロのでない別のローションもあります)

ぶっちゃけこれ1本で保湿できるのか?

私がバッサ(WASSER)を使ったのは、梅雨真っ只中で、ただでさえ肌がベタつく季節ですので乾燥はあまりしない季節でした。

とはいえ、すでに自宅も職場もエアコンがガンガンに入っているので、インナードライを感じる季節でもあります。

実際にバッサ(WASSER)を数日間つかってみて、乾燥敏感肌ですでに50才を超えている私が、これ1本で十分潤うと感じました。

いつもは、導入美容液→化粧水→美容液→クリーム とちょっと過剰なくらいケアしているのと同じくらい、もしくはそれ以上な感じです。

★驚き

なんでこれ1本で足りちゃうの~!?

と思うくらい、さっぱりしていて簡単なのに、もはやバッサ(WASSER)はマジックです。

これ1本で済むので、暑いこの時期、楽なのが一番なのでありがたいです。

真冬にこれ1本でも足りるかどうかはちょっと疑問ですが、これにプラスクリームや保湿美容液足すくらいなら簡単ですよね。

バッサ(WASSER)のここはちょっと・・・というところ

私の娘もそうですが、多くの口コミをみていると、バッサ(WASSER)がいいのはすごくわかるんだけど、とにかくお値段が高い、というところがネックになっているみたいです。

確かに、このバッサ(WASSER)の美容液は60mlで、定価は9000円です。

美容液としては60mlは多いですが、オールインワンとして使うとすると夜だけでも1ヶ月分程度です

朝はまた別のものを使うとすると、他にもいろいろと必要ですので、かなりお高いですよね。

ただ、多くの人はお助け美容液のような感じで、トラブルがあるときにつかっているみたいで、それなら9000円はお高くはないかもしれません。

バッサ(WASSER)は特に消費期限などないので、普通の化粧品同じで開封後でも1年間は品質は大丈夫みたいですからね。

お得に購入できる方法があります!

バラエティストアやドラッグストアなどでは定価販売のバッサ(WASSER)ですが、こちらのサイトで定期購入すれば、初回はなんと56%オフの3980円で購入できるのです。

2回目以降も17%オフの7480円で購入できるので、お店で購入するよりかなりお得に購入できます。

回数縛りはありませんので、1回だけお試し、というのもOKです。

もし肌に合わなかったりしても、全額返金制度もあるので安心ですよね。

お店で買っても値引きも返金保証もないので、絶対にこちらのサイトで購入するのがお得です。

バッサ(WASSER)まとめ

バッサ(WASSER)をおすすめするのはこんな方です。

  • 敏感肌で合う化粧品がなかなかない
  • 無添加のものを使いたい
  • とにかくお手入れは簡単なほうがよい
  • バッサとにかく気になってた!

これでもか!というくらいの無添加なバッサ(WASSER)、敏感肌さんにもおすすめできるオールインワン美容液です。

紫外線アレルギーでカユカユだった私も問題なく使えましたし、数日使っただけでかなりいい感じになってきています。

成分がシンプル、ということは潤いが足りないのでは、と思いがちですが、オイルも界面活性剤も入っていなくても、高濃度水素イオン水がものすごくよい仕事をしてくれているので、大丈夫です!

お値段ちょっとお高いですが、お助け化粧品として手元においておけば、肌がトラブルになった時にも便利です。

私のようにバラエティスショップでバッサ(WASSER)気になっていた人も、ぜひ56%オフの3980円で購入できちゃうこの機会に、ぜひ試してみてください!

気になるバッサが半額以下で帰るのはこちらのサイトだけ!>> 

★嬉しい

実は、お試しした後にバッサが好きな娘にあげようとおもっていたのですが、あまりにも気に入ったので、自分で続けてつかうことにしましたw

後日談:うちに遊びにきた娘に見つかってしまい、結局奪われてしまいました。
まだ定期購入の2回目きていないのに…