白髪、年齢を重ねるとどうしても気になる問題ですよね。

たまに白髪にならないという方もいらっしゃいますが(なんと私の母は80前にしてやっと生えてきた…)、同年代の友人はほとんど定期的に白髪染めしています。

私も定期的にサロンで染めてもらいますが、しょっちゅう行けませんので、その間に生えてくる白髪が問題です。

特に、顔周り!

染めてから1週間も立たないうちに、根本から白いものがニョキニョキと現れる・・・

03困り

ほんと、嫌ですよね~。

そこで、たまたまいつも行く薬局で処方箋のおくすりを待っている間に暇だったので、白髪染めコーナーをウロウロして、市販の白髪隠しをみていて、どうなのかと思い購入してみました。

私が現在使用中の白髪隠しと含めて3種類タイプの違うものを実際に試してみたいと思います。

今回お試ししてみたのはこの3種類です。

  • ティーブンノル コレクション ハイドロシャイニング ヘアマスカラ
  • ホーユー シエロ コーミングカバー
  • パーリーデュー 白髪リタッチ 若美髪トリートメント ファンデーション

上の2品が新たにドラッグストアで購入したもので、最後のは私が普段使用している、ショップチャンネル購入品です。

お試しした時は、サロンで染めて数週間後、自分でも気になっていたところを部分染めした、その後1~2週間後の、一番白髪がめだってきた時のものです。

それでは、まずはティーブンノルから行ってみましょう!

ティーブンノル コレクション ハイドロシャイニング ヘアマスカラ

ティーブンノルはKOSEさんが展開されるヘアケアブランドで、ドラッグストアで手に入るものとしては、結構お高めの価格設定のブランドです。

STEPHEN KNOLLと英語で書かれていたので、ずっとステファン・クノールだと思っていましたが、今回この記事を書くのに調べて、初めてティーブンノルと読むのだと知りましたww

ティーブンノル コレクション ハイドロシャイニング ヘアマスカラ(長い!以下)は、名前の通りマスカラタイプの白髪隠しです。

お値段は1200円くらいでした。

ブラシではなく、細かいクシ型のマスカラで、なんだか使いやすそうです。

早速つかってみましょう。

ブラシをだしてみてあれ?と思ったのが、ブラシがよく見えないのです。

どっちがクシ側なのかわからない!

老眼が酷いので見えないのかとおもったので、メガネをかけてみたら、クシの部分が液体に隠れていて、見えなかったのです。

この写真は液体を少し落として撮影しましたが、最初はもっとぼったりと液体がついていて、クシ部分がほとんど隠れていました。

ううむ~これはちょっと怖いなあ~

と思いながらチャレンジしてみました。

案の定、根本までつけようと思うと、べちゃっと液体が肌に密着して、この通り・・・

液体が付きすぎていない状態だと使いやすいのでしょうが、ティシュなどで液体をとってしまうと、ちゃんと白髪がかくれませんでした。

たしかにクシが細かくて細かいところまで使いやすいのですが、これはいただけません。

また、液がたっぷりとついてしまうので、後で拭くと肌についてしまいます。

さらに、液が乾くと何本かがくっついて、パリパリになってしまいます。

そういえば、以前私もこういったマスカラタイプの白髪隠しいろいろ使ってみたのですが、なかなかうまく使いこなせず、結局すべて途中で捨てていました。

★疑問

未だに白髪隠しといえば、マスカラタイプが多いですが、なにか上手に使える方法があるのでしょうかねえ。。

ホーユー シエロ コーミングカバー

ホーユーといえば白髪染め!の大手の専門メーカーさんですので、期待できますよね。

お値段もお手頃で、800円ほどでした。

ブラシタイプやポンポンタイプは使ったことがありましたが、スポンジ&ブラシが混ざったこのタプは初めてです。

結構塗りやすいです。

液が肌に着いちゃうこともありません。

でも、キワキワのところは実際ちょっと染めにくいというか、形状の問題で届きません。

頭頂部とか、上の方はとっても染めやすかったです。

仕上がりはこのような感じです。

写真ではきれいに隠せているようですが、よく見るとやはり根本は白いものがちらほら残っています。

根本の一番気になるところが難しいのはちょっと残念な感じはしますが、ある程度はきれいに隠せるので、良い商品だと思いました。

★good

ホーユー シエロ コーミングカバーは。生え際はちょっと苦手ですが、根本の白髪が気になる方にはオススメの白髪隠しだと思いました。なにしろお値段お安いですしね!

パーリーデュー 白髪リタッチ 若美髪トリートメント ファンデーション

こちらは、ファンデーションタイプの白髪隠しで、専用のハケ(ブラシ部分が斜めになっているやつ)で塗って白髪を隠すタイプのものです。

パーリーデューというのは、カラーアナリストの山口眞未子さんという方がプロデュースされている、化粧品やヘアケア商品を販売されているブランドで、主にショップチャンネルか自社サイトで販売されています。

こちらのお値段は小さいもので、定価が4200円もします。

私はショップチャンネルでお安い時に購入していますので、もっとお安い価格で購入していますが、それでもドラッグストアの他の商品よりはかなりお高かったです。

それまでは私もドラッグストアで購入したものや、ネットで購入したものをいろいろ使ってみていたのですが、良いものはなく、リピートすることは一回もありませんでした。

しかし、テレビでこの商品をひと目みて、これは使ってみなければ、とすぐに購入してつかってみたところ、かなり使い勝手がよかったので、今は何回もリピートしています。

私の姉にも一つあげたのですが(買いだめしておいたので)、姉もすごく気に入って、今では自分で購入しているようです。

このパーリーデュー 白髪リタッチ 若美髪トリートメント ファンデーション ですが、ちょっとこのハケが使いにくくて、私なりにいろいろと試行錯誤して、最近良い方法をみつけたのです。

それは、眉を整える小さなブラシで塗る方法です。

これだと、ヘッドは小さくて地肌と髪の毛のキワキワまで当てやすいし、持ちてもしっかり長いので使いやすいです。

私は通常より大きなサイズの商品を購入して、持ちての長いハケを仕様していますが、それよりも眉用のブラシが使いやすいです。

塗り終わった状態がこれですが、生え際ギリギリのところまで塗れていますが、地肌には付いてはいません。

たまには失敗しますが、拭き取るとすぐに落とせます。

生え際の白髪が気になる方には、パーリーデューのようなファンデーションタイプがおすすめです。
パーリーデューは手に入りにくいですが、ドラッグストアにもこれに似た形のものも販売されていましたので、そちらをお試しされればいいかと思います。

★good

生え際のきわきわまで使いやすいのは、ファンデーションタイプだと思います!

ファンデーションタイプは落ちやすい?

ファンデーションタイプですので、乾きやすいですし、ついてもすぐに落とせます。

逆を言えば、粉ですので若干落ちやすです。

時折、汗をかいてハンカチで拭くと、茶色いものがついてしまいますので、やっぱり落ちないことはありません。

そこで、他のものと落ちやすいかどうかの実験をみました。

3種類の白髪隠しの落ちやすさを実験してみた

ティッシュを少し濡らして、各々の個所にギュッとあてて剥がしてみました。

どの白髪隠しも、ドライヤーである程度乾燥させてからテストをしています。

結果がこの通りです。

マスカラタイプは結構落ちてしまっていますが、コームとファンデーションは同じくらいの落ち方です。

マスカラはちゃんと乾いていなかったのかしら?と思うくらいかなり取れちゃってます。

ティーブンノルのマスカラはフィルムタイプの液体なので、これはちゃんと乾いていなかった疑惑がありますね~。

おそらく、乾くのにちょっと時間がかかるのでしょう。(改めてテストしたいと思います)

ファンデーションタイプのは、もっと落ちると思いましたが、以外と少なかったので、驚きました。

★嬉しい

これからの季節、汗をかくのでちょっと躊躇していましたが、大丈夫そうですね。

白髪隠し3種類を試してみて

この他にも、パウダーのふりかけタイプのものも持っていたので試してみたかったのですが、残念ながらあれば頭頂部には使えますが、生え際にはかなり難しく、今回のテストからは外してしまいました。

長年白髪問題と格闘した私が3種類の特徴とオススメするヒトをまとめると・・・

ティーブンノルのヘアマスカラ(マスカラタイプ)

  • 液が付きすぎて使いにくい。
  • 全体的な生え際には不向き。
  • 数本程度の生え際白髪が気になる場合は使いやすいかも。
  • 頭頂部にはすぐに無くなる可能性あり。
  • 乾くのにちょっと時間がかかるかも。

シエロ コーミングカバー(クシ&スポンジタイプ)

  • 生え際キワキワまでは難しい。
  • 広い範囲に塗りやすい。
  • 頭頂部も簡単に塗れる。
  • 乾きが早い。

パーリーデュー 白髪リタッチ 若美髪トリートメント ファンデーション

  • 生え際にはハケやブラシで塗りやすい。
  • 頭頂部など広範囲も塗りやすい。
  • 失敗しても拭き取り簡単。
  • その分落ちやすいかも。
  • 乾きが早い。

生え際の白髪が多くて、頭頂部はあまり気にならない私は、やはりファンデーションタイプが一番良いですが、白髪が気になる箇所や量によって、この3種類を使い分けるとよいと思います。

他にもハケのタイプやポンポンするタイプなどもあるようですので、機会があればまた試してみたいと思います。

イシオシ

ぜひみなさんも、ご自分に合う白髪隠し見つけてくださいね!