一生懸命美白化粧品つかっているのに、シミは消えないし、増えてさえいる。

これってどういうこと!!

ですよね。

せっかく高いお金払っているのに、どうして美白化粧品は効果がないのか、その原因を探ってみましょう。

シミの種類

まずはシミの種類をおさらいしましょう。

1)老人性色素斑

日焼けが主な原因の老人性色素斑。私達がシミと言って忌み嫌っているのは大半がこのシミです。

直径1~数センチの結構大きな丸い茶色いシミが頬のあたりできることが多いですが、それ以外の場所にもできることもあります。

老人性色素斑のできるメカニズムはこうです。

繰り返し紫外線を受けることで、メラノサイトが活性化してメラニン色素がたくさん作られ、もっと進行してメラノサイトの数が増えていきます。さらには、表記や角質層が分厚くなってきて、老人性色素斑ができます。

初期段階のものは美白化粧品でも消すことはできますが、構造的に変化してしまっているので、酷くなればレーザーでしか消すことができなくなります。

2)脂漏性角化症

イボ状に盛り上がったシミで、一種の良性腫瘍です。老人性色素斑からできることもあります。

できる場所は、こめかみや髪の毛の生え際からできることが多いようですがzz、どこにでもできる場合があります。

色は白いもの、茶色いもの、真っ黒のものまで様々で、痒みを伴い場合もあります。

脂漏性角化症には美白化粧品は効きませんので、レーザーしか取ることができません。

3)肝斑


一時期、肝斑用の飲み薬が市販されるようになり、多くの女性が私も肝斑?と思うようになりましたよね。

しかし、多くは先に書いた老人性のシミで、肝斑の人は多くはありませんでした。
よくわからず肝斑のお薬をのんだけど、全く効かなかった、、という人は肝斑ではなかったのでしょう。

肝斑の原因はホルモンのバランスが影響している為、更年期のみならず、妊娠中やピルを服用している若い人にも起こるようです。

肝斑は頬骨の高い部分に左右対称にできることが多く、勾玉のような形です。もやもやとした淡い茶色かグレーで、境界線も比較的はっきりとしています。

4)炎症性色素沈着

ケガやニキビ跡がシミになったものです。

シミになっても何年かすれば薄くなることも多いのですが、紫外線に強く当たって日焼けをすると更に濃くなることもあるので注意しましょう。

5)そばかす

遺伝性のシミで、色白の人に多く出やすく、でる人は10代からでることがあります。

遺伝性ではありますが、紫外線で悪化する為、紫外線対策は大切です。

美白化粧品ではあまり効きませんので、レーザーで取れることがありますが、それも効かない場合があるので、まずは一部のそばかすで試してみて、悪化しないことを確認してからレーザーをするとよいでしょう。

シミにもいろいろとあるのですね。

遺伝やホルモンバランス、加齢なんかはどうにもならないように思われますが、どのシミも紫外線が原因だったり、悪化させたりしていますよね。

紫外線がシミに与える影響

まずは紫外線がどうやってシミをつくるのか、老人性色素斑を例にとってみてみましょう。

紫外線の種類は3種類

日光の中で、波長の短いものが紫外線と呼ばれています。

光のエネルギー量の内訳を見てみると、日光の50%は見える光線=可視光線で、45%が赤外線、そして残りのたった5%が紫外線なのです。
ところが、夏の紫外線量は冬の3~4倍にもなり、4~9月で1年の紫外線量の7~80%を占めるほどになります。

紫外線はA波(UVA)、B波(UVB)、C波(UVC)=近赤外線にわかれます。UVAは生活紫外線、UVBレジャー紫外線とも呼ばています。

UVAは雲やガラスも突き通す性質をもつため、曇りの日も、室内にいても常に私達は浴び続けている紫外線なのです。エネルギーが弱いために、私達は紫外線を浴びているという感覚があまりないのですが、日頃から何もしないでいると、ジワジワと皮膚の老化を進めます。

やっかいなのは、UVAは波長が非常に長く、雲やガラスを通すように、皮膚も透過して真皮まで到達し、皮膚に悪影響を与え、シミやシワの原因になります。また、全紫外線量の90%を占めます。

ですので、日頃から家に居る時も、冬の外出でも紫外線対策は重要なのです。

UVBはエネルギーが強いため、野外で日光を浴びて短時間で日焼けを起し、ヘタすると火膨れを起こす原因にもなります。

UVBはUVAよりも波長は短く、紫外線のエネルギーの占める割合も10%と低いのですが、エネルギーが非常に強く、サンバーン(ひぶくれにようになる日焼け)や皮膚がんの主原因になります。雲などで遮られやすく、皮膚においても真皮の深いところまではほとんど到達しません。

肌とUV波
3種類の最後の近赤外線のUVCは、波長が短く、地上にはほとんど到達しない紫外線です。

紫外線のシミへの影響

紫外線でできるシミを老人性色素斑もしくは、日光黒子といいます。頬の高い、頬骨の辺りを中心に、黒や茶色の丸い形のシミとして現れることが多いようです。

はじめはぼんやりとしていますが、次第に濃くくっきりとしてきます。

紫外線が皮膚に当たると、表皮細胞からエンドリセンやステミセルファクターという情報伝達物質が分泌され、これがメラノサイト(メラニン細胞)を活性化します。メラノサイトの中ではチロシナーゼという酵素が働いて、メラノサイトを作り出します。

さらに繰り返す紫外線の刺激によって、皮膚にはこのような変化が現れます。

  1. メラノサイトの数が増える
  2. メラノサイトの活性化が高まる
  3. エンドリセンやステムセルファクターの分泌が増加して、さらにメラノサイトがそれらに対して過敏に反応するようになる。
  4. 皮膚全体が厚くなる

シミ、というと単にメラニン色素が増える、と思われがちですが、実際はメラノサイトをつくる工場までもが増え、さらに生産能力が高まっているのです。

また、4)の表皮そのものが厚くなることもシミの原因で、表皮細胞はわずかなメラニン色素を含んでいますので、厚くなりとそれだけ黒っぽく見えるのです。

なんだかものすごく複雑な紫外線とシミの関係ですが、実は美白化粧品は、このメラノサイトをいかに抑えるか、そしていかに排出を促すか、というのが本来の役割なんです。

美白化粧品の役割って?

残念ながら美白化粧品にはシミを消す効果はないのです。

だったら美白になんて高いお金を出す必要ないじゃん!

そう思ってしまいそうですが、違うんです。

美白化粧品には様々な美白成分が使われています。

そしてその美白成分は、いろいろな場面でメラノサイトに影響をあたえ、結果シミをできにくくしてくれています。

しかし、美白化粧品を使っていても、シミができてしまった!という声が多くあります。

実際私も長年美白化粧品使っていますが、シミがやっぱりできることがあります。

ということで、いよいよ美白化粧品を使っても効果がない人の7つの特徴を考えてみました。

1)夏しか紫外線対策していない

シミ対策は、紫外線をいかに遮断することが一番重要です。
美白化粧品をつかっているから必要ないなんて言語道断です。

たとえ美白していても紫外線を浴びればメラノサイトが活性化してしまうので、メラニンをちゃんと作ってしまうんです。そうすると、シミがちゃんとできてしまうという仕組みだからなんです。

紫外線こそがメラニン生成のスイッチなんですから、それを押さないように努力することが一番大切なのです!!

また、紫外線は夏だけのものではありません。冬は確かに弱くはなりますが、それでもきちんと対策しておかないと、シミの元になります。
一年中の紫外線対策はシミ対策のマストです。

また室内にいても、窓を通して紫外線は入ってきます。ですので、家にいても日焼け止めを念のため毎日ぬることをオススメします。

そして、日焼け止めは朝1回ぬるだけでなく、3時間程度くらいに1度塗り直すのがベストです。

特に夏は汗で日焼け止めが落ちやすく、一旦落ちてしまった日焼け止めには紫外線を遮断する効力は薄まっています。

できれば、メイクの上からでも日焼け止めを塗るのがよいでしょうが、メイクがくずれますので、紫外線防止効果のあるパウダーやファンデーションでこまめにお化粧直しをするとよいでしょう。

ちなみに、最近ではパウダータイプの日焼け止めもあります。多くは透明のパウダーですのでお化粧に影響を与えにくく、自然に紫外線防止できますのでオススメです。

2)目の紫外線対策はおろそかになっている

目には紫外線を感知する機能があり、紫外線をたくさん浴びると目からの情報で、メラニンを増やして紫外線から体を守ろうとします。

体はUV対策バッチリだからといって、目を放っておくと目から日焼けしてしまかもしれませんので注意が必要です。

3)保湿が甘い!

いくら日焼け止めを塗っていても、肌のターンオーバーが乱れているとメラニンを排出する機能が衰えるので、結果シミができてしまう可能性があります。

逆を言えば、保湿をしっかりと行うことで、ターンオーバーが正常化され、メラニンを排出するチカラが高めることができれば、シミはできにくくなり、もしかしたらできてしまったシミもどうにかなるかもしれません。

4)食生活のバランスが悪い

シミを作らせない、濃くしないためには体の中のビタミンの働きも重要となってきます。

特にビタミンCは肌の代謝を上げてくれますし、ビタミンAはシミの元となるメラニンの排出を促してくれます。

野菜や果物を普段から積極的に取ることは、健康のみならず美白にも良い影響を与えるのです。

5)美白化粧品の使い方が間違っている

美白化粧品だけでなく、スキンケアは決められた量より少なくつけていると効果が出にくく成ります。

美白化粧品は、肌の表面で作用する成分、角質内に浸透する成分など、それぞれの役目があります。規定の量より少なく使うと、肌に浸透するべき成分が肌の表面で止まったり、浸透しても量が少なくて効果が発揮できなかったりします。

ですので、お高い化粧品だからといってその使用量をケチってはいけません。効果はうすくなるどころか、全く効果がでない可能性だってあります。そんなのもっていないですよね。

お化粧品はメーカーさんのおすすめする使用量を守ることが大切です。

6)日焼けの後だけにしか美白化粧品を使わない

日焼けした後だけ、必死にシミ用化粧品やパックをする人は少なくないと思います。

もちろん、急激に大量の日光を浴びて熱をもっていたりする場合は、すぐさま炎症をおさえるような対策は必用です。

しかし、シミ用化粧品は一回だけつかっても、メラニンはすぐに消える訳ではないので、日焼けしていない日もずっとケアすることが大切です。

UVAは陽射しの強い日だけでなく、曇の日も届いています。その意味でも毎日の美白ケアはマストです!

シミ対策化粧品は毎日続けて使うこと、それが重要です。

7)飽き性

美白化粧品はシミをすぐに薄くすることはできません。

先にも書きましたが、メラニンの発生を抑制したり、排出を促すことはできても、できてしまったシミを消す効果はありません。

医療機関で受けるレーザーや医薬品にはシミを消すことができますが、化粧品は医薬部外品であっても、消す、ということはできません。

美白化粧品はずっと使い続けることで、シミができにくくなるので、結果シミが目立たなくなることはあるので、継続することはとっても大切です。

まとめ

美白化粧品にはシミを消すことはできません。

これは事実として受け止めましょう。

しかし、きちんと使えばシミができるのを抑え込むことはできます。

そして、肌が整えば、ターンオーバーが正常になり、もしかしたらできてしまったシミもどうにかなるかもしれません。

ぜひみなさんも、美白化粧品なんて効果ない!なんて思わず、1年後、10年後の自分の為に、今できる美白対策をしましょう!