ワタシは20代後半に紫外線アレルギーを発症して以来、長年夏には外出時に紫外線アレルギーが発症しないように、様々な方法を試してきました。

長年ありとあらゆる紫外線対策の方法を試してきましたが、あれもダメ、コレもダメ、そして年齢を重ねるにつれ、それまではよかったのに、急にこれはだめになったというものまで出てきました。

そんなワタシが、通販大好き、新しいもの大好きな性格を活かして、とにかく集めた紫外線対策グッズや方法をご紹介したいと思います。

日焼け止め

日焼け止めには、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の2種類があることは皆さんご存知かと思います。

よく赤ちゃんでも使える、ノンケミカルと言われる日焼け止めは後者の紫外線吸収剤がはいっていない、紫外線散乱剤で構成された日焼け止めになります。

紫外線吸収剤は紫外線を科学的に紫外線を吸収し、熱エネルギーに変換して紫外線を皮膚に浸透するのを防いでくれます。

紫外線吸収剤は無色透明で塗り心地も軽く、スプレータイプやジェルタイプなど、様々な製品として利用されています。

ただ、防御力はとても高いのですが、その分肌へに負担が多く、敏感肌の人にとっては刺激がある場合があります。

一方、紫外線散乱剤は、酸化チタン・酸化亜鉛という白い鉱物で、その粒子が紫外線を反射させることにより、紫外線を防ぐ仕組みです。

酸化チタンや酸化亜鉛は白色顔料としてファンデーションなどにも利用される原料で、白浮きしてしまうために、使用感はあまりよくありません。

ただ、肌への刺激は少なく、効果も長持ちしますが、紫外線を反射する力は吸収剤よりも弱く、SPFもせいぜい30くらいまでしか出ません。

以前のワタシは紫外線吸収剤入りの高SPFの透明のジェルの商品をつかっていたのですが、更年期に入り、肌が敏感になってきたせいか、それらが合わなくなってきたのです。

そこで、いろいろと調べて、肌に優しく、かつリーズナブルな製品を2種類使い分けています。

一つは、オルビスのサンスクリーン(R)フリーエンスです。

こちらは紫外線吸収剤不使用で、無油分・無香料・無着色で、赤ちゃんも使える処方なのだそうです。

こちらは主に体に使用し、首やデコルテ、腕や足(クロップドなどを履く時はここを忘れては大変なことになります)に使用しています。

色は白く、すこしベタベタはしますが、塗るとさらっとして伸びもよく気に入っています。

お湯で落とせるので、クレンジングも必用ありませんので、体にたっぷりつかっても安心です。

もうひとつは、ポーラのホワイティシモ UVブロック ミルキーフルイドです。

こちらは主に顔に使用しています。(結構お高いですからねw)

こちらも紫外線吸収剤は使用されていおらず、無香料で2才以上の幼児にも使用しても大丈夫という安心の商品です。

クレンジングも必用なく、とても安心して使える日焼け止めです。

ポーラのエステに通っているのですが、日焼け止めにかぶれたという話をしたら、こちらを薦めてもらって、それからずっとこれです。

後から知ったのですが、このポーラもオルビスも同じグループで、この2つとも成分が結構似ていたりしました。

帽子・サンバイザー

歩いている時は日傘が使えるのでよいのですが、自転車移動には帽子が必需品です。

ですが、よく顔を全体に覆うサンバイザーをしている人を目にしますが、あれはなにか人を威嚇しているような気がしてならず、どうしても購入する気にはなれませんでした。

これまでいろいろ買ったんですよ。

つばのやけに広い帽子とか、前が紫外線を通さない透明になった帽子とか・・・

でも、どれも帯に短し襷に長しで、買ってはこれはだめ、とお蔵入りになるものばかり。

しかし、今年はこれはヒット!と思える帽子とサンバイザーに出会えました。

一つは、このツバが広い透明サンバイザー!

自転車に乗って入るとどうしても帽子だと風で飛ばされることがありますが、サンバイザーならガッチリとホールドしているので大丈夫です。

そしてこれには更に、首にかけるヒモもついているので、万が一飛ばされてもどこかに飛んでいってしまうことももうありません。

額の部分も取り外しできてあらえますし、すぐれものです。
テレビショッピングで思わず購入した商品です。

もう一つは、UVハットです。

これは自転車では少し厳しいのですが、イヌの散歩や趣味のウォーキングの時に重宝しています。

キャップももっているのですが、どうしても顔以外の箇所に日光が当たり、そこが赤くなったりブツブツできることがありました。

そこで、ハットを購入したのです。

このハットはUVカット素材で、大きさも額の部分のベルトで調節でき、ヒモもついているので、万が一風で飛ばされるということもありません。

紫外線帽子マスク

紫外線を遮るためにマスクもとても有効ですが、とにかく夏にマスクは暑い!ワタシは冬でもマスクが暑くて無理な方なので、これまではとにかく日傘をさして日光をさけるしかありませんでした。

ところが、今年からノルディックウォーキングというスポーツを始め、マスクのようなものが必用だと思い始めたのです。

始めたのはまだ寒い時期でしたので、キャップで十分紫外線対策になっていたのですが、春になり日差しも強くなると下からの照り返しも強くなり、マスクみたいなのがあればよいのに・・・とネットで探してみたのです。

すると、顔を多いつつも、呼吸を妨げない「ヤケーヌ」というUVカットのマスクがあったのです。

こちらがそれですが、口のところが2重になっていて、呼吸がしやすいようになっているので、自分の息で苦しくなることはありません。

数回付けてノルディックウォーキングに行きましたが、全然苦しくなく運動できて快適でした。

お仲間にも「それどこでうってるの!?」と垂涎の的でした。

運動する方や、自転車でもこれはすごくオススメです。

ヤケーヌ+幅広透明UVサンバイザーで完璧!

UV上着

ここ数年でもう何枚購入したことかわかりません。

以前は薄手のカーディガンなどで日除け対策していたのですが、肌が敏感になったのか、日差しが強くなったのかわかりませんが、薄手のカーディガン程度では日光を通してしまい、アレルギー反応が出てしまうのです。

ですので、最近は夏の薄手の上着はUVカット機能のある上着のみです。

いかせん、UVカットの上着ってパーカーみたいなのが多いのですが、服装によっては合わないことがありますよね。

パーカータイプもユニクロなどで購入したものなど何枚かもっているのですが、ちょっときれいめのコーデの時用に、こちらをここ数年使用同じものを色違いで毎年購入しています。

QVCで販売されているPLANET SURF というブランドの、UVケアスナップトップフーディという商品です。

ここ数年、色違いで色々と購入して、今年ははじめて黒を購入しました。

この上着、この腕の部分がUVに反応して色が変わる仕組みになっていて、日光に当たるとこんな感じに色が変わるんです。これは室内で撮影していますので、白色です。

まピンクに変わって、紫外線量が多いことがわかりますね。

日陰でも同じくらいのピンク色ですので、日中は日陰でも注意しないといけないことがわかります。
PLANET SURF UVケアスナップトップフーディ

もうひとつ、こちらもQVCで購入したミズノさんの「着る木陰」遮熱UVパーカーです。

こちらも昨年も違うバージョンを購入し、今年も形・色が違うタイプを購入しました。

形がジップパーカーなので、カジュアルな服装なときにだけ着るようにしていますが、さすがミズノさんです。着る木陰というくらいですが、着ると本当にひやっとして、着るほうが涼しく感じられるすぐれものです。
これらの他にも、日焼け止め対策として日傘、サングラス、手袋を使っていますが、まだまだ「これだ!」という商品がみつかっていませんので、また見つかった時にはお送りしたいと思います。