糖尿病教育入院も2日目となりました。

今日から本格的に検査や講義が始まります。

糖尿病教育入院は、教育とは言いながら、なぜその人が糖尿病になったのかを確認したり、合併症がでていないか、などの検査も重要な項目です。

糖尿病の治療は運動療法と食事療法、そして投薬治療の3本柱でおこなっていくのですが、投薬に関しては、その人の症状に合わせて薬が全く違うので、詳しい検査が必要なのです。

糖尿病教育入院2日目のスケジュール

2日目からは本格的な検査と講義が目白押しとなります。

午前中は腹部造影CT、そして午後からは頸部のエコー検査です。

造影剤を入れるのが基本的な検査なのですが、私の場合は血管が細くて、採血もかなり看護師さんたちが苦労するやっかいな体ですので、先生から造影剤なしで、普通のCTを取りましょうということになりました。

以前、他に問題が合った時に造影剤入れてCTやったことがあったのですが、担当の看護師さんが何度も何度も注射を失敗して、最終的にベテランの先生にやってもらったことがあったの、で嫌だな、とおもっていたので助かりました。

CTでは、内臓脂肪の量をみました。

検査の結果、私の内蔵脂肪は119.5cm2、皮下脂肪は203.3cm2。
内臓脂肪が100を超えると内臓脂肪が多い状態といわれていて、私の場合、完全な内臓脂肪過多でおまけに高血糖・高血圧・脂質異常を全部併発しているので、明らかなメタボリックシンドロームと診断されました。

私は女性にはちょっと珍しい、りんご型の肥満で、手足は細いのにお腹周りは立派ですので、内臓脂肪型であるとは思ってはいましたが、ちゃんと画像でみせられると、ああ、やっぱりなあ?という感じです。

改めてこれは内臓脂肪を頑張って落とさなければ、と心に誓ったのでした。

午後からは薬物療法についての講義があります。

講義では、糖尿病の種類によるお薬やインシュリンの種類の説明がありました。

この段階ではまだ自分がどの程度糖尿病が進行しているのか、インスリンがちゃんとでているのかいないのかわかっていない状態ですので、どんなお薬が必要なのかがわかっていませんでしたので、とにかくよくわからない状態で講義を受けていました。

その後、担当の看護師さんから、運動療法について、どこに散歩に行けばよいか、そしてどれくらいの心拍数で運動(歩くこと)をすればよいのかなどの説明をうけました。

運動したい!!!でも、、

但し、まだ主治医の先生から運動の許可は降りていませんので、みなさん数日は運動禁止です。

私は全く自覚症状もなく、すこぶる元気なので、早く散歩に行きたくて行きたくてウズウズしていまし
た。

そこで、みんなには2袋のブドウ糖が渡されました。

もし、運動をしていて低血糖になった場合のためのものです。

私はまだ投薬もしておらず、低血糖を起こすことは今までなかったのですが、投薬で血糖コントロールをしていると、無理やり血糖値を下げているので、空腹時に血糖値が下がりすぎてしまうこともあるそうなのです。

低血糖になると、気分が悪くなるだけでなく、頭痛、冷や汗、激しい息切れ、めまい、吐き気、そして最悪の場合は、意識障害で倒れてしまい、死に至ってしまうこともある為、私達糖尿病患者は日頃から気をつけていないといけないのです。

実際、私達とは別に新たに入院してきた患者さんが講義に途中から加わったのですが、その人はインスリンを投与しているにもかからず、空腹のまま外出して、外出先で意識を失って病院に救急搬送されてきたそうなのです。
2日目も忙しかったのですが、まだ運動が始まっていないので、何もしない時間も多く、本を読んだり、テレビをみて過ごしていました。

実はこの日は、同じ病室の患者さんがみんな退院され私一人だったので、のびのびとすごせて快適でした。

2日目の血糖値測定結果

前日比
早朝空腹時 133 -7
昼食前 195 +6
夕食前 141 +22
就寝前 217 +60

前日の血糖値と比べると、かなり上昇していますね。。。

就寝前に計った尿糖も初めて黄緑色に変化して、プラスになっていたのです。

これからちゃんと血糖値は下がるのかが不安な2日目でした。

2日目の食事

2日目の朝食

食パン 2枚
かきたまスープ
野菜ジュース
ジャム(マーマレード)

あれ?昨日と違ってパンは2枚だし、ジャムまでついている!と喜んだ2日目の朝でした。
野菜ジュースはものすごい小さいサイズでしたが、少しだけ甘くて美味しかったです。
でも、食パン2枚は流石にちょっと食べ過ぎのような気が・・・・

2日目の昼食

ご飯 150g
さわら大根
春雨の中華風サラダ
すまし汁(かきたま)

ちょっと薄味にも慣れてきて、春の季節が感じられて、鰆は美味しかったです。
病院食でもちゃんと季節のお魚いただけるんですね。

実は、以前腸の病気で入院したことがあって、その時何度も赤魚がでてきてヘキヘキとしたことがあったのです。
赤魚って、とっても身が固く、あまり私は好きでない魚だったのですが、それが胃腸が弱っている体なのにもかかわらず何度もでてきたものだから、更に嫌いになった思い出があったのです。

でも、こちらの病院では、赤魚は一回も出てこなかったので、ほっとしましたww

2日目の夕食

ご飯 150g
ハンバーグデミグラスソース煮込み
サラダ(レタス・トマト・レタス)
ほうれん草のスープ

初めて味の濃いハンバーグが出てきました!!もちろん、今まで人生で一番薄いデミグラスソースでしたが、それでも薄味に慣れてきた舌には濃厚に感じられて、ご飯が進みとても美味しくいただけました。

後から考えると、朝パン2枚、そして夕食はボリューム感のあるハンバーグ、そして運動はしなかった2
日目でしたので、さすがにカロリー過多で血糖値も昨日より上がったのかもしれませんね。

糖尿病教育入院2日目の感想

いよいよ糖尿病教育入院始動!って感じの1日でした。

造影剤検査は怖かったですが、ちゃんと調べてほしい気持ちはあったのでちょっと残念ではありました。

いろいろと忙しはしていましたが、それでも暇な時間も結構あったので、運動療法ができないこの日は結構辛かったです。

血糖値も高くなり、運動が足りないのかも、、早く外に出たい!!と気持ちばかりが焦った1日でした。

糖尿病教育入院3日目に続く>>