すき家のロカボ牛麺(温)

糖尿病の患者にとって、外食はとっても大変なんです。

世の中の多くの外食メニューって、ほぼほぼ炭水化物まみれで、カロリーも高く、私達糖尿病患者にとっては基本的には食べてはいけませんと言われているメニューばかりです。

なぜなら炭水化物は「糖質」で、糖質は血糖値を上昇させてしまいます。
それこそ、炭水化物ばかりで構成された外食メニューを食べると、急激に血糖値が上がるため非常に危険なのです。

家では主食である炭水化物の量は自分で調節できますが、炭水化物がメインの外食メニューだとどうしても選択肢がものすごく制限されますので、とっても困るのです。

ところが、最近は外食産業でも糖質制限を謳ったメニューを投入するところも増えてきて、私達糖尿病患者でも、安心して食べられるメニューもでてきたのです。

そんな中、大手牛丼チェーンのすき家から、期間限定ではありますが、糖質制限メニューである、ロカボ牛麺とロカボビビン麺なるメニューが2017年4月5日(水)から発売されると聞きつけ、早速食べに行ってきました。

ロガボ牛麺はこんなメニュー

ロカボとは英語で、low carbohydrate(ローカボーネート)= 低糖質 という意味で、そこからロカボと縮めてよばれているようです。
なんでも略語にするのは日本人の得意とするところですねww

ですので、ロカボ牛麺は、その文字の通り、低糖質牛麺という意味で、極端に糖質を全く抜いた食事ではなく、1食あたりの糖質を少なくしたものなのです。

ロカボ牛麺の他にも、ロカボ牛ビビン麺というメニューもありました。いずれも温かいのと冷たいものが選べます。

私はロカボ牛麺の温かい方を注文しました。
これだけでは、栄養バランスが悪いとおもいましたので、一緒にオクラサラダも注文しました。(写真一部しかうつってませんね)

気になる糖質とカロリーは?

ロカボ牛麺の糖質は22g、カロリーは384kcalです。一緒に注文したオクラサラダは37kcalで、ドレッシングもかけましたので、+30kcalとして、合計でも451kcalでした。
お値段、ロカボ牛麺が490円、オクラサラダが180円ですので、670円と、牛丼に比べると少々お高くなりますが、健康メニューを提供するカフェなんかで食事することを考えるとかなりお安く、ロカボメニューがいただけて大助かりです。

ロカボ麺とは、ぶっちゃけ、こんにゃく麺でした。ですので、結構硬いので、そのまま飲み込むと喉を詰まらせることもあるようで、メニューにもよく噛んでたべてくださいと書かれていました。

牛丼と違い、調理に少し時間が必用なようで、提供されるまでに5分弱かかりました。

運ばれてくると、昆布とカツオのとってもよい香りが鼻をくすぐり、一気に食欲を高めてくれます。

ロカボ牛丼を実食!

トッピングは、牛丼の具と、甘く炊かれたおあげさん、そして揚げ玉(天かす)、ネギです。普通に豪華な肉きつねうどんですよね。これに卵なんかトッピングしたら、お祭り騒ぎですww(カロリー的にはよろしくありませんので糖尿病の人にはおすすめしませんが、糖質制限でダイエットしている人にはよいかもですね)

牛丼の具はすき家さんの牛丼そのものですので、美味しくないわけがありません。牛丼の半分くらいの量ははいってるとおもいます?

おあげさんはほんのり甘くて、甘いものを制限している体には染み渡ります。制限されている糖質はここでプラスされているのかと思います。

だし汁は結構濃い系の、昆布とカツオのお出しで、牛丼の具の甘さ、おげさんの甘みも溶け込み、とっても美味しいお味です。

こんにゃく麺は、平たい薄っぺらい麺で、透明感があります。食感は確かに硬くて、ぎゅっぎゅっ、と噛む感覚がわかりますので、食べている感がすごくあります。

味はやっぱりこんにゃくがうっすら向こう側に感じられますが、臭みは一切ありません。糸こんにゃくといわれればそうですが、うどんと糸こんにゃくの中間くらいかなあ、と思いました。

麺の量はちょっと少なく感じましたが、トッピングも多く麺自体にも食べごたえがあるので、十分満足できる量でした。(サラダも食べましたしね)

薄味に慣れきった私の下には少し味が濃いなあ、と感じましたが、一緒にサラダなどをたべると中和し(ドレッシングは控えめで)、ちょうど良い塩梅でした。

ぶっちゃけロカボ牛麺は売れているのか?

夕方であまり人の以内店内でしたが、私がロカボ牛麺を食べていると横に細身の男性のお客さんが座り、その方もロカボ牛麺注文されていました。
私と同じように糖尿病患者なのか、痩せているのに更にダイエットしているのか、はたまた単に珍しいからか、わかりませんがこんな人も注文するんだ~と思ってみていました。

ちなみに、すき家は女性でも入りやすく、私がいたときも、女性ひとり客、女性ペアがいらっしゃいましたが、いずれも普通に牛丼頼まれていました。

どこにでもあるお店で、低糖質制限メニューが食べられるって、ほんと糖尿病患者にとってはありがたいです。

期間限定と言わず、ずっとメニューに入れておいてほしいと説に思います。
すき家さん、お願いします!!!

糖尿病教育入院体験記を書いています>>

追記:2017年秋 久しぶりにすき家にいってきました

ロカボ牛麺はまだありましたが、ロカボビビン麺はなくなったようです。

ですが、牛丼ライトというメニューがついかされていました。

牛丼ライトは、ご飯の部分がお豆腐で、丼と呼べかどうかは疑問ですが、かなり糖質がおさえられた一品となっています。一緒にひじきとお味噌汁がセットになって、590円ですので、リーズナブルなお値段で糖質制限されたバランスのよい食事ができますね。

糖質制限している方にはますます外食の選択肢が増えましたね!