こんにちは!コスメコンシェルジュで化粧品成分上級スペシャリストのジロウのママです。

私の趣味は、ドラッグストアやバラエティショップでいろいろなお化粧品の成分をチェックすることなんですが、(お店からしたら迷惑ですよね・・すみません)先日、とんでもない商品をみつけてしまいました。

それは今流行りの、温かくなるタイプの温感クレンジングゲルなんですが、成分が明らかに他のものとは違う、これまで見たことのない温感クレンジングゲルだったのです。

温感クレンジングゲルとは

そもそもなぜ温感クレンジングは暖かく感じるのでしょうか?

今巷に出回っている温感クレンジングゲルは、マナラさんとかスキンビルさんとかも含めて、ほとんどが「グリセリン」が主成分として配合されています。

以前私がこのブログで実験した記事の商品(商品名はひみつ)も、グリセリンが主成分でした。

【実験】温感クレンジングは本当に熱くなって毛穴の汚れを落とすのか?

このグリセリンこそが、温感の秘密で、グリセリンに水を加えると発熱するという作用があり、温感クレンジングはその作用を利用しているという訳なんです。

私は以前はつかっていましたが、主成分がグリセリンなだけに、あまりお化粧の落ちはよろしくありませんし、テクスチャもイマイチだったので、それ以来は購入することはありません。

そんな中、先日ぶらっと立ち寄ったバラエティショップのクレンジングコーナーで、今までみたことない温感クレンジングを見つけたので、なにげに裏の成分表をみてみたのです。

バニリルブチルが入っているクレンジングだって!?

こんな感じで、このメーカーさんの他のクレンジングと並べておかれていましたので、同じクレンジングシリーズのバージョン違いみたいです。

成分をみてみると、普通のお値段のお安い感じのクレンジングゲルの成分なんですよね。

★疑問

あれ?温感って書いてあるけど、グリセリン一番じゃないの?

え。。。まさか、アレが?と思いながら成分を読み進めてみると、案の定一番最後にバニリルブチルという文字が・・・

★驚き

え~!?バニリルブチルをクレンジングに???

予想はしたものの、目を疑いました。

なぜなら。バニリルブチルを顔に使うものに配合するなんて、ありえないとおもっていたからです。

バニリルブチルとは

バニリルブチルとは、バニラから抽出した成分で、カプサイシンと似た化学構造をして、かなり強い刺激性があります。

通常、体用のマッサージクリームや、頭皮用の育毛剤などに配合されることはあっても、その刺激性からクレンジングを含む顔用の基礎化粧品に配合されることはほぼなく、成分マニアの私でもみたことがありませんでした。

(一部、リップグロスに配合されていて、グロスでぷっくりとした演出をするためにつかわれているようです。ただ、その場合も注意事項としてヒリヒリする場合があると書かれていることが多いですね。それもどうかとは思いますが・・・)

実際、私も海外製の体用の温感マッサージクリームをつかったことがありますが、使った後は痛くて痛くて、その後数時間耐えられなかったこともありました。(でもその頃はそれが効果があるのだと思って耐えてつかっていました)

ぽかぽか、なんてもんじゃありません。

ヒリヒリです。

痛みの感じ方は個人差はあるとおもいますが、私にはかなり痛い刺激です。

化粧品成分として使ってよい成分ですので、安全性には問題はないとおもうのですが、その刺激の強い成分が、万が一目に入ったり、傷があるところについてしまったら、酷く激しい痛みを伴うと思います。

いくら安全でも、痛いのは辛いですよね・・・

考えてみてください。

唐辛子って、ちょっと目に入ったらエライことになりますよね。

バニリルブチルはそれと同じような成分なんですよ。

それが、目のキワまで使うクレンジングに配合されているなんて、危険きわまりないと私は思います。

こちらの商品のHPをみさせていただきましたが、「マツエクまで使えちゃう!」なんてことが書かれていました。

そりゃ、成分的には油分がほぼはいっていない配合ですのでマツエクはとれませんが、それよりなにより、まつげギリギリまでこのクレンジングゲルを使ってアイメイクを落とすなんてことして、万が一目に入ったら、激しい痛みに襲われると思います。

バニリルブチルの刺激や、水で洗い流したぐらいではすぐには落ちませんので、とんでもないことになると思います。

何時間もその痛みに苦しむことになることになる可能性があります。

また、消費者をバカにしているのかと思われる点が、バニリルブチルが「自然派ホット成分」という触れ込みで書かれてあることでした。

いかにも、自然=安全、みたいな思い込ませをしようとさせているところがあざといです。

たしかにバニリルブチルはバニラから抽出した自然由来の成分ですが、その刺激は唐辛子と同じくらいなんですよ!

消費者をバカにしているかと、怒りさえも覚えました。

バニリルブチル入り温感クレンジングゲルの口コミは?

アマゾンや@コスメの口コミもチェックしてみましたが、やっぱりね、という感じでした。

一部紹介すると・・・

顔に馴染ませてもなかなか暖かくならず、そのうち何だかピリピリした感じがします。顔全体を洗ったら目に入ったようで、すっごい痛みがきました。ゆすいでもゆすいでも痛みが消えず、アイメイクを落とすのは無理です。(アマゾンより)

ポカポカする感じはなく、目の周りと唇がヒリヒリしてちょっと辛いです。(@コスメより)

肌は強い方ですが初めてヒリヒリしました。ホットと言うよりヒリヒリ。痛い訳ではないのですが皆さんが書いておられる通りヒリヒリです(@コスメより)

そりゃそうですよね~。

目のまわりは粘膜にも近く、刺激はより強く感じる個所です。

やっぱり、ゆすいでもゆすいでも痛みが消えなかったのですね。本当にお気の毒です。後遺症がなければよいのですが・・・

こんな酷い痛みを伴う可能性のある温感クレンジングゲルは、絶対に使ってはいけないと思います。

 

あまり批判的な記事は書きたくはないのですが、あまりにも問題があるクレンジング剤なのでみなさんにも知ってほしくてこの記事を書きました。ただ、批判記事の商品名は公開しないと決めているので勘弁ください。

もしみなさんんが、ドラッグストアでこんなポップをみかけたら、安易に手を出さず、ぜひ商品の裏を見て成分を確認してバニリルブチルがはいってないことを確認してから購入してください。

ちなみに、同じシリーズのバニビルブチルがはいっていない、ノーマルのクレンジングゲルはいたって普通の成分でしたので、安全性に問題はないと思います。

あ、他のグリセリン主成分の温感クレンジングゲルはバニビルブチル入とは違い、危険性はないので安心してください。

ただ私的にはあまりオススメはしませんが、成分としてはバニリルブチル入りのホットクレンジングゲルよりは全然安全ですので、安心してください。

★素

何度もこのブログで書いていますが、みなさん、ぜひ、クレンジングだけは安全性の高い、良いものをお使いください。