1日の三分の一は寝ている私達。
だからこそ、快適な眠りの為に寝具はとても重要です。

こんにちは、コスメコンシェルジュで健康オタクのジロウのママです。

先日ワタシが定期購読している健康ジャーナルという雑誌(美容エステ業界向けの雑誌ですが、オタクなので定期購読していますw)で美容と睡眠について特集があり、一般の人にアンケートをとった60%以上のが睡眠に悩みを抱えているという結果が出ていました。

そして、睡眠の質を上げるために寝具の中で一番気を使っているものとして、約半数以上の人が「枕」と答えていました。


健康ジャーナル 2017-07-11 発売号よりお借りしました

実はわたしも枕には並々ならぬこだわりがあります。

というのも、枕が原因?と思われる悩みがいくつもあったからです。
そして枕を買い替えてはダメ、買い替えてダメ、な枕ジプシーをくり返していました。

ですが、約1年半前にとある枕に出会い、その悩みの多くが解消されたのです。

そのとある枕というのが、横向き専用枕「YOKONE」だったのです。

★素

YOKONEを1年半使っているリアルユーザーが、YOKONEの良いところ悪いところをぶっちゃけ口コミしますので、横寝枕をお探しの方、YOKONEを購入する前に迷っている方に読んで欲しいです。ちょっと長い記事になりますが、イラスト写真もいっぱい作りわかりやすく説明していますので、気軽にお読みください。

YOKONE公式サイト>>

枕ジプシーだった過去のワタシ

朝起きたらなんだか具合が悪い。

ごくごく最近までずっと感じていた悩みです。

極度の肩こり、そして片頭痛持ちで、睡眠時無呼吸症候群、逆流性食道炎、おまけに腰痛まであったワタシは、とにかくぐっすりちゃんと眠れていないと感じていました。

朝起きると、肩が痛い、頭が痛い。

夜中は夜中で、自分のいびきで目が冷めたり、逆流性食道炎なので胃酸が逆流して、ノドが焼けるように痛くて目が覚める。。。

朝までぐっすり、目覚めスッキリなんて、ほとんど感じたことほとんどありませんでした。

ですので、とにかく寝具にはお金をかけています。

ベッドはとにかく良いものを選び、マットもスポーツ選手が広告等になっている例のアレを使っています。

そして、枕。

枕は良いと言われるものは本当に片っ端から買ってみました。

低反発枕、高反発枕、オーダーメイド枕などなど、ありとあらゆる枕を使ってみましたが、どれもこれも、悩みを改善するにはいたりませんでした。

手元に残っていた枕を紹介すると・・・

まずはテクノジェルピロー

通販番組や量販店でもものすごく人気で、頭に当たる部分がジェルでできていて、とても良いということで購入しました。

悪くはなかったのですが、特にそれまで使っていたのとの違いもわからず、なんとなく数年つかっていました。

そして整形外科枕という、オーダーメイドの枕も作りました。

山田先生という整形外科医が開発された枕で、数年前にテレビで盛んに紹介されていました。

もうすぐに食いついて、当時ワタシの住む大阪には計測所がなかったので、新幹線に乗って当時名古屋にあった、直営の計測所に行って、ワタシの首の角度やら寝ている状態などを計測してもらって、オーダーメイドの枕を作ったのです。

結果、数日使って頭痛がひどくなってそれ以来使っていません。
(でも高かったので、捨てる勇気がなくて今だに物置ににしまっています)

なぜどの枕もワタシに合わなかったのか。

それは、ワタシが横向きに寝る人だったからなんです。

いくらよい枕でも、ワタシがこれまで購入した枕達は全部、上を向いて寝るための枕だったのです。

いくら良い枕でも横向き寝にはむかない

そうなんです。薄々というか、完全にわかってはいたのです。

だって、横向きにしか眠れないんだから、上を向いて計測してもらった枕が合うわけがないでしょう。

横を向いて寝ると、まず高さが合わないのです。
そうなると、肩がこんな感じで縮こまった状態になるので、肩が痛くなります。

そして、ほとんどの上向き枕は平らなので、横に向いた時の顔が下向きになります。

人間の顔は卵型で、それに加えて耳がついています。

平な硬めの枕で横向きに寝ていると、まず耳が痛い。

そして、顔が前のめりになるので、どうしても首が曲がってしまい、首がコル。

そうならないように、こんな姿勢を取って寝ることもありますが、これだとさらに肩がコル。

どうしたって、上向き用に作られた枕が、横向きに寝るには不向きなんですよ。

横向き専用にということで、実はこんな枕も買ったことがあるのですよ。

U字型で、抱きまくらみたいにして使う枕です。
体が支えられて楽だということで、横向きに良いという宣伝文句でしたが、残念ながら肝心の頭の部分が横に寝るには低すぎで、これも数日使って、頭痛がひどくなりお蔵入りです。
(流石にこれは場所を取るので処分しましたw)

横向きの枕っていっても、ろくなもんないな、と思っていた時に、たまたまネットで紹介されていたこのYOKONEに出会ったのです。

YOKONEは本当の意味で横向き寝専用枕だった

ワタシの使っているYOKONEは旧式のモデルで、現在はYOKONE2として、バージョンアップしたものが売られています。

購入した時の横寝枕YOKONEは、こんな目がさめるような青いカバーしかありませんでした。

でも、なんだかこれは良さげだ、と思って少々お高かかったですが、思い切って購入してみたのです。

こちらが懐かしい横寝枕YOKONEの購入時の写真です。

うちの犬とくらべても結構大きめですが、バージョンアップした横寝枕YOKONEは更に大きくなっているようです。

そして、実際YOKONE使ってみて大満足でした。

だから、もう1年半以上も使い続けていれるのです。

では、ワタシがYOKONEを使い続けていられる理由をご紹介したいと思います。

ワタシが横寝枕YOKONEを使い続ける理由

1)頭を乗せる部分の形がすごい!

上から見ると、普通の長方形なのですが、

横からみると、頭を載せる面がすり鉢状にくぼんでいて、ここに頭を乗せます。

ですので、ものすごく頭が安定するのです。

ですので、耳も痛くなりませんし、顔が前のめりにならないので、首もまっすぐに保たれる。

そして、手を当てて寝る必用もないので、手も顔も痛くないし、肩こりも起きないのです。

2)手がおける!!

これ、横向きに寝る人はとってもよく分かると思います。

横を向いて寝ているときの、手の置き場所、いったいどこに置いてよいのやら、ですよね!!

伸ばせる大きさのベッドならよいですが、狭いベッドだったり、横にパートナーが寝ていると、どうしても手の置く場所が定まらず、結局顔の下だったり、枕のしたにギュッと入れてしまったりしていませんか?

でもYOKONEなら、ちゃんと手を置く場所が確保されているのです。

そしてその場所は、前から奥にせり上がっている角度も微妙で、すごく手が楽におけます。

本当にこれ、快適です!

3)YOKONEは肩が枕の下に収まる

横向きに寝ると肩の収まり悪いですよね。

枕が低いと無理に肩を押し込めて圧迫されて、この写真のように肩をギュッと縮こませた体勢になって肩はもちろん、首も変な角度になるので痛くなってしまいます。

しかも、こんな状態で枕の手を横に置くと、写真のようにどうしても肩が上に上がり気味になります。

しかし、横寝枕YOKONEは頭を載せる部分がこのようにせり出してきていて、高さもちょうどよい高さなので、すっぽりとこの引っ込んだ部分に肩が収まるのです。

最初に寝た時、このくぼみにすっぽりと収まる感じと圧迫感のなさに感動すら覚えました。

肩が圧迫されないって、本当に楽なんですよ~。

4)横寝枕YOKONEは固さも絶妙

YOKONEは決して柔らかい枕ではありません。少々硬いかな?という固さです。

ですが、もちろんある程度沈みこんで、頭をしっかりとホールドしてくれる柔らかさはありますでの、耳が圧迫されて痛いということはありません。

ある程度固さがないと寝返りが打ちにくいので、これくらいの固さは必要でしょう。

柔らかくて沈み込むような枕が好きな方にはあまり気持ちのよい固さではないでしょう。
人には好みがありますので仕方がありませんが、私にはYOKONEはほどよい固さでした。

※新しい横寝枕YOKONEは、柔らかめという選択肢も加わったようです。ちなみに、ワタシの旧YOKONEは硬いタイプなんだそうです。

5)新しい横寝枕YOKONE2は高さも変えられる

新しいYOKONE2は高さ調節も可能なんだそうです。2枚のウレタン素材が同梱されていて、それを足すことで、自分の好みにあわせた高さに調節できるそうです。

ワタシは旧YOKONEでちょうどよかったので、女性なら何も無しで、男性なら1枚か2枚ウレタンを足すとちょうどよいかもしれませんね。

YOKONE公式サイト>>

横寝枕YOKONEの購入時の秘話

実は、ワタシがYOKONEを注文した直後に熊本であの地震が起きたのです。

YOKONEを販売する会社さんは、熊本に本社があったので、被害をかなりうけられたそうなんですが、商品自体は関東の方の配送会社にあるため、通常通りに配送してもらえました。

しかし、商品発送のメールなどもちゃんと送られてきていて、大変な中なのにものすごく申し訳ないと思いながら、ありがたく商品を受け取らせてもらったのを覚えています。

その後、とある展示会で横寝枕YOKONEを販売する会社さんとお話する機会があったのですが、その話しをするとすこし涙ぐまれていました。
本当に大変だったんだな、、て、ものすごくYOKONEを応援したくなってしまいました。

毎日YOKONEを使っていたので紹介することをすっかり忘れていましたが、応援の気持ちも込めて、改めて紹介することにしたのです。

横寝枕YOKONEで寝るようになってからの変化

横寝枕YOKONEで寝はじめて早や1年半、ワタシが感じた変化を上げてみたいと思います。

逆流性食道炎が改善!?

以前は夜中に、胃酸が逆流して飛び起きることが時折ありました。

喉が焼けるように痛いのです。ぐっすりと眠っている最中に突然おこりますので、その衝撃はかなりのものです。
本当に「飛び起きる」という言葉がピッタリくるほどの衝撃です。

最初は横に寝ていても、寝にくいもんだから、寝返りで上を向いたり、胃酸が逆流しやすい方向に向いてしまったりして、胃酸がドバーッと逆流して、胃酸を保護してくれる粘膜のない食道に流れてしまい、強烈な痛みを伴う。

逆流性食道炎の人は左を向いてねるとよいのですが、

右を向いて寝ると、こんな状態になって胃酸が逆流しやすくなるのです。

こうならないためにも、ちゃんと左向きで寝れることが大切なんですよね。

いびきが減った?睡眠時無呼吸症候群も改善!

以前はいびきがひどく、しかも「たまに呼吸とまってるよ・・・睡眠時無呼吸症候群かもやで!」と、旦那に言われていました。

でも、最近では、いびきもマシになったそうですし、無呼吸状態もほぼないそうです。
自分ではよくわかりませんが、人からはそう言われます。(旦那・娘談)

たしかに自覚症状として、以前は横を向いてねているのですが、寝にくいからか寝返りをうって上を向いて寝ている状態があり、その時に大きないびきをかいて、自分でその音に目が覚める、ということがよくありましたが、最近はそれが全くなくなりました。

YOKONEのお陰でリラックスできていて、へんな寝返りもうたなくなり、姿勢が安定してずっと横向き姿勢が維持できているからなんでしょうね。

肩こりがマシになって朝すっきり起きられる

以前は朝起きると、首が痛い、肩がバキバキに固まっていていました。

朝目覚めて「よく眠れた!」なんて感じたことありませんでしたよ。

でもYOKONを使いはじめてからは、その形状のお陰で、肩がリラックスした状態の体勢で眠れることから、朝起きても肩がバッキバキに固まっているということがなくなりました。

すっきりした目覚めで、疲れがとれた感がものすごくあります。

最近では結構激しいトレーニングもするのですが、だいたい寝れば前の日の疲れはすっかりとれるようになりました。(もうワタシ、50才です)

1年半横寝枕YOKONEを使って改めて振り返ると・・・

そういえば最初の1~2ヶ月、せっかく購入したYOKONEですがちゃんと使っていなかった時期があります。

その原因は、ニオイです。

素材のポリウレタンが結構臭かったのですよ~。


カバーを外すと余計くさかった・・・

外に何日か干しても若干ニオイは消えず、ちょっと放置してみようと、1~2ヶ月くらい使わず部屋の片隅に置いておいたのです。

するとニオイはほぼなくなり、それからは快適に使えるようになりました。

あと、ワタシの旧タイプのYOKONEはカバーが強烈な青色で、これはちょっとインテリアに合わない・・・と引きました。

でも新しいYOKONE2はこのように白いカバーで、おまけに頭の部分は接触冷感素材になったそうです。(羨ましい・・・)

その2点だけがちょっとどうかな、と思ったのですが、使ってみてその使用感については全く持って大満足しています。

これまでにみたことのない横向きの為に作られた枕は、やはり横向きに寝るには最適です。

横寝枕YOKONEまとめ、そして気になるお値段は・・・?

新しいYOKONE2は18000円(税別)です。

正直ちょっとお高いですよね。

高かったテクノジェルピローでも1万円台前半です。(オーダーメイドの整形外科医枕は流石に28000円+計測費用ともっと高額でしたが・・・)

ホームセンターなんかに行けば、1000円以下で低反発枕とか買えちゃいます。

でも、やっぱり良いものは良いです!

人生の三分の一は睡眠。

そこにお金をかけることは、決してワタシは贅沢だとは思いません。

だって、そのお陰で体の調子がよくなって、結果、病院に行く回数やお薬が減ったり、元気になってよい仕事ができて、収入が増えちゃう、なんてことも合ったりするわけなので、自分への元気のための投資だと思ったらお高くはないと思います。

実際ワタシは、病院でも逆流性食道炎のお薬をほとんど貰わなくなりましたので、その分の薬代は確実に減らせた訳です。

また、肩こりもマシになったので、マッサージや整体に行く回数も確実に減りました。(普段から姿勢が悪い為肩こりは全く無くなったわけではありませんので、たまにはマッサージなどは行きますよ。)

これは横寝枕YOKONEを使い始めたおかげだと思います。

医療費やマッサージが減らせので、もう元は取っていると思います。

でも、それよりなにより良かったのは、とにかく朝の調子がよくなったこと。

これ、本当にありがたいです。

肩がコル、頭が痛い。胃酸の逆流で夜中に目が覚める=よく眠れない。

これだけで、今までどれだけ人生損してきたことか・・・。

それが、枕一つでここまで変わるとは本当にありがたいことです。

★good

やっぱりみなさんがおっしゃる通り、よい睡眠にとって枕って本当に大切なんでよね。

これまでいろいろな良い枕をためしましたが、横向き寝の私には、やはり横向き専用に設計された枕である横寝枕YOKONEがとても合いました。

睡眠って本当に大切です。ぜひ、みなさんもご自分にあった良い枕を見つけてください!

YOKONE公式サイト