個人的ではありますが、こうやって美容のことについてブログで情報を発信する身として、ちゃんとした知識をつけておかなくてはと思い、以前からいろいろと勉強はしていたのですが、この度日本化粧品検定の1級と2級を併願し、無事どちらも合格できました!

日本化粧品検定とは?

美容関係の資格ってとてもたくさんありますが、日本化粧品検定は化粧品、美容の全般的な知識を網羅した検定です。

民間の資格で、3級から1級までの3段階で、3級はウェブで無料で受験でき、2級1級は年2回の試験で取得できます。

受験するには1級2級の対策書籍がありますので、それを勉強します。

試験内容はそのテキストから出題されますので、そのテキスト内容を暗記さえすれば合格できます。

とはいえ、内容は多岐に渡り、全部暗記といってもかなりの分量ですので、一筋縄ではいきません。

1級の合格率は61.5%、2級は68.9%ですが、最近の傾向としては問題が難しくなってきていて、そのパーセンテージは低くなってきているそうです。

受験地も全国12ヶ所あり、対策書籍も普通の本屋さんやネットでも手に入るのでだれでも受験できます。

ぶっちゃけ合格するには

暗記が得意!という人はテキストだけでよいとはおもいますが、テキストには出題される例題等は一切載っていませんので、どのような問題がでるのかわかりません。

テストの傾向を知ることは合格にはかかせませんので、できれば化粧品検定のウェブサイトで手に入る問題集を購入し、勉強することをおすすめします。

テストは4択で正解を一つ選択するマークシート方式です。

今回受験して感じたのは、この問題集よりもさらにひねった問題がかなり多かった~ということです。

ざざっとテキストを勉強して理解したつもりで、この問題集では結構いい感じで正解できていたのですが、実際の試験問題、特に1級はかなり難しかったです。

でも、問題集でも捻ったひっかけ問題もちゃんとあったので、実際の試験でも「あ、これひっかけ!」と気づくことができました。

ですので、問題集で勉強すること強くおすすめします。

あと、テキストには赤文字で書かれてあったり、ここ試験にでる!みたいなことも書かれてあるのですが、全然そんなこと書かれていない、本文中の何気な個所も問題にでるので要注意です。

日本化粧品検定の受験対策セミナーがある

日本化粧品検定には、受験対策セミナーが各地で開催されています。

実はワタシも今回どのようなセミナーなのか興味があったので、1・2級共参加しました。

たしか受験を申し込みをした後、受験票と一緒に対策セミナーのチラシが同封されていました。

そのチラシから自分が参加できるセミナーに申し込みました。

結構分厚いテキストを半日程度で説明してくれますので、1級は特に丸半日みっちりと勉強しました。

もう帰りにはフラフラで、この年になって何十年かぶりにものすごく勉強しました。

対策セミナーでは、ここ覚えてくべし!という所を重点的に説明してもらえますので、受験対策にはもってこいです。

テキストだけではわかりにくいこと、覚えにくいことも、実際に先生と一緒に図や表を書きながら理解するので勉強になりました。

詰め込みでも合格できたかもしれませんが、座学で学んだお陰で、表面的な知識ではなく、仕組みや構造を十分理解した上での知識が頭にはいったので参加してとっても良かったと思います。

赤文字でないところでも、出そうなところ教えてもらえるので重点的に勉強できました。

日本化粧品検定1級に合格したらコスメコンシェルジュになれる

日本化粧品検定の1級に合格し、協会の会員に登録し、研修プロポリスを受講するとコスメコンシェルジュという資格が取得できるそうです。

資格を取得するにはそれなりのお金と時間が必要ですので、これからどうしようか考えていますが、この資格を取得すると、各種セミナーに参加できたり、いろいろと特典があるようです。

ですが、やはり協会入会金、年会費、講習参加費合計25400円必要だそうで、結構高額なので迷うところです。

正直個人的なブログ運営なので、そこまでは必要ないかとは思いますが、セミナーは興味深い内容のものが多いので、これに半額程度で参加できるので複数回参加すれば元は取れそう・・・

うむむ・・・これから迷います。

ひさしぶりにこのような検定にチャレンジし、50才前にして、頭の体操になりました。

今度はなんの資格に挑戦しようかしらww

★素

追記:
コスメコンシェルジュの資格も取得しました!これで、晴れてコスメコンシェルジュを名乗れます!
これからはコスメコンシェルジュとして恥じないように、気を引き締めて、このブログで良い記事を書いて行きたいと思います。よろしくお願い致します。