特許技術を使ってるしろ彩 セラミドリッチクリームって?

こんにちは。
最近、敏感乾燥肌に悩まされているジロウのままです。

こちらの記事をお読みのあなた、こんなお悩みお持ちではありませんか?

  • とにかく肌が乾燥してヒリヒリピリピリする。
  • 普通の化粧品はムリ
  • 敏感肌用の化粧品ではなにか物足りない

私は普段は乾燥敏感肌ではないのですが、春から夏にかけて、紫外線アレルギーが原因化、はたまたゆらぎ肌からなのか、肌が非常に乾燥して、赤くなり、かゆみもあり、これって敏感乾燥肌?という状態になってしまいました。

普段つかっている化粧品がヒリつくことも多く、この時期だけは普通にものはやめて、敏感肌さんも大丈夫なものを選ぶようにしています。

そんな私が今回見つけたのは、敏感肌さんにも大丈夫なヒト型セラミド配合の白漢 しろ彩 セラミドリッチクリームという商品です。

実際、白漢 しろ彩 セラミドリッチクリームを使ってみて数日立ちますが、すでに敏感乾燥肌がちょっと和らいだよ感じがしています。

★素

乾燥敏感肌持ちのみなさん、ちょっと長いですがぜひ最後までお読みください!

白漢 しろ彩 セラミドリッチクリームってどうなの?

白漢 しろ彩 セラミドリッチクリームはメーカーさん専用の箱で送られてきました。

こちらが白漢 しろ彩 セラミドリッチクリームです。

ガラスの容器に入っていて、高級感があります。

容器には内蓋とスパチュラが付いていました。

中身はというと、結構しっかりとした感じのクリームです。

水分少なめなで、ちょっと重いかな?と思われるテクスチャです。

塗り拡げると、つややかで伸びはよいですが、やはり油分をすごく感じます。

これがセラミドなんですかね?

油分多めですが、浸透はちゃんとしてくれます。

ただ、最後はちょっとベタつく感じがします。
これはジェルではなくクリームですものね。

香りは何もついてなく、かと言って、プラスチックみたいな香りもしませんので、ストレスなく顔につけることができました。

★嬉しい

やはり敏感肌用はこうでなくっちゃです。

実際に白漢 しろ彩 セラミドリッチクリームを数日間つけてみて

数日間、化粧水の後に白漢 しろ彩 セラミドリッチクリームをつけてみました。

いつもはクリームはあまりつけないので、当初はちょっとそのベタつく感じに戸惑いを感じました。

ただ、このクリームなのに浸透はちゃんとしてくれていると感じます。

最後ちょっとベタつく感じはのこりますが、守られてる感じはしました。

気になる敏感肌への感じは?

最近の私の肌は、乾燥がひどく、赤みがでて普段でも口の周りがヒリヒリとします。

おまけに顔はところどころ皮が剥けたり、かゆみも若干あります。

そんな感じなので、普段の化粧品はしみることがあり、現在は敏感肌用のアルコールが入っていないものを使うようにしています。

しろ彩 セラミドリッチクリーム使う前に、念の為全成分をみてみましたが、アルコールははいっていませんでした。

水、BG、グリセリン、シクロヘキサシロキサン、ステアリルアルコール、ラウロイルサルコシンイソプロピル、ステアリン酸グリセリル(SE)、ベタイン、DPG、トレハロース、PEG-60水添ヒマシ油、(ヒマワリ種子油/水添ヒマワリ種子油)エステルズ、1,2-ヘキサンジオール、トリエチルヘキサノイン、ベヘン酸、プラセンタエキス、ベヘネス-30、セラミドNG、ラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル/オクチルドデシル)、クエン酸Na、セラミドNP、ベントナイト、アルギニン、酢酸トコフェロール、エチルヘキシルグリセリン、グリコシルトレハロース、シクロペンタシロキサン、加水分解水添デンプン、クエン酸、トコフェロール、コンフリー葉エキス、フェノキシエタノール、ポリ-ε-リシン、ヒアルロン酸Na、ショウガ根エキス、水溶性コラーゲン、センキュウエキス、コレカルシフェロール、カンゾウ葉エキス、ブクリョウエキス

5番目に「ステアリルアルコール」と書かれていて、あれ?と思われるかもしれませんが、これは固形の油分の保湿成分の一つで、ひりつくは別物です。

アルコールフリーと表記されている商品のアルコールは、エタノールといって、消毒液などに使われる、透明の揮発性の高い液体で、全く違うものです。

私は普段は全然感じないのですが、今はエタノール/アルコールが入っていると、すぐにわかるくらい敏感になっています。

そして、白漢 しろ彩 セラミドリッチクリームをつけてみて、敏感な肌はどうなったかというと、ヒリヒリした感じもなく、普通に快適につけることができました。

また、数日つかっているだけですが、肌の赤みも若干引いてきた感じがします。

これは白漢 しろ彩 ラメラ構造ののセラミドと、赤みをケアする4つの和漢植物のエキスが配合されているおかげかもしれません。
しろ彩 セラミドリッチクリームもっと詳しく知る>>

セラミド?ラメラ構造?

白漢 しろ彩 セラミドリッチクリームはヒト型セラミドが配合されています。

そもそも私達の肌の表面、角質層は0.02mmの超うっすい細胞の膜でできています。食品ラップくらいの厚みだそうです。ペラッペラですよね。

薄いとはいえ、細胞はものすごく小さく、細胞が何層にもなっているのが角質層なのです。

そして、その細胞と細胞の間に油分と水分が交互に層になっていて、これが最近話題のラメラ構造というものです。


この図はしろ彩 セラミドリッチクリーム公式サイトお借りしました。

そしてこの油分こそが、セラミドと呼ばれる物質で、私達の健康な肌には欠かせない物質なのです。

そして、乾燥・敏感肌の状態は、このように、セラミドが乱れ、水分が蒸発してしまい、外部刺激や紫外線が、直に肌を刺激してしまう状態なのだと言われています。


この図はしろ彩 セラミドリッチクリーム公式サイトお借りしました。

だからちょっとした刺激(アルコールなど)や、紫外線が当たることで、炎症反応を起こして赤くなったり、ヒリヒリしたりという防御反応がでてしまうのです。

しかし、乾燥しているからといって、水分だけを与え続けていても、このセラミドを補給してあげないことには、元の状態にもどるのは難しいのです。

そこで、私達のセラミドと似た構造のヒト型セラミド、しかもこのラメラ構造と同じ形をしたものを外部から補給してあげると、元の健康な肌にもどってくれるという訳なんですね。

白漢 しろ彩 セラミドリッチクリームには、このヒト型セラミドが配合されていて、しかもラメラ構造の状態で、肌の角質層に届くように設計されているので、より肌なじみがよいのだと考えられます。

このラメラ構造こそが、特許を取っている特殊な技術なんだそうです。
しろ彩 セラミドリッチクリームに使われている特許技術を詳しく知る>>

白漢 しろ彩 セラミドリッチクリームのここはちょっと・・・

敏感肌にも使えて、ヒト型セラミドと特許技術のラメラ構造で肌を整えてくれるしろ彩 セラミドリッチクリームですが、私としてはやはりちょっと気になる点がありました。

ベタベタ感

商品ページには、浸透が早くベタつきもないというような、使用者の声が書かれていましたが、私には浸透した後もベタベタと感じられました。

確かに浸透して肌はしっとりするのに、最後にベタベタが残るような感じなんです。

セラミドというのは油分で、100%のセラミドってラードみたいなんですよね。

以前とある展示会で100%のセラミドを触らせてもらったことがあるのですが、かなりのベタベタ度合いでした。

そして、このしろ彩 セラミドリッチクリームは、その100%のセラミドに近いような感触がします。

成分的には水分も油分もいろいろ入ってはいますが、セラミド感がものすごく強いです。

ベタベタしているので、やはりあまり気持ち良いものではありません。

私はベタつきが嫌いで、普段あまりクリーム類はつかわないので、余計不快に感じるのだと思います。

ただ、このしろ彩 セラミドリッチクリームを数日使ってみて、不快感はあるものの、すぐにベタベタした感触は消えますし、なにより肌が数日改善してきたのは、やはりセラミドパワーのおかげだと思っています。

実際、しろ彩 セラミドリッチクリームを使う前までは、口周りと鼻の横のあたりが皮向けまであったのが、使いはじめて数日でキレイにになっていました。

セラミドが濃くて、浸透しやすいラメラ構造だからこそ、こんなに早く実感できたのだと思います。

★嬉しい

そう思うと、多少のベタつきもありがたい、、とまで思ってきましたww

本当に浸透しているのか?

浸透感はあるものの、最後にこんなにベタベタ感が残る、しろ彩 セラミドリッチクリーム。

本当に浸透しているのか、この浸透感は本物なのか、ちょっと実験してみました。

私がやった簡易な実験ですので、ヒトの肌とは違うかとは思いますが、生ぬる目で見てやってください。

用意したのは、あぶらとり紙。それを何枚も重ねています。

そこにしろ彩 セラミドリッチクリームを塗り込みました。

最初はこんなベタベタしたクリームが紙に染み込むわけないわ、と思いましたが、いやいやそこは油取り紙なので、結構早く浸透していきました。

で、そこそこ表面にクリームが残らなくなってから、何枚浸透したか確認してみました。

結果6枚でした。

なくなった感じはあったのに、そこまでは浸透していませんね~。

実は、以前私このしろ彩の化粧水を使ったことがあり、同じ実験をしたことがあるのです。

ほぼ水分の化粧水と、油分がたっぷりのクリームは比較になりませんが、結果は14枚でした。

ほぼ水分の化粧水が14枚なら、油分が多いクリームが6枚は実は大健闘なのかもしれません。

01素

やっぱり、しろ彩 セラミドリッチクリームの浸透している感じは本当だったのですね~。


しろ彩 セラミドリッチクリームもっと知りたい?>>

購入方法とお値段は?

白漢 しろ彩 セラミドリッチクリームは通販専門の商品で、こちらのウェブサイトから購入できます。

お値段は定価が7400円とかなりお高いクリームです。

ですが、定期購入すれば初回は半額の3700円で送料無料、そして2回目からも20%オフの5920円(送料無料)で購入できます。

もちろん定期購入はいつでも解約可能です。

また、もし肌に合わなかったという場合、返金保証もありますので安心です。

敏感肌さんは肌に合わないものも多いので、これはありがたいですね。
白漢 しろ彩 セラミドリッチクリームをお得に購入する

白漢 しろ彩 セラミドリッチクリームのまとめ

白漢 しろ彩 セラミドリッチクリームこのような方にオススメです。

・乾燥敏感肌の方
・赤ら顔が気になる
・肌がいつもピリピリしている
・化粧品が合わない
・今の化粧品ではどうしても乾燥する
・とにかく保湿できるクリームが欲しい!

私も紫外線アレルギーで乾燥敏感肌で、夏場は特にひどく、合う化粧品が極端に少なくなります。

しかし、このしろ彩のセラミドリッチクリームは、乾燥敏感肌の私も問題なく使用できましたし、なによりかなり肌が健康になってきた感じがあるので、使ってみてとっても良かったと思います。

★good

もしあなたも上記のような、乾燥からくるお悩みがあるのであれば、このしろ彩 セラミドリッチクリーム、使ってみてはいかがでしょうか?


しろ彩 セラミドリッチクリームが半額で買えるのはこちらだけ>>

白漢 しろ彩化粧水のレビューはこちら↓

【口コミレビュー】更年期の赤ら顔も解消する化粧水って!?=白漢しろ彩