先週、東京で所用があり時間があったので、少し足を伸ばして、幕張メッセで開催されていた「化粧品展」に行ってみました。

実はわたし、お仕事で海外販売をしている越境ECを運営していますので、そちらの仕入れという名目で参加させていただきました。

化粧品展は、国際化粧品展という正式名称なだけあって、出店の会社も海外からのメーカーさんも多く出てましたし、お客さんも海外からのバイヤーさんも多くみられました。

特に日本のメーカーさんは「日本製」ということをアピールして、金箔入りの高級な化粧品などが多くでていたのが印象的でした。

私も越境EC(海外向け通販サイト運営)業者ですので、一応日本製の商品を中心みみてまわって、お話をいろいろ伺ったり、サンプルをいただいたりしました。

実際商品を販売しているところもあったりと、新しいものも手に入れることもできたので、私も少しサンプルを購入したものもありました。

有名なメーカーさんは少ないようにおもいましたが、以前からサロンさんでよく取り扱われている、復元ドライヤーのメーカーさんもいらっしゃっいました。

これ、レプロナイザーとどっちがいいんでしょうかねえ?とメーカーの人に聞いてみましたが、「さあ?」とさっぱり塩対応でしたww レプロナイザー知らないのかしら?

今回、化粧品展は化粧品開発展、健康食品・美容食品 EXPOなど他にもいろいろな展示会と同時開催で、一つの展示会に登録すると、すべての展示会に参加できました。

なかでも一番元気がよかったのが、IT系の広告の展示会が一番呼び込みが激しく、ちょっと通るだけで、いろいろなパンフレットを手に持たされそうになりました。(早々に退散しました)

中でも化粧品開発展は、化粧品の原料マニアとしてはとても興味深い展示会でした。

新しい原料を取扱うメーカーさんや、良く知っている原料メーカーさんのブースもいろいろありましたよ。

コスメコンシェルジュブースもあった!

そうそう、私が1級を取得した日本化粧品検定協会さんもブースを出されていましたので、表敬訪問してきましたww

私がブースでお話している時にも、次回受験されるというプロのメイクアップアーティストさんがテキストを購入しにいらしてました。

プロの間でも、コスメコンシェルジュ増えてきそうですね~。