最近レジスタンススターチが良く耳にするようになりました。

まず便秘に効果的で、ダイエットに良いということで注目を浴びているようです。

レジスタンススターチとは、英語意味としては、「消化しにくいデンプン」となります。

最近は低糖質やロカボが盛り上がっていますが、低糖質ダイエットでは悪いと言われている、糖質の代表のデンプンが、ダイエットに効果的とは、どういうことなのでしょうか?

糖質ダイエットにも取り組んでいる、糖尿病患者の私が詳しく調べてみました。

食物繊維の種類

食物繊維を積極的に取ることは、低糖質ダイエットでも重要とされています。

野菜や果物、海藻類などに多くふくまれていることは皆さんご存知だと思います。

野菜、豆類、果物、海藻類などの不溶性・水溶性食物繊維は、小腸・大腸で善玉菌のエサとなって、腸内環境を良くして、便秘の解消に繋がり、ダイエットには効果的だと言われています。

意外と忘れがちなのが、穀物類イモ類にふくまれる食物繊維です。

私達の大好きな、ご飯やパン、そしておイモです。

それらには、実はとっても大切な、良質な糖質=レジスタンススターチが含まれているのです。

レジスタンススターチって?

レジスタンススターチは、食物繊維は食物繊維なのですが、小腸では吸収されず、大腸奥深くで吸収される、食物繊維です。

大腸の病気の多くは、大腸の奥の方、出口の近くで起こりやすく、ここに便を貯めないことが、腸の健康にはとても重要なんです。

じゃあ、野菜や豆を大量に食べればいいことじゃん!

と思われかと思いますが、野菜や豆に含まれる食物繊維は、小腸や大腸の入り口で吸収されてしまい、大腸の奥までは届いてはいないのです。

 

糖質=悪

という図式が昨今定着していて、ご飯やお芋を一切食べない、もしくは大幅に減らす、厳しい糖質制限が流行していますよね。

私も糖質制限のお料理教室に行ったことがあり、糖質制限の料理法を勉強しましたが、穀物類・イモ類は排除したメニューでした。

それはそれで、食物繊維たっぷりで、健康的なメニューで、ダイエットには本当に良さそうです。

 

でもその方法では、残念ながら大腸の奥深くまで大切なレジスタンススターチを届けることができないのです。

レジスタンススターチを含む食品

レジスタンススターチを多く含む食品を上げてみましょう。

  • ご飯
  • 大麦
  • 全粒粉
  • とうもろこし
  • じゃがいも
  • いんげん豆

レジスタンススターチは、加熱調理した後、冷える時に生成されると言われていて、ご飯なら冷やご飯、じゃがいもなら冷えたポテトサラダなどに多く含まれます。

昔は保温ジャーもレンジもありませんでしたので、冷やご飯を食べることも今より多かったと思いますので、昔の人は今よりももっとレジスタンススターチを無意識に摂れていたのだと思います。

それに比べて今は、ご飯はいつでも温かい状態で保温できますし、例え冷えていてもレンチンすればホカホカのご飯が食べられますので、冷たいご飯を食べる機会は減っていますよね。

でも、お弁当なんかは、冷えたご飯やおにぎりを食べるので、レジスタンススターチが多く取れるので良いですよね。

でももっとレジスタンススターチを効率良く摂れるのが、大麦なんです。

大麦・押し麦・もち麦どれがいいの?

大麦はレジスタンススターチが多く含まれています。

しかし、大麦にはスーパーに行ってもいろいろな種類があって、どれが良いのかわかりませんよね。

いずれにもレジスタンススターチは多く含まれているので安心してください。

ただ、レジスタンススターチが更に多く含まれた食品もあるのです。

それが、スーパー大麦です。

スーパー大麦は、オーストラリアで開発された非遺伝子組み換え食品で、最近では日本でも簡単に手に入ります。

スーパー大麦そのものもあります

加工品も充実しています

蒸したスーパー大麦は、サラダにスープに使いやすそうです

グラノーラなら簡単にスーパー大麦が摂れますね

これも簡単でいいですね~

スーパー大麦を自分で調理したい人にこちらもおすすめ