上まぶた悩み専用商品『リッドキララ』

こんにちは、先日とうとう50才になってしまったコスメコンシェルジュのジロウのママです。

同年代のあなた、最近まぶたにこんな悩みありませんか?

  • 眠いの?と聞かれる
  • 目つきが悪いと言われる
  • アイラインがキレイに引けない
  • 二重だったのが三重や一重になってしまった
  • まぶたを上げるせいで眉間にシワが・・・
  • 明らかに若いときよりまぶたが下がっている

50代に突入した私も、今まぶたにはもの悩みがあります。

最近なんだかたるんできて、そして右の片目がつい最近まで二重まぶただったのに、今ではとうとう一重まぶたになってしまったのです。


まぶたは全体的に下がってもいますね~。

以前も疲れたり、飲みすぎてむくんだりすると二重まぶたが一重まぶたになったりはしていたのですが、すぐにもどってはいました。しかし、今はずっとそのまま一重のままで全然戻りません。

どうにかならないかと思っていた所、北の快適工房さんから、2017年11月に新しく、まぶた専用の美容ジェルが新発売されると言うので早速取り寄せてみたのです。

それがこのリッドキララです。

★素

それではリッドキララを早速試してみてみましょう!

リッドキララを口コミするよ~

北の快適工房さんの商品は以前よりいろいろと使っていて、そんな関係でコチラの商品のことを知りました。

商品はメール便で到着ましたが、残念ながらうちのポストには大きすぎたようで、郵便局員さんから手渡しで受取りました。

内容物はこんな感じで、本品、リッドキララの説明書、通販の説明などが入っていました。

そしてこちらがリッドキララです。

ちょっと大きめのマスカラくらいの大きさなので、持ちやすくて使い勝手よさげです。

内容量は10gと少ないですが、使用するのは小豆大くらいの大きさですので、これで1ヶ月以上は持つと思います。

プッシュ式で空気にふれることはないので、最後まで清潔に使えます。

ワンプッシュで1回分と書かれていました。

ただ、ゆっくり押すと少しずつでるので、量の調節は可能です。(口からはすごく細い線ででてきているのがわかると思います)

私の場合、気になるのは右目だけなので、半量でもよいので助かります。

手にとって見ると、リッドキララは半透明のジェル状でした。

結構固めで、濃厚なテクスチャです。

伸ばしてみても、水分少なめで、ちょっとベタベタな感じがしますね。

ベタベタするのはあまり好きではありませんが、目の上に塗布するものですので、垂れてくると目に入ると大変なので、この程度の固さは必用なんでしょうね。

肌に塗った感触は、ワセリンによく似ています。

匂いは特についていませんので、他の化粧品とバッティングすることもありません。

リッドキララ公式サイトはコチラ>> 

リッドキララをまぶたにつかってみた

早速私の一重になっちゃったまぶたにリッドキララを使ってみました。

まぶたにちょんちょんと少しのせ、優しく広げていきます。

目のまわりの皮膚はとっても薄いので、強くこするのは厳禁です!

気をつけて、優しく広げていきましょうね。

ここはマッサージもダメですよ。

かわりに浸透を高めるために、片方の手でまぶたを引き上げて、もう片方の手で5~10秒ほどやさしくまぶたをおさめます。

それでもまだ少しベタベタ感はあると思うので、指の先でかるくトントンとなじませると、いつのまにやらジェルはスッと馴染んでさらっとしています。

使い方の動画が公開されていました。

これを朝晩行います。

順番としては、化粧水>乳液>美容液>リッドキララです。

オールインワンジェルの場合は、リッドキララはその後ということになります

リッドキララのもっと詳しい使い方はコチラ>> 

リッドキララを塗ってみた感じは?

リッドキララには2つの効果があります。

引き締め持続性効果、もうひとつはハリを出す速攻実感効果です。

ということで、ハリの即効性を見てみました。

リッドキララを塗る前のと塗った数分後の状態です。

若干ですが、違ってみます!

向かって左は、上は完全に一重だったのが、下は奥二重が少し見えるくらいまぶたが上がっています。

向かって左は、腫れぼったいまぶたが若干腫れが引いて、少しまぶたが上がっている感じがします。

ほんのすこしですが、目が少し大きく見開けているように思いました。
二重部分がぐっと持ち上がったかも?と思えるような感覚です。

やっぱり、リッドキララは書かれてあったように即効性があるのですね~。
ここ、すごく嬉しいポイントです。

これはリッドキララに配合されている、カラスムギ穀粒エキス・加水分解ゴマタンパクPGプロピルメチルシランジオールという成分が、肌にのせると表面にフィルムのような膜をつくる効果があるからです。

これらの成分は塗っている間は、凹凸を修正してくれるため、ハリがでたように感じられるのです。

朝起きて、昨日飲みすぎた~、とかでまぶたが多少腫れていても、リッドキララを塗れば、その即効性でシャキッとできそうです!

もちろんリッドキララには、即効性の成分だけでなく、使い続けば続けるほどに、根本的に肌の角質層にアプローチしてくれる成分も多く配合されています。

現在の私のまぶたの悩み・・・

冒頭にも書きましたが、この半年くらいで私のまぶたは急激に衰えてきたようで、以前は二重だったのが、現在はすっかり一重まぶたになってしまいました。

いろいろ探してでてきたのが、こちらの2年くらい前の写真。

ちゃんと二重です。でも、よく見ると目のキワあたりが三重になっています。
この時にはすでにまぶたがたるんできていて、三重になっていたのですね。
(老眼でよく見えないので、普通の二重のままだと思っていました)

比較するとわかりやすいですが、現在の私はとっても眠そうです。

元々生まれつき二重だったので、一重のメイクは慣れていないし、ましてや片目だけなんて、おかしなことになっているし、これがどうにかならないか、悩んでいました。

実際、二重になるテープも買ってみたのですが、うまく使えず断念。

二重の手術は、、と調べてはみたものの、メスを入れるのは怖いし、この年で二重の手術なんて、眼瞼下垂でもあるまいし・・・と躊躇していました。

一瞬、片方だけの眼瞼下垂かも?と思って眼科に行ってに相談してみましたが、単なるタルミで、この程度では保険適用の手術はできないと言われてしまいました。

★素

ということで、このタイミングで出会ったリッドキララ!これにかけるしかありません。

リッドキララ公式サイト>> 

目の下も悩みはあったのですが・・・

実は以前は、目の下も悩みがあったのですよ。

目の下も当然たるんでいましたし、なにより目の下のクマがひどがった。

私のクマは、赤黒いいわゆる「黒クマ」とよばれるクマで、加齢によって目の下の皮膚が痩せて、その下の血管が見えて赤黒く見える、という状態でした。

しかし、リッドキララを発売している北の快適工房さんから先に発売されていた、「アイキララ」という美容液を使ったところ、すっかりキレイになって、今に至るのです。


アイキララを使った当初の比較です

北の快適工房さんのリッドキララとアイキララとの違い

リッドキララは、目の上・まぶた専用美容液です。

アイキララは、目の下専用美容液です。

私はアイキララは現在は気になる時にだけ使っているので、家にあったアイキララとリッドキララとくらべてみました。

アイキララはクリームみたいで、テクスチャは柔らかめ。

リッドキララはワセリンのようで、テクスチャは固め。

やはり目の上に塗るのですから、垂れてきてはこまるので固めに作られているのですね。

★素

これまでアイクリームというと、目の下も上もひとつで済ませていましたが、効果ももちろんですが、テクスチャもちゃんと考えられたものを使うのがよさそうです。

リッドキララお値段とまとめ

リッドキララのお値段ですが、定価は4422円と少しお高めです。

ですが、定期購入すると最高で3538円、1ヶ月のお試しコースでも3980円とお得に購入できます。

1ヶ月のお試しコースの場合、2ヶ月目から変更・キャンセルも可能ですので、まずはお試ししたい、というかたにおすすめです。

その後、もっとお得に購入できる定期購入に変更することも可能ですから。

リッドキララは即効性はありますが、根本的にその効果を実感するには、肌のターンオーバーから考えると最低2~3ヶ月は必要だと思います。

これから毎日リッドキララを使ってみて、私のたるんだまぶた、そして一重が二重にもどってくれるのか、チャレンジしてみたいと思います。

またこのページでその後を報告したいとおもいますので、結果が気になった方はぜひ、また訪問してください!

リッドキララ公式サイトはコチラ>>

追記:リッドキララを使って1週間後の変化

★驚き

なななんと、数ヶ月ずっと一重になってしまっていた(元は二重)まぶたが、二重まぶたに戻ったのです!

向かって左側が元一重だったまぶたです。それが久しぶりの二重まぶたに!!!

これ、リッドキララのおかげ!?

あ、でも翌日また一重に戻ったり、また二重になったりと、まだ安定はしていないようです。

でも、本当に数ヶ月ずっと一重だったのが全然戻らなかったのが、リッドキララを使いはじめて1週間で、一時的ではあれ、二重に戻ったのです。

★嬉しい

これ、まぶたのタルミが少し解消してきているっていうことではないでしょうか?
これからがものすごく楽しみです~!!


リッドキララ公式サイトはコチラ>>