ライスパワーの化粧品ってご存知ですか?

お米から抽出されたエキスには多くのパワーがあって、肌の水分量を整えたり、皮脂を整えたりと、いろいろな効能があります。

そんなライスパワー製品はいろいろを愛用させていただいているのですが、新しく米肌ブランドから、ライスパワーNo.7を使った、オイルが発売されるようです。

米肌ブランドの肌潤トリートメントオイル。9月4日に発売になります。

ライスパワー

ライスパワーといえば、ライスパワーNo.11の皮膚の水分保持機能の改善効果の医薬部外品のお化粧品などが多く発売されていますよね。

私もこちらでもレビューしていますが、ライスパワーNo.11のライースリペアを使っています。

ライスパワーNo.11はセラミドを超えた?ライースリペアをレビューした口コミ

他にも、皮脂分泌を抑制する機能の医薬部外品れあるNo.6のライースクリアセラムNo.6なども使っています。

ライースクリアセラムNo.6効果の口コミ!1ヶ月大人のテカリ・毛穴の開きに使ってみた

そんな中、ライスパワーNo.7というのはいったいどんなものなのでしょうか?

ライスパワーNo.7って?

ライスパワーNo.7は肌の皮脂量と水分量をバランスよく整える機能がある成分だそうです。

番号が近いライスパワーNo.6は、皮脂腺そのものに働きかけて、出過ぎる皮脂を抑えることで、肌の毛穴の開きや、ニキビなどを改善してくれる効果があります。

一方ライスパワーNo.7は、角質層に働きかけて肌の油分を整えてくれるので、カサカサ肌をなめらか肌に導いてくれるものです。

医薬部外品ではありませんが、同じライスパワーですのでその働きは期待できると思います。

実は、私このライスパワーNo.7が配合された製品使ったことありました。

それは、こちらアトピスマイルボディローションです。

冬に乾燥肌で痒くてひどいときに、No.11のクリームなどと併用して使って、とても良かったのを思い出しました。

米肌の肌潤トリートメントオイルとは?

肌潤トリートメントオイルは、オイルと美容成分が二層式になった、ブースターです。

洗顔後、化粧水などの前に使用します。

オイル層には、米ぬか油・椿油・ハトムギ油・スクワラン。

美容液層には、ライスパワーNo.7・金時ショウガエキス・ビフィズス菌発酵エキス・大豆発酵エキスなどが配合されています。

写真だとわかりにくいですが、上の4分の1程がオイルで、これを使う直前に混ぜて使うようです。

全成分がまだわからないので詳しい成分はわかりませんが、おそらく界面活性剤などは配合されていないので、都度振ってまぜなければすぐに分離してしまうのでしょうね。

二層にすることで、浸透が早くなり、使った後もさらりとするようです。

ライスパワーNo.7のローションは肌荒れにもとっても良かったので、界面活性剤なども配合されていないこのオイル、肌が敏感になっている時に重宝しそうです。

★嬉しい

肌潤トリートメントオイルは、2018年9月4日に発売です。早く使ってみたいです!

肌潤トリートメントオイル購入しました!

発売後すぐ、肌潤トリートメントオイル購入しました。

購入後のレビューをこちらで書いていますので、よかったらお読みください

米肌の肌潤トリートメントオイルを購入後のレビュー