大人肌用のメディプラスゲルDXって?>>

オールインワンジェルって便利ですが、ちょっと物足りないと思っていませんか?

アラフィフ乾燥肌な私にとっては、正直1個では朝は良くても午後には乾燥してしまいます。

ですでの、オールインワン塗りつつ、クリームや美容液を足すので、結局1本では済まないということがおこるのです。

オールインワン派だけど、1本じゃ足りないとおもっている方に朗報です。

オールインワンの中でもロングセラーであなたもご存知の、メディプラスに、年齢肌向けの超保湿型のメディプラスゲルDXというのがあることを知り、早速購入してみました。

メディプラスの通常版と比較もしてみましたので、年齢肌で乾燥にお悩みのあなた、ぜひお読みになってください!

メディプラスゲルDXは超超超保湿型オールインワンゲル!

メディプラスゲルDXは公式サイトで購入しました。

購入した翌日には到着していましたので、とっても早かったです。

最初の印象は、「おっきい!」でした。

普通、オールインワンゲルって1ヶ月分で100g以下のものが多いのですが、メディプラスゲルDXは、2ヶ月分の大容量で160g入ってます。

お化粧品って普通に使っていると開封後は1年は持つので、大容量でも全然問題ありません。
なので大きいほうがありがたいですよね、ゴミも減りますし。

特に通販って、毎月くるので、毎月出るゴミ(ダンボール)も半分になるのでありがたいです。

ちなみに、メディプラスゲルの通常版も以前使っていたことがありますが、同じサイズの160gでした。

あ、でもここまで大きいと感じませんでした。容器の形状の違いですかね?

メディプラスゲルDXは通常版と違って、大きなフタがついています。

プッシュ式で出しやすい形状ですが、これなら毎回フタをちゃんとできそうです。

通常版もフタはついていますが、形状的に常にフタをつけるような形状ではないので、ポンプ部分は空気に触れている状態のことが多いかと思います。

やはりポンプ部分がむき出しにしていると、それだけ雑菌も入りやすくなりやすいでしょうから、大きいフタのほうが清潔が保てるので、大きくしたのかもしれませんね。

メディプラスゲルDXは下からせり上がってくるエアレスポンプの容器で、最後まで無駄なく使えそうです。

通常版もそうでしたが、メディプラスは容器が使いやすくてとっても好感がもてますね。

毎日使うものだから、使いやすい容器ってありがたいです。

私もいろいろと化粧品を試すことがありますが、結局容器が使いやすいものを使いがちですからw

メディプラスゲルDXもっと詳しく>>

テクスチャをチェック!

メディプラスゲルDXのテクスチャをみてみましょう。

ジェルはジェルなのですが、とっても濃厚です。

白濁していて、なにやら良い成分がたっぷりとはいっている感じがします。

伸ばしてみて、ぱっと見た感じは普通のジェルなのですが、どっしりとしたテクスチャで、濃厚さが少し触っただけでも感じられました。

実際に塗ってみると、伸びはとってもよいですが、ちょっと被膜感があります。

普通のオールインワンジェルとちょっと違う感じの皮膜感です。

通常、ベタベタするオールインワンジェルってもっとぺた~っと張り付く感じの皮膜感があるのです。

それって、おそらくジメチコンとかシクロヘキサンロキサンなどの、合成ポリマー、いわゆるシリコンが入っていることがあるので、そのためです。

ポリマーでジェルをプルプルに仕上げて、肌をツルッと見せる演出をしてくれるので、結構配合されているみたいです。

ですが、メディプラスゲルDXはちょっと違う感じがします。たしかにポリマーは配合されていますが、ちょっと違うんです。

オールインワンジェルによくある張り付くようなベタベタ感ではなく、むっちりとした感触?です。

これはスクワラン、アボカド油、セラミドなどの油性成分が結構多く配合されているからかな、と思います。

★疑い

え~、ベタベタするのいやかも~

と私も最初は思ったのですが、しっかりと使い込むと、これくらいのベタベタ感というかしっかりとしたテクスチャは、年齢肌には必要なんだな、と感じるようになりました。

また、メディプラスゲルDXはオールインワンゲルなので、これ1本で終わります。

1本で済むので後になにかをつける必要はなく、ベタベタのままでもそのまま放置しておけば浸透しちゃうので、意外とベタベタでもOKでした。

あ、でも朝はそういう訳にはいきませんので、使用量は半分のワンプッシュで、しっかりとハンドプレスで浸透させます。(夜は2プッシュ使います。)

半分の量だと、そこまでベタベタ感は感じませんし、浸透も問題ない速さです。

ここまでねっとりだと、ファンデーションが塗った時に、ありがちなモロモロがでないか心配でしたが、私が使う分にはモロモロは出ていません

モロモロの原因と言われていているカルボマーという成分が配合されているので、使う量や乾燥の具合によって出てくる可能性はあることは、記載しておきます。

メディプラスゲルDXの成分をみてみましょう

ちょっとマニアックな内容になるので、面倒と思う方はすっ飛ばしてください。

でも、とにかくメディプラスゲルDXの成分は、年齢肌向けに作られていて、それでいて余計なモノ(添加物やシリコンなどなど)

水、グリセリン、BG、温泉水、ジグリセリン、スクワラン、1,2-ヘキサンジオール、メチルグルセス-10、アボカド油セラミドNG、セラミドAP、セラミドAG、セラミドNP、セラミドEOP、ヒアルロン酸Na、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、加水分解ヒアルロン酸、アセチルヒアルロン酸Na、水溶性コラーゲン、加水分解コラーゲン、水溶性プロテオグリカン、ファラエノプシスシウドングウヒシュケイ花エキス、アラリアエスクレンタエキス、オプンチアフィクスインジカ果実エキス、3-O-エチルアスコルビン酸、クコ果実エキス、マンダリンオレンジ果皮エキス、レモングラス葉/茎エキス、ビワ葉エキス、チャ葉エキス、ユズ果実エキス、レモン果実エキス、ローズマリー花/葉/茎エキス、トウキンセンカ花エキス、ドクダミ花/葉/茎水、ダマスクバラ花水、オウゴン根エキス、ウンシュウミカン果皮エキス、ノイバラ果実エキス、ナツメ果実エキス、カンゾウ根エキス、クズ根エキス、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス、アケビエキス、アロエベラ葉エキス、クロレラエキス、アーチチョーク葉エキス、加水分解シルク、加水分解エラスチン、ユズ種子エキス、ナンバンクサフジ種子エキス、α-グルカンオリゴサッカリドグリシン、タウリン、リシンHCl、アラニン、ヒスチジンHCl、アルギニン、セリン、プロリン、グルタミン酸、トレオニン、バリン、ロイシン、イソロイシン、フェニルアラニン、ホホバ種子油、ツバキ種子油、グリコシルトレハロース、DPG、アラントイン、グリチルリチン酸2K、加水分解水添デンプン、アルカリゲネス産生多糖体、PCA-Na、トレハロース、ラフィノース、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、(エイコサン二酸/テトラデカン二酸)ポリグリセリル-10、PEG/PPG/ポリブチレングリコール-8/5/3グリセリン、ポリ-ε-リシン、プロパンジオール、ペンチレングリコール、カルボマー、水添レシチン、フィトスフィンゴシン、フィトステロールズ、水酸化K、水酸化Na、トコフェロール

ヒト型セラミドをは、とてもお高い成分としてたくさん配合されない場合もあるのですが、メディプラスゲルDXの場合、結構最初の方にセラミド郡があるので、かなりの量が配合されていると思います。

他にも、スクワランやアボカド油などのオイル系も多く配合されているようですので、保湿力高めに設計されているなあ、という印象です。

しかも成分の最初の方に記載されているので、結構多いと思います。

そして、これだけいろいろなエキスが配合されているものだと関心しました。

ありとあらゆるよい成分を、ぎゅっとひとまとめにした感じがします。

話題の保湿成分である水溶性プロテオグリカンも配合されていますね。

グリシン、タウリン、リシンHCl、アラニン、ヒスチジンHCl、アルギニン、セリンなどの各種アミノ酸。

アーチチョーク葉エキスは毛穴を引き締める成分です。

α-グルカンオリゴサッカリドは、美肌菌を育成する成分として最近注目されています。

アラントイン、グリチルリチン酸2Kなどは、消炎効果のある成分なので、肌荒れにも良いでしょう。

他にも、いろいろな植物性のエキスなどがものすごく多く配合されています。

美容液・クリームいろいろ使っても、これだけの美容成分を一回で取ることは難しいとおもいますので、これ1本で本当にいろいろな働きをしてくれそうです。

メディプラスゲルDXもっと詳しく>>

メディプラスゲルの通常版と、+メディプラスゲルDXの違い

メディプラスゲルの通常版と、今回購入した+メディプラスゲルDXの違いが気になったので、比較してみました。

メディプラスゲル通常版 メディプラスゲルDX
容量 160g 160g
通常価格 3996円(税込み) 8640円(税込み)
定期初回価格 2996円(税込み) 4320円(税込み)
使用感 さっぱり 超しっとり
添加物 ノンパラべン・ノンアルコール ノンパラべン・ノンアルコール
対象年齢 20~40代前半 40代~50,60,70代
対象肌質 油性肌~普通肌 乾燥肌

私が以前使用して感じたのが、メディプラスゲルのほうは、ちょっとさっぱりとしていますが、しっかりと潤うということでした。

こちらがメディプラスゲル通常版のテクスチャです。

水分多めで、プルプルです。

伸びもよく、浸透もはやく、ベタベタ感も少ないです。

テクスチャの違いを比較したメーカーさんの動画もあったので貼っておきます。

私が以前通常版を使っていたときは、これ1本でいいかも~、なんて思いましたが、思い起こすとその後に美容液つけていたと思います。

当時はちょっと潤いが1本では足りないと感じていたのでしょうね。
使っていた時期も、寒い冬でしたから。

ですので、メディプラスゲルの通常版は、対象年齢が20~30代、40代前半くらいかなら1本でも大丈夫なのかな、と思います。

成分も比較してみましたが、普通のメディプラスは、メディプラスDXとかなり同じような成分をつかっているのですが、油分が結構後ろのほうにあったので、それだけメディプラスはさっぱりとしている設計なんだということがわかりました。

反対に、メディプラスDXは油分が多いから重め、なんですね。

だからメディプラスゲルDXはがっつり潤いますので、年齢を重ねたお肌で、超乾燥していたとしても、1本で十分なのです。

★嬉しい

メディプラスゲルDXはお値段は通常版よりお高いですが、それだけの価値はあると思います。

あ、メーカーさんのサイトでは、朝は通常版のメディプラスゲルを使って、夜にはメディプラスゲルDXを使うのも良いと書かれていました。

たしかに、朝はちょっとこのベタベタ感があるテクスチャのメディプラスゲルDXが浸透するのに時間がかかると思うので、とってもよい方法だと思います。

メディプラスゲルDXもっと詳しく>>

メディプラスゲルDXをおすすめする人

コスメコンシェルジュの私が、メディプラスゲルDXをおすすめする人はこんな方です。

・とにかく手軽にお手入れできるのがよい
・オールインワンゲル1本だと乾燥する!
・40を過ぎて乾燥がひどくなってきた
・夕方になると口の周りなどが乾燥してくる
・コスパのよい化粧品以外使いたくない!

しかし、その使い心地は、オールインワンジェルの概念を覆すほどの保湿力で、これ1本で年齢肌にも十分潤いを与えてくれます。

これまでオールインワンジェルを使っていた方には、ちょっとこのベタつく感じは不快かもしれませんが、わたしもそうでしたが、しばらくするこれが普通になります。

むしろ、これくらいベタつかないと物足りなくなってきました。

しかも、これ1本で他いらないのですが、本当に楽ちんです。

容器も使いやすいですし、毎日のお手入れがすばやく済むようになります。

メディプラスゲルDXは2ヶ月分たっぷりはいって、定期購入すれば初回は4320円、1ヶ月分として計算すると2160円と、とってもリーズナブルです。

定期購入といっても、縛りはありませんし、肌に合わない場合は返金保証もありますから、ちょっと試してみたいという方にもおすすめです。

メディプラスゲルDXをお得に購入できるサイトはこちら>>