私が愛用するヒアルロン酸の針でできたマイクロニードルパッチの、ヒアロディープパッチの姉妹品、ミケンディープパッチが7月9日に発売されるそうです!

気になっていた眉間にマイクロニードルを刺して、ケア成分が直接角質層内に届けられる、画期的な商品です。

これは眉間が気になっているみなさんに朗報です!

追記:2019年7月16日

予約注文していたミケンディープパッチが到着しましたので、下記記事で最速口コミレビューしています

ミケンディープパッチの最速口コミ!気になる眉間に実際に使ってみた

ミケンディープパッチってどんな商品?

この図の通り、眉間の気になる部分に適した形のマイクロニードルパッチがミケンディープパッチです。

これまでのマイクロニードルパッチって、細長い湾曲したものばかりで、眉間には貼りにくい形になっていました。

ミケンディープパッチの姉妹品のヒアロディープパッチも、細長い形なので、目の下や口元などには貼り付けやすいのですが、実際貼ってみると、ちょうど気になる部分に届かないですし、長いので必要ない部分が多いのですよね。

こんな感じです。(こちらはヒアロディープパッチとは違うマイクロニードルパッチです)

真ん中に貼り付けると、気になる箇所にちょっと届かないですし、上下が必要ない場所になるのでもったいないですよね。

切って使えばいいのかもしれませんが、そうなると粘着力弱くなりそうですし、あまりよくないと思います。

しかし、ミケンディープパッチは三角形の形をしているので、自分の眉間の気になる線に合わせてつかえます。

私はハの字に線がはいっているので、上の絵とは逆に貼り付けたほうがよさそうです。

マイクロニードルパッチのしくみ

ヒアルロン酸って、もともと私達の肌の真皮層にある成分で、コラーゲンやエラスチンと一緒に肌の弾力を保ってくれている、大切なものです。

そのため、肌に塗る化粧品の多くにヒアルロン酸は配合されているのです。

わずか1グラムで6リットルもの水分を抱え込むチカラがあり、その保水力は抜群です。

しかし、ヒアルロン酸は分子が大きいため肌に塗っても表面を潤すだけで、残念ながら真皮層にまで届いてはくれません。

しかし、マイクロニードルは違います。

ミケンディープパッチなどのマイクロニードルパッチの仕組みはこうです。

ヒアルロン酸でできた極細かい無数の貼りが、肌に直接刺さり、肌の水分にヒアルロン酸が溶け出し、角質層内に広がっていって、肌がふっくらとしてくるのです。

表面でとどまっていたヒアルロン酸が角質層内に直接入り込めるので、ふっくらと柔らかに、肌がおしあげられ、気になるところも、気にならなくなるのです。

ミケンディープパッチは眉間専用

目元口元用のマイクロニードルって、ヒアルロン酸Naが100%のものが多いのですが、このミケンディープパッチは、ヒアルロン酸以外にも眉間の気になる部分に欲しいケア成分が配合されています。

アルジルリンとペンタペプチド-18は、肌にハリを与えてくれる成分で、塗るボトックスとして、この成分をメインとした美容液やクリームも販売されているようです。

さらにエイジングケア成分として注目の、FGFも配合されていますので、さらに期待できますよね。

ミケンディープパッチを使ってみたらどうなる

まだ発売されていませんので、使ってみた感想はかけませんが、おそらく、ヒアロディープパッチを使ったときのような、翌朝の実感力はすごいと思います。

私はヒアロディープパッチを愛用しているのですが、使った翌朝は肌がぐぐっと奥の方から押し上げられ、それでいてふっくらとしてくれます。

ヒアロディープパッチをほうれい線とゴルゴラインに使った※検証画像あり

一度口元の片方だけを試してみたことがあるのですが、貼ったほうの頬だけがひっぱられるような感覚さえありました。

おかげで、気になる口元のサインもすごくいい感じになってくれていて、肌のふっくらしているので化粧ノリもいいです。

化粧直しの時にいつもは気になる、ファンデのスジも気にならなくなります。

そんなことが、眉間の気になるところにも起こるはずです!

ミケンディープパッチ手に入れる方法

ミケンディープパッチは現在予約受付中で、発売日以降、予約した順番に発送してくれるみたいです。

お値段は定価は4422円(税別)です。

ですが、お試し定期コースというものがあり、それだと10%オフの3980円(税別)となり、ちょっとお得に購入できます。

姉妹品のヒアロディープパッチは人気が出すぎて、現在注文から2~3ヶ月待ち状態だそうですが、ミケンディープパッチは今注文すれば発売日に間に合いそうです。

★嬉しい

もちろん私も予約注文しました!届くの楽しみ~

https://www.mikendeep.com