マイナチュレシャンプーで抜け毛・育毛ケア>>

40代50代のあなた、髪の毛にこんなお悩みありませんか?

  • 抜け毛が気になる!
  • 頭頂部が寂しい
  • 分け目が目立ってきた
  • 髪の毛が細くなってコシがなくなってきた
  • 髪型がきまらない!

私も最近は抜け毛はひどいし、量は少なくなって、頭頂部が激しく寂しくなってきました。

おかげで若い頃はドラッグストアのシャンプーをつかっていてトラブルもなく過ごせていたのですが、シャンプーも気をつけるようになりました。

そんな私が今回お試しさせてもらったのは、育毛剤でよく知られるマイナチュレのスカルプケアシャンプーとコンディショナーです。

自然派のシャンプーとコンディショナーの実力や如何に、早速試してみました。

マイナチュレのスカルプシャンプーのレビュー

とてもかわいいプラスチック容器で、なんとこれ、お醤油なんかで一般的になっている二重構造の容器です。

空気にふれにくく酸化しにくいのでお醤油などの容器につかわれているのですが、シャンプーに使われているのは始めてです。(オールインワンジェルでつかわれているものは一つ見たことがあります)

最初見たときは、これオイルかなにか?と思いましたよ。

内容量は200mlとちょっと少なめの容量です。

手のひらサイズで、お風呂場で邪魔になりませんし、なによりとってもかわいいのでお風呂場が明るくなってよいですね。

キャップを開けるとまさにお醤油やオイルみたいな・・・

ま、出しやすいので問題ないですがw

中身をだしてみました。

透明で粘度は低めの液体です。

香りはラベンダー?なハーブ系の香りがします。

マイナチュレ スカルプ&ヘア コンディショナーのレビュー

同じ容器で、色違いです。

色が違うのでお風呂場でも違いがわかりやすくって良いですね。

中身はというと、白い一般的なコンディショナーです。

若干硬めのテクスチャで、ちょっと容器から出しにくかったです。

私が非力すぎなのかもしれませんが、結構チカラいりました。

香りはシャンプーと同じでラベンダーっぽいハーブな香りです。

マイナチュレシャンプー&コンディショナーつかってみた感想

最初使って見たときは、いつもつかっているオーガニックシャンプーと同じくらいの量で洗ってみました。

ちょっと量多めです。

というのも、アミノ酸系のシャンプーって泡立ちがあまり良くないものが多いからです。

このマイナチュレもアミノ酸系のシャンプーですので、いつもどおりの量を手にとったのです。

すると、ものすごい量の泡が立ちました。

これはもうちょっと少なめの量でも大丈夫かも、、と思いましたよ。

でも泡切れはとってもよく、それでいて全然キシキシしません。

オーガニック系のシャンプーって洗い流しのときにかなりキシキシする感じがするものが多いですが、マイナチュレはシリコン入りのシャンプーみたいに洗い上げることができました

コンディショナーは、スカルプと名前についてはいますが、毛先につけるようにして使いました。

後で説明しますが、成分的にそのほうがよいとおもったので・・・。

コンディショナーも、少量でも伸びがよく、少しおいてから洗い流すとしっとりはしますが、シリコンが入っているコンディショナーのような、スルッとする感じはありません。

しっとりですが、悪く言えば少しもったりした感じで仕上がりました。

香りですが、最初にシャンプー、コンディショナーを匂ってみた時と、洗い上がりの香りがちょっと違った感じがしました。

ちょっと加齢臭っぽい香り?がして、まだ洗い足りてないのかしら?と思っちゃいました。

あ、でもこれ乾かすと、とっても良い香りになるので安心してください。

とっても不思議な感じでした。

翌日、翌々日の髪の毛の変化

マイナチュレのシャンプーとコンディショナーで髪の毛を洗った翌日、香りがさらによくなっていてびっくりしました。

朝起きて、ふわっと香ってくる自分の香りが今まで嗅いだことのないよい香りで、ちょっとテンション上がりました。

他にもシャンプーいっぱいあるので、お試しが終わったら娘にあげようとおもっていましたが、この香り大好きなので、自分で最後まで使うこと決定です。

更に翌日(シャンプーから2日後)ですが、1日目と全く変わらず髪の毛はふわふわで、嫌な加齢臭っぽい油くさい匂いもほとんどしません。

2日目なのにまだ自分から香ってくる香りが新鮮で、テンション上がります~。

毎日シャンプーすると地肌にも髪の毛にも負担がかかるので、シャンプーが2日に1回で済むのは、とっても良いと思います。

抜け毛もそれだけ減りそうだし。

マイナチュレのシャンプーとコンディショナーの成分

成分マニアなので、成分はちゃんとチェックしましたよ。

まずシャンプーから

マイナチュレのスカルプシャンプーの成分

シャンプーの一番重要な成分は界面活性剤です。

最初の方に書かれている成分の下記のものがそうです。

ひとつひとつ特徴をみてみましょう。

  • コカミドプロピルベタイン
    結構強い洗浄力のある両性界面活性剤で、キメの細かい泡を作ることがでるのが特徴。
    天然由来の成分で、安全性も高いので赤ちゃん用の石鹸などにも用いられる成分。
  • ラウロイルメチルアラニンNa
    アミノ酸系の界面活性剤。適度な洗浄力で安全性も高い。
  • コカミドDEA
    アミノ酸系の界面活性剤。泡立ちを良くするために配合されることの多い成分。一部発がん性を心配する記事などもありますが、それはこの成分を飲料した場合のことで、洗い流す分には問題なく仕様できる。
  • ラウロイル加水分解シルクNa 
    加水分解シルクとラウリン酸との縮合物の界面活性剤。トリートメント性があるが、陽イオンの界面活性剤ながら洗浄剤は弱め。非常に高価な成分。

どれも安全性も高く、安心できる成分でできていることがわかります。

コカミドプロピルベタインがメインで一番多く配合されていますので、そこそこの洗浄力があるとわかります。

でも、コカミドプロピルベタインは正確に言えばアミノ酸系の成分ではありませんので、マイナチュレはすべてアミノ酸系の界面活性剤で作られているわけではありません。

サロンで使われるような高級シャンプーに用いられる成分で、アミノ酸系と同等の洗浄力や安全性を持っています。

他にいろいろとオーガニックの植物エキスも配合されています。

さらに、このシャンプーは医薬部外品で、地肌の炎症を沈めてくれるアラントインも配合されているので、抜け毛が気になる私達世代にぴったりなのです。

マイナチュレ スカルプ&ヘア コンディショナーの成分

コンディショナーの方の成分もちょっとみてみましょう。

水溶性分や保湿成分などのベース成分がは良いのですが、気になるのはステアルトリモニウムブロミドとジステアリルジモニウムクロリドと2種類のカチオン界面活性剤が配合されています。

最近ノンカチオンなるワードがテレビCMでもでてきていますが、このカチオン界面活性剤というのは毒性があるので、ちょっと気をつけなければならない成分なんです。

コンディショナーとして少量使って、きちんと洗い流せば安全性に問題はありませんが、地肌についてしまうと、なかなか洗い流しても落ちないのです。

ですので、このマイナチュレ スカルプ&ヘア コンディショナーはスカルプケア用ですが、地肌に直接塗ることはあまりおすすめできません。

普通のコンディショナーと同じように、毛先だけにつけて十分洗い流すことをおすすめします。

ここを気をつければ、洗い上がりはしっとりですし、指通りもなめらかなので問題ありませんよ。

まとめ

マイナチュレのスカルプシャンプーとコンディショナーはお値段ちょっとお高めです。

セットだと、定価は6720円となり、容量もシャンプーは200ml、コンディショナーは180gと小さいので、高いなあというのが印象です。

ですが、定期購入すれば、23%引きで送料も無料の5768円とお安くなります。

私が使った感じでは、すごく少量でもかなり泡立ちがよく、これ1本で2ヶ月は十分いけそうです。

私はショートですし、2日に1回のシャンプーでも全然問題ないので、さらにもっと長持ちしそうです。

そうなると、1ヶ月あたりが2000円以下と、全然リーズナブルです。

長い目で考えると、スカルプケアもできるので、全然ありですよね。

抜け毛、薄毛にお悩みのあなた、マイナチュレのスカルプシャンプーとコンディショナーでスカルプケア初めてみてください!!

マイナチュレシャンプーで抜け毛・育毛ケア>>