【ホワイトショットLX&MX】

ポーラのホワイトショットシリーズから、新しく化粧水のホワイトショット LXと、乳液のホワイトショットMXが発売されます。

これから夏本番、紫外線対策が本番になってきて、どうしても美白化粧品が気になる季節です。

そんな中、医薬部外品として10年ぶりに承認の美白成分が配合されたとなると、美白に本気で取り組みたい方はかなり気になっているはずです。

かくいう私もすごく気になっていました。

で、、発売前のホワイトショット LX&MXをポーラのお店で試してみたので、レビューしたいと思います。

ホワイトショット LX&MXはいったいどんなものか!?

これまでホワイトショットシリーズは、ホワイトショットSXSという美容液クリームを中心に、RXSの液状の美容液、マスク、クリームなどが発売されていました。

でもこれまで化粧水と乳液はなかったのですよね。

なので、これまでは他の化粧水や乳液を使って、美容液やクリームはホワイトショットという方が多かったと思います。

私も、化粧水や美容液は他のものを使いながら、ホワイトショットSXSを気になるところにつける、ということをしていまし。


こちら私も毎日使っているホワイトショットSXS

でも今回、満を持してというか、やっと同じシリーズで化粧品にはかかせない化粧水と乳液が発売され、ライン使いができるようになったのです。

そしてこちらがホワイトショットLXです。

まだ本品はお店に到着していなかったのですが、中身だけは試させてもらえました。

ホワイトショット LXはすこし白濁した化粧水です。

少しだけとろりとしていますが、ベタベタするようなとろみではなく、すっとはいっていくシャバシャバ系に近い白濁化粧水です。

香りは無香料で、使いやすいし、これは夏にピッタリの化粧水だとおもいました。

そして、乳液のホワイトショットMXです。

さっぱり系のジェル状の乳液で、油分少なめ、ベタベタしない感じです。

すっと肌に馴染むタイプで、こちらも浸透も早く、夏の肌にぴったりだと感じました。

ホワイトショットLXもMXも、とってもさっぱりとして、香りもないので、日常使いにとっても使いやすいと思います。

全成分はまだ未確認ですが、アレルギーテストずみということですので、みなさん安心して使えそうです。

実は私は敏感乾燥肌ですが、ピリピリすることもなく使えました。

ホワイトショットLXとMXの新成分、PCEーDP(ピース ディーピー)って?

これまで美白成分というと、メラニンの生成を抑えたり、メラニンを活性化するのを抑えることでシミを予防するものでした。

例えば、ハイドロキノンは漂白剤なんて異名もあるほどの美白成分ですが、その働きはシミの元、メラニン合成酵素であるチロシナーゼの活性を阻害し、新しいメラニンの生成を抑える働きがあります。

ところが今回厚生労働省で認められた新しいPCEーDP(ピース ディーピー)という美白成分は、なにやら他とは全く違うアプローチでシミを抑えるらしいのです。

PCEーDP(ピース ディーピー)は、表皮細胞そのものを強くして、メラニンに守ってもらわなくても済むようにする、というのがその働きなんだそうです。

表皮細胞が強くなれば、メラニンが働く必要もなくなり、シミができなにくくなるかも?ということだそうです。

 

肌は実はメラニンに守られている?

メラニンってとっても悪いもののイメージなんですが、実は私達の肌を守ってくれている、肌には本来必要なものなのです。

私達の肌は、表皮、真皮、そして皮下組織で構成されています。

一番外側の皮膚、表皮はわずか平均0.2mmとすごく薄いのですが、それは外部からの異物の侵入や体の水分の蒸散を防ぐバリアとして働いています。

その一番したに基底層というそしきがあり、そこで皮膚は作られていて、そこのメラニンの元となるメラノサイトという組織があります。

紫外線を浴びると、基底層の下を守るために、黒い色の色素、メラニンを作り出します。

黒い色は光を吸収しますので、メラニンは体に害を及ぼす紫外線を吸収し、体の内部に侵入させないようにしてくれているのです。

肌が直接紫外線を浴びてしまうと、肌への悪影響ばかりか、皮膚がんの原因となってしまう可能性もあるのです。

白色人種よりも肌の黒人種のほうが皮膚がんの発生が少ないのはそのためです。

 

新しい成分って大丈夫??

肌本来、細胞自体を強くしてシミを抑えるという新発想は、実はすでにポーラさんは10年前くらいには確率していた技術だそうです。

ところが、その間に白斑問題の事件があり、新しいシミの承認はされていませんでした。

そう、あの事件の記憶がある私達にとって、新しい美白成分って大丈夫?ってちょっとおもいました。

そこはお役所も一緒だったのでしょうね。

ですが、そもそもこのPCEーDP(ピース ディーピー)は、細胞自体を強くするもので、メラニン生成には働きかけをしていません

ということは、白斑のようなことはおこらないのではないでしょうか?

また、ポーラさんは10年もの間この成分を温めていたということは、その間も医薬部外品の承認を受けるために、様々な実験や臨床を繰り返してきたとはずです。

だからこそ、この新しい成分は安心して使えるのではないかと思います。もちろん、これはこれはあくまでも私個人の意見ではありますが。

ホワイトショットLXとMXのまとめ

ホワイトショットLXは150ml、約3ヶ月分で11000円、そしてホワイトショット MXも78g、約3ヶ月分で11000円です。

一つあたりの量が多いので高額に感じますが、1ヶ月で換算すると4000円以下です。

そこまで高額な化粧品ではないと思います。

ここにホワイトショットSXSやRXSを追加すると、かなりのお値段にはなってしまいますが、すべてライン使いする必要はなく、自分に必要だと思うものを選択して、今お持ちのお化粧品と併用するとよいと思います。

おそらく私は、ホワイトショットLXと、今手持ちのSXSだけ使って、ほかはこれまでつかっている美容液やクリームを使おうとおもっています。

もしあなたも、本気の美白対策をお考えであれば、このホワイトショットLX、MX、SXSと一緒に試してみてはいかがでしょうか?

購入は、ポーラのお店かポーラの公式サイトで

ホワイトショットLX&MXがネットでも購入できます>>

01素

他のホワイトショットレビューです

ポーラホワイトショットSXSとCXSの使い分け*シミへの効果の違いを検証