本格派家庭用脱毛器トリア4Xって?

  • 手やヒゲの見えるところだけ気になるので自分で脱毛したい!
  • 足や腕はサロンでサロンでやったけどVIOは恥ずかしい・・・
  • クリニックやサロンはお高いので脱毛は自分でやりたい

みなさんムダ毛の処理ってどうしていますか?

実は私、15年くらい前にサロンで光脱毛をして、ムダ毛の問題って無関係だったのです。

しかし、最近になって再びヒゲと一部のムダ毛生えてきたのです!

これまでヒゲもムダ毛とは無縁の生活だったのに、急にまた毛が気になってきて、どうにかしなくては、と今度は家庭でできる脱毛を選びました。

そんな私が選んだのは、家庭用のレーザー脱毛器のトリア4Xでした。

 

なぜそんな昔にサロンで脱毛することになったのか?

かれこれ15年位前になります。2000年くらいからフラッシュ脱毛という脱毛方法がこの世の中に出回ったそうですので、まだあまり皆さんに知られていない時に私は出会ったんです。(年齢がアレですからww)

ご存知かもしれませんが、フラッシュ脱毛のIPLの光はエステにも利用されるもので、私はそちらのお試しエステを受けに、心斎橋のエステサロンを訪れたのです。(私は大阪在住です)

たしか、「最新の光エステで毛穴が目立たなくなります!」みたいな広告に惹かれて、お試し1万円のエステを受けに行ったのです。
当時も今も、顔の毛穴に悩んでいるんですよ・・・

そこで、担当のお姉さんに、「お客様~、このIPLの光は、エステにもよいのですが、実は、脱毛の効果もあるんですよ~~。」と囁かれたのです。

毛穴も気になりますが、顔の毛、特にヒゲはすごく気になっていたので、「毛穴もキレイになって、気になる顔毛も無くなっちゃうなんて、画期的!」と思ってしまい、お姉さんの言葉巧みなセールストークにすっかり乗せられて、その日のうちに、ワンクール、6回分の契約をしてしまったんです。

たしか、当時はまだまだすごくIPLは高価で、1箇所10万以上していました。

そこで、数回通ううちに、「お客様~、ただいまキャンペーンで、4箇所以上ご契約いただくと、一箇所タダになるんですよ~!」なんてうまいことのせられ、結局、ワキ、両腕、両足、そして無料で手の甲を契約してしまいました。(当時VIOはまだまだまだ一般的でなかったので、やりませんでした)

先に契約した額をいれたら100万円近く、、当時は本当にまだまだ高かったのです。

カードローンを組んで、サロン通いは1年弱で終わりましたが、支払いは2年以上かかりました。

で、全身脱毛はできたのか?

今より出力が高かったのでしょうね。7~8回くらいでかなりキレイに脱毛はできました。
今はサロン脱毛は10~20回くら通わなければいけないみたいですね。

ただ、ワキは最後まで数本残っていたので、お姉さんからもっと続けるようにセールスされましたが、もうこれ以上お金を使いたくなかったので、頑張ってお断りしました。

そして、数年間はワキ以外はなんの問題もなく、ツルツルの状態が続いたのです。

カミソリが必要な毎日はとっても楽で、肌もキレイでいられるので、本当に良かったと思っていました。

友達にも、「脱毛は良いわよ~!ずっとカミソリいらないんだから!!」と、光脱毛のことをススメまくっていました。

でも10年が経過して・・・
数年前のことです。

洗顔後、顔のお手入をしていると、なにやら口のまわりが黒っぽいのです。

で、よく目を凝らして見ると、無いはずのヒゲがはえていたのです!!

「え~~!!ヒゲ、なんで生えてるの!??」

永久脱毛しているのに、ヒゲが生えてくるなんて、あ・り・え・な・い!!

光脱毛後再び生えてきたひげ

そんなはずはない、と二度見、三度見しましたが、やっぱり生えてきているんです。特に広角の辺りに。

そこで、もしや他も、、、と思って、腕や足をよ~く見ると、ところどころ生えて来ているのです。
手、足、残っていたワキの毛も1~2本が数本にまで・・・・

光・フラッシュは永久脱毛ではないと始めて気が付きました
まだ足や手は目立つくらい生えているわけではないのですが、最初にやり始めた一番回数も多く、時間もお金もかけた、顔のヒゲが生えてくるなんて、本当にショックでした。

それから数年、だんだんと生える箇所が増えてきて、今はヒゲだけでなく、頬なんかも、定期的に剃らいと化粧ノリが悪くなるくらい生え揃ってきました。

そこで、なぜなのか気になってネットでいろいろ調べてみたんです。

エステの光脱毛は永久じゃない

すると、IPL脱毛は永久脱毛ではないと、書かれてあったんです。

当時は、今の薬事法なんて関係なかったのか、お姉さんは完全に「永久脱毛」だと言っていたと思います。

ですので、私は永久脱毛したんだと思い込んでいました。もう一生ムダ毛は生えてこないんだと。

むちゃくちゃショックでした。

何十万もかけて脱毛したのに、永久脱毛じゃなかったなんて・・・
そして、私のムダ毛は、再び生えてくるべくして生えてきたんだと。

10年ちょっとしか経っていないのに。。。
しかも、もしかしたらこれからまたもっと生えてくるかも!?

なんだか騙された気分でした。

永久脱毛と呼べるのは、今はレーザー脱毛しかない、ということをこの時始めて知りました。

実はやり残した箇所もありました
IPL脱毛があまりにも高額だった為に、実はやり残した箇所がいくつかありました。

当時は一般的でなかったVIO、そして足の指と足の甲です。

足の指と甲の毛はほんの一部で、今ではサロンのページを見ると必ず脱毛箇所の一部として書かれていますが、当時はわざわざお金払ってまでするような箇所ではありませんでした。

だって、当時一箇所10万円もするんですもの、足の指、しかも私の場合親指にしか毛は生えていないので、そこだけに10万はありえませんでした。

サロンのIPL脱毛はもうありえない

一度無くなってしまったムダ毛が再び生えると、すごく気になるものです。

顔を剃ったり、足を剃ったりする習慣が10年以上なかったものだから、ついつい忘れて、生え放題になって、女性として恥ずかしい状態で人にあったりすることがあり、これではいかん!と思い、新たに脱毛をすることにしたんです。

でも、いくら安くなったからって、もうわたしにとってサロン脱毛はありえませんでした。だって光脱毛は永久ではないし、お姉さん達の勧誘も怖いし、なにより通うのがとっても面倒なんですもん。

かといって、永久脱毛であるレーザー脱毛を医療機関で受けるにはちょっとハードルが高いと思ったのです。

再び生えてきたとはいいつつ、全くなにもしていない状態ではないですし、安くはなったとはいえ、まだまだお高いクリニックの脱毛。

それに、なさけないですが、なんだか怖いんです、病院って響きだけで。

家庭用脱毛器を探し始めた

そこで、自宅でできる家庭用脱毛器を探してみることにしたんです。

ネットでは多くの人がフラッシュ脱毛器をすすめていましたし、実際楽天とかでも一番売れているのはフラッシュでした。
カートリッジがあって、ピカっとひからせる、サロンと同じ感じの脱毛器なんですね。

でも、所詮フラッシュなんですよね。

私がサロンで受けたのはきっと、かなりパワーが高いものだったのだと思いますが、それよりもパワーの劣る家庭用フラッシュ脱毛を改めて使う気持ちにはなりませんでした。
だって、どうせきっとまた生えてくるんですよ。フラッシュは永久脱毛じゃないんだから。

やるならやっぱり、今度こそは間違いなくキレイに脱毛がしたい、と思って調べてみると、あったんですよ。

家庭用なのに、レーザーの脱毛器があった!

いろいろネットで調べているうちに、家庭用なのに、レーザーの脱毛器がことをみつけまたんです。

それが、この家庭用レーザー脱毛器トリアです。

たしか、レーザー脱毛は医療機関でしかうけられない施術ですよね?

でも、なんでそんなものが脱毛器として売られているのか?

それは、医療用のレーザーの脱毛器よりも出力を下げているから、そして、トリア4Xは「自分で行うから」なんです。

レーザーを人に当てるということは、医療行為にあたるの、医師法の縛りで医師免許をもっている人、もしくはその人の管理下の元での施術以外は禁止されているということなのです。
しかし、医療行為でも自分で自分にする分にはOKというのがルールです。

トリア4Xは家庭用のレーザー脱毛器なので、自分が自分にするものなのでOKで、トリア4Xを人に使ってお金をもらったり、自宅サロンでつかっては、違法行為でダメということになります。(トリアを貸して上げて、その人が自分で脱毛を行うのは問題ありません)

ただ、日本ではレーザー脱毛も永久脱毛とは残念ながら言われていません。
なぜなら、日本では永久脱毛の定義を「脱毛してから50年以上毛が生えてこない」場合にのみ、永久脱毛とされているため、まだまだ50年も歴史のないレーザー脱毛は永久脱毛と言えないのです。

ですが、もうすこし定義が簡単なアメリカではレーザー脱毛は永久脱毛と言われていて、実際、このトリアの箱には日本製には法律の縛りから「PERSISTENT」永続的という表現で書かれていますが、アメリカ製のトリアの箱には「PERMANENT」永久的と書かれています。

実際箱を見てみると、

日本製のトリアの箱には「PERSISTENT」永続的と書かれていますが、、

海外製のトリアには「PERMANENT」永久的と書かれていました。

自分でできて効果を実感できるレーザー脱毛器。トリア>>

なんでトリア4Xなの?

2回目の脱毛です。今回はもう絶対に二度とムダ毛が生えてきて欲しくありません。
なので、脱毛器選びは慎重に行いました。

私がトリア4Xを選んだ理由はこんな感じでした。

トリア4Xはレーザーだから

光脱毛が永久でないということは、私自身がよく知っているので、こんどこそは二度とムダ毛が生えて来てほしくないのでレーザーを選んだのです。

いろいろネットや量販店で見て回りましたが、やはり日本で買えるレーザー脱毛器はこのトリアだけでした。というのも、トリア4Xのレーザー脱毛技術は特許を取っているので、他の脱毛器メーカーはマネをしてはいけないのです。

他にもいろいろ脱毛器ってありますが、ほとんどが光脱毛器か、サーミコン脱毛器という熱源で除毛をするタイプのものなんです。

短期間で効果がでるから

これはレーザーだからこそですが、トリア4Xは他のフラッシュ脱毛器とはパワーが違います

なので、メーカーの方に確認したところ、2回め以降にはかなり毛が少なくなって、だいたい5~6回でもうやらなくてよい状態になるそうです。

フラッシュ脱毛器の口コミをみていると、10回とか20回とか気が遠くなりそうな回数をみなさんやられているようで、ズボラな私は絶対途中で面倒になりやめてしまうそうな回数必要なようでした。

安心だから

トリア4Xはアメリカのメーカーが開発した商品で、元々は医療用のダイオード技術を開発した人たちが家庭用の脱毛器を作ろうということで作った会社のものなんです。

そしてトリア4XはアメリカのFDAの認可を受けています

FDAとは、アメリカの厚生省のようなところで、医薬品や医療機器など、ヒトが口にするものや肌に触れるものを管轄する機関です。

私は以前貿易関係のお仕事をしていて、FDAの認可を取るってことがいかに難しいのか知っていたので、この認可をうけているってことは、すごい機械なんだすぐ理解できたのです。

FDAを認可をとるためには莫大な書類、様々な臨床実験などを経ないと認可は取れない為、よく日本から健康食品や器具を輸出したいメーカーさんから問い合わせがありましたが、そのものがFDA認可が必要だと聞くとみなさん諦めたものでした。

FDAの認可を取るためには、永久脱毛器としての結果、そしてヒトが使って安全だということが証明されているという証拠ですので、トリア4Xは効果もあり、かつ安全な機械だということです。

もちろんトリアは、日本でも唯一、厚生労働省に認められた、家庭用レーザー脱毛器なんです。

保証が充実しているから

トリアは使用後30日以内であれば返金保証ありますし、2年間もの製品保証が付いていますので、安心して試すことができます。

お値段が手頃

トリアは値段がリーズナブルなのも魅力的でした。

54800円とそれだけでも、私が受けたIPL脱毛の1箇所分の値段よりもお安いですし、しかもキャンペーンを頻繁におこなっているようなので、1万円引きの44800円で買えることもあります。

トリアは充電式なので、カートリッジの交換や電池も必要ないのも魅力でした。

以上のポイントから、レーザー脱毛器のトリア4Xの一択しかないと思ったわけです。

自分でできて効果を実感できるレーザー脱毛器。トリア>>

実際にトリア4Xをつかってみました

こちらが私が持っているトリア4Xです。

少し前のものですので、今は販売されていないピンク色の本体ですが、中身は現在のものと変わりません。

本体の下にACアダブターや取り扱い説明書がはいっているのですが、取りやすいようにココに取っ手のヒモがついていました。ちゃんとしてますね~。

箱にはいっているのはいたってシンプルで、本体と取り扱い説明書とクイックスタートガイド、そしてACアダブターのみです。

カートリッジとか余計なものがはいっていませんので、本体とアダブターだけを保管すればいいので場所も取りません。

取り扱い説明書とか読むのニガテ、、とかいう人も大丈夫。クイックスタートガイドさえ見れば、使い方はいたってシンプルですので、すぐに使えます。

自分でできて効果を実感できるレーザー脱毛器。トリア>>

トリア4x 使ってみた!

トリアは充電して使用する脱毛器ですので、まずは充電が必要です。2時間程度でフル充電できます。

こんな感じで電気を受電している時はバッテリーマークが動きます。

2時間くらいて充電が完了しました。

クイックスタートガイドもちらっとみただけで、いきなり使い始めましたが、ボタンはここだけですので、ここを押すんだな、とすぐにわかります

プチッと押すとコントロールパネルのLEDが光ります。
で、ボタンを押すと照射レベルが変わります。
終了する時は、このボタンを長押しするだけです。

ボタンはココだけ?とお思いかもしれませんが、トリアは肌に当てると自動的に、この白いところにあるセンサーが反応して自動的に照射されます。

ほどよい感じで肌に当たるとこんな感じでピカっとレーザーが発射されます。

レーザーがピカっとなるからって、眩しくはありませんし、特にメガネとかする必要もないそうです。メーカーさんに伺ったところ、トリアのこの照射部分にはサファイアガラスという、目に入る光を遮断する特殊なものが使われていて、直接目に当てない限り、この光を見ても問題ないそうです。

サロンでIPL脱毛した時、ウルトラマンのようなメガネかけましたよ。それに他の家庭用のフラッシュ脱毛器の幾つかはサングラスしながらいけないものもあるようですね。

でも、トリアならそんなもの必要ありませんから、照射箇所がよく見えて失敗とか少なくなりそうですね。

照射して次に照射するまでの時間は1秒に1回ですので、ほぼ連続して照射できる感じです。

口まわりだと、あっという間に終わってしまいます。

自分でできて効果を実感できるレーザー脱毛器。トリア>>

トリアは痛いの??

いろいろな口コミをネットでみていると、かなり痛いということでしたが、サロン脱毛経験者の私からすると、これくらいなら問題ないレベルでした。

最初はレベル1で恐る恐るやってみましたが、なにも感じなかったので、3にしてみると温かみを感じました。
5にすると流石にチクっという傷みが走る箇所もあるので、始めはレベル3からやりました。

ただし、VIOはさすがにレベル3は無理で、最初は2から始めました。それでも痛いので、片手に保冷剤持ちながらボチボチやりましたよ。

特に痛い箇所もありました。元々毛が黒いところや肌の薄い、骨に近い場所、それからワキにできていたイボです。

しかし、いずれも痛いから効果ある、と思ったら耐えられるレベルでした。

ただ、痛みの感じ方って本当に個人差があるので、こればかりは気をつけて欲しいです。

いろいろな箇所を試して、トリアの使い心地を見てみました
10年後に生えてきたヒゲ、やり残したワキ、そしてやってなかった足の指と甲の毛を、トリア4Xで脱毛体験しましたので、レポします。

この3箇所行って、合計30分もかかりませんでした。

さらに、思い切ってビキニライン(VIO)も始めました(VIO脱毛に関してはまた別の記事にしたいと思います)

効果のほど

だいたい2週間に1回の脱毛をしました。

足の指や甲のムダ毛は、3回程度でほぼ見えなくなり、5回もしたらなくなってしまいました。

気になるヒゲですが、現在5回やりましたが、まだ口周りや鼻の下辺りは、少し残っています。

あと数回すれば無くなりそうですが、まだちょっとかかりそうです。

さすがにここは何年もヒゲを剃り続けた結果、剛毛が生えてきているようで、手強いです。

あと、年を取って女性ホルモンが減って、男性ホルモン優位になってきているせいもあるかとは思います。

でも、トリアは男性のヒゲだって脱毛できるようですので、完全になくなるまで、あとちょっと根気よくがんばってみようと思います。

自分でできて効果を実感できるレーザー脱毛器。トリア>>

トリアのよいポイントをまとめました

トリアの良い点

レーザーだから!

やっぱり脱毛はレーザーしかありません。
連続して使える
1秒に1回の照射ができますので、ほぼ連続して使えますので、いちいち待つ必要がなく、ストレスなく照射できます。

脱毛効果が早く実感できる

ヒゲなど濃い場所以外は、2~3ヶ月目にはほぼ脱毛は完了できます。

安心

レーザー技術は特許を受けていますし、アメリカでは厳しい審査で知られているFDAで家庭用脱毛器として唯一認証を受けた製品です。
日本製じゃないから不安だという声もあるみたいですが、美容医療先進国アメリカの製品だからこそ安全性が高いと私は思います。

お値段が手頃

5万円前後の値段は私が受けたサロン脱毛の10分の1以下の価格。それで好きな時に好きなだけ使えるというのはすごくお得です。

返金保証がある

30日以内なら返金保証があるので、万が一、痛すぎて無理!となってもお金が戻ってきます。
2年間の製品保証
なにかトラブルがあっても保証してくれるので大丈夫!(バッテリー切れは残念ながら対象ではありません)

自分でできて効果を実感できるレーザー脱毛器。トリア>>

トリアのマイナスポイント

トリアを選んでとっても満足していますが、正直にマイナスポイントもお伝えしておかないと、と思います。

トリアのイマイチポイント

やっぱり結構痛い!

先程も書きましたが、痛いところは痛いです。
でも、だからこそ効果があるのだと思います。

私が13年前に受けたフラッシュ脱毛もすごく痛かったです。
おそらく昔は、今のようにエステの脱毛が薬事法で規制されている時代ではなかったので、今よりも出力高かったと思うのです。証拠に、6回受けて終了でしたもん。それでその当時はワキ以外はすべてキレイさっぱりなくなっていましたから。

でも、痛い箇所は、保冷剤で冷やしながらだと無理なくできました。

照射面が小さい

フラッシュ脱毛器と比べると、正直とても小さい照射面だと思います。

そりゃ、大きい面だと一気にできるから簡単かもしれません。小さいから何度も打つ必要があって、時間がかかるのは確かです。 メーカーさんによると、わざと小さくしているそうなんです。

なぜかというと、小さいからこそ、細かいところも打ちやすいですよね。例えば鼻の下とか、VIOラインなんて、大きな面だと、いらない所まで打ってしまいそうで、ちょと怖いですよね。

リチウムバッテリーが交換できない

他のフラッシュ脱毛器の多くはコードでつながる本体があって、そこから照射するやつを引っ張りだして使うタイプなので、バッテリーは半永久的です。

ですが、トリアは充電式なのでバッテリーはいつかは切れてしまいます。
携帯電話と同じですね。そこはちょっと残念ですがね。 この点もメーカーの人に聞いてみると、10回や20回では電池が切れる訳ではなく、普通に使っていたら、脱毛前に電池がダメになる、なんてことはないそうです。

家族の人とつかっても、問題なく脱毛が終わるみたいなので、姉妹や親子でつかっても大丈夫そうです。旦那さんのヒゲとかもいいですね。
自分でできて効果を実感できるレーザー脱毛器。トリア>>

最後に

安くなったとは言え、脱毛器はまだまだお高いものです。

だからこそ、10年、20年後に私のようにムダ毛がまた生えてこないように、選択を間違ってほしくありません。
フラッシュ脱毛器は確かにレーザーより痛くないかもしれません。
でも、それはそれなりの効果しか期待できない、ということだと理解してください。
今、巷にある口コミは、みなさんまだ脱毛したばかりの人たちのもので、私のように13年も経ってはいないのです。

フラッシュ脱毛をして13年も経過した私だからこそ、こんな話しができるのです。

私のように脱毛経験者にとっては、今度こそ間違いたくないという思いの人が多いと思います。
私のようにもうサロンはコリゴリといういうのであれば、家庭用レーザー脱毛器は本当にオススメです。

だって、サロンでは受けられないレーザーなんですよ!

それが家で、誰にも気兼ねせず、自分の好きな時に、好きなだけできるんですもん、すごく良くないですか?

家庭でレーザー脱毛ができる唯一の商品がトリアなんです。

10年、20年後もずっとキレイなままの素肌でいたいのであれば、レーザー脱毛が家でもできる、トリア4Xが間違いないでしょう!
自分でできて効果を実感できるレーザー脱毛器。トリア>>