シニア犬用のドッグフードってあまり種類がないと思いませんか?

うちもそうでした。うちの子ももう10才でシニアの食事をさせているので、いつも良いのがないか探していました。

そんな時に出会ったのが、シニア犬用のドッグフード「ピッコロ」です。

ピッコロは、ペット大国イギリス産ので、原料の70%がチキンとサーモンででいていて、それでいてカロリー控えめ!低脂質!高たんぱく!なプレミアムドッグフードです。

ピッコロはモグワンで有名なレティシアンさんからの新商品なんですよ。

そんなピッコロをいち早く、うちの子(トイプー10才)が体を張って試食してくれた様子をレポートしていきたいと思います。
⇛シニア犬用のプレミアムドッグフード『ピッコロ』

シニア犬のドックフード事情は?

うちのトイプー(オス)はもうすぐ10才のシニア犬です。


トリミング前のボサボサ状態で失礼します。

つい最近まで普通のフードを食べさせていたのですが、今年の健康診断で獣医さんから、ちょっと体重増えてきているから、おやつを控えてエサもシニア用にしてくださいと言われてしまいました。

毎日の散歩も今まで通りですし、家でもおもちゃをおっかけて走り回っています。でも、まだまだ若いとおもっているのですが、もう体は私と一緒で代謝が落ちてきているんだと思います。

最近、白髪も目立ってきてますし、目も少し白くなってきていますし…

でも、1日でも長く、元気でいてほしい!

できれば、あと5年、7年、いや10年は一緒にいて欲しい!

それには、やはり良い食べ物だわ!ということで、シニア用のドッグフートを探しているのですが、これというのが見つからないのです。

良いプレミアムフードはいろいろあるけれど、シニア用って本当に少ないのです。

そんな折、以前食べさせていたフードの会社のレティシアンさんのシニア犬用のドッグフード「ピッコロ」が発売されました。

以前、こちらのモグワンを食べていてとっても喜んで食べていたのですが、獣医さんから言われて、カロリーが気になって、やめさせていたのです。

モグワンとアランズをトイプーが食べ比べ ~ ネットで人気のドッグフードを試してみた

で、しょうがなく、ネットで見つけたシニアのトイプードル専用のフードをたべさせていました。
これ、良いのですが、あまり喜んで食べてくれないのですよね・・・

そんな時に、モグワンを販売しているレティシアンさんから新しくシニア用のドッグフードが発売されたということで、すぐさま購入したのです。

シニア用ドッグフードのピッコロが届いた!

注文から3日で到着しました。佐川さんの宅配便でした。

箱は至ってシンプルな白い箱です。

佐川さんがピンポ~ンと来た時に、うちの子には「ジロウ(うちの子の名前)のきたよ~」と言ったら、何やら自分のものだとわかったらしく、気になるみたいで、到着したとたんしきりに私につきまとってきました。

そして「早くあけてくれ~」とキュンキュン

箱を空けて中身を出したとたん、写真が撮れないくらいしつこくクンクンしまくって、もうすでに自分のものだと確信しているようです。
まだ袋に入ったままなのにね~。

封入物は、ピッコロと、まとめ買いや定期購入の案内など入っていましたが、まだ商品自体が新しいのか、ピッコロの案内のチラシなどは入っていませんでしたし、レティシアンさんの商品一覧の本にもまだ掲載されていませんでした。

ピッコロのこの入れ物は、外側のケースで、可愛いパグちゃんがキャラクターです。

箱の裏面を見ると、説明書きは英語で書かれていました。でも、ちゃんと日本語の原材料などの表示のシールが上から貼られていましたので内容はわかります。

裏面の真ん中に「Made In Greate Britain」とあります。ピッコロは英国製なんですね。

英国というと、女王様も愛犬家だという愛犬大国ですよね。
古くから犬と共に生活するのが当たり前、の愛犬家としては日本よりもずっと先を行くお国柄。

学生時代にイギリスのロンドンに短期留学したことがあって、そこでイギリスの人たちが犬を家族の一因として当然のように生活しているのを見て感動したのを覚えています。

カフェやレストランはもちろん、電車もバスも一緒。大型犬なんかも普通に乗ってきて、ケージなんかには入れません。

ワンコ達は騒ぐことも、もちろんおそそうをその辺ですることもありません。
人間とちゃんと一緒に生活できるようにしつけがきちんと行き届いているのですよね。

ロールスロイスのオープンカーに、ゴールデンレトリバーを助手席に乗せている英国紳士をみたことがあります。犬も、シュッとしてものすごくかっこよかったな~。

当時日本はまだペット事情はとてもお粗末で、今みたいに犬と一緒に入れるカフェなんて皆無でしたし、ペット用品も今のように豊富ではありませんでした。
でも、英国のペットショップにはものすごい数のフードやおやつが並んでいたのを覚えています。
(うちにも犬がいたのでお土産いっぱい買ってかえりました)

ピッコロは、そんなペット先進国の英国で作られたシニア用のドッグフードですので、犬の事を第一に考えた、安心できるプレミアムフードであることに間違いないでしょう。

★good

イギリスで作られたピッコロは、これから本格的にシニアに向かううちの子にも安心して与えられますね!

トイプー10才がシニア用ドックフード「ピッコロ」を食べてみた!

では、うちの子にピッコロを試食してもらいましょう!

最初から興味津々でしたが、袋を開けようとすると、早く早くとせかしてくるのでなかなか開けられませんw

先程のワンちゃんの絵がかいたのは外箱で、袋入りのが中にはいっていました。
ちゃんと開け閉め簡単な、ジップがついているので湿気も心配ありません。

うちの子も良いにおいがするのか、しきりにクンクンしまくりです

現在食べている、トイプードル専用のシニア用のドッグフードと、ピッコロを食べ比べてもらうことにしました。
うちの子、必死で食べたい欲求を押さえて「マテ」をしてくれています。健気・・

「ヨシ!」の掛け声をかけると、一目散にピッコロに向かいました。

いつもカリカリだけなんて絶対に食べないのに、ピッコロにはものすごい勢いで食いつきました。

真剣に食べまくっています!

ガツガツものすごい速さです!

で、あっという間に完食!
食べ終わって、横のいつものフードも一瞬食べかけたのですが、臭いを嗅ぐやいなや、すぐにぷいっと向こうにいって、ピッコロのおかわりを要求してきましたww

いつものフードは悪くはありませんが、いつもなかなか食べてくれません。
いつもは、缶詰のお肉をトッピングして、一生懸命食べさせてやっと食べる、という感じです。

★驚き

ほんと、プードルって食が細いから大変。!
以前はゴールデンレトリバーを飼っていたのですが、その子の食欲は半端なく、カリカリだけでもものすごく喜んでたべてくれていたので、プードルの食いつきの悪さには最初驚きました。

そんな食の細いプードルも喜んで食べてくれたピッコロ、本当に美味しいんでしょうね。

ピッコロは小粒タイプ

プレミアムフードってこの形状多いですよね。

真ん中に穴の空いたドーナツ状。

これなら、とても小さい子には少し大きいと感じますが、簡単に割ることもできるので食べされられます。以前、ジロウのお友達の1キロ未満のチワワちゃんがうちに遊びに来たときに、これと同じ形のドーナツ状のプレミアムフードを当時たべさせていたのですが、割ってあげると喜んでたべてくれていました。

色も濃くて、混ぜ物がすくないって感じがします。

臭いを書いでみても、油臭い変な臭いは全くしませんし、むしろ美味しそうなにおいがしました。
人間が口にしても全く問題なさそうです。(食べませんでしたがw)

なるほど、うちの子も喜んで食いつくはずです。

シニア用のドッグフード「ピッコロ」の原材料は?

外箱にこのような記載がありました。

70% CHIKEN & SALMON

原材料の70%がチキンとサーモンで出来ているそうなんです。

チキンとサーモンと言えば、控えめカロリーなのに高タンパクの代表選手みたいなもので、筋トレしている私も積極的に食べなさいといわれている食材です。

特にサーモンの赤い色アスタキサンチンで、抗酸化作用が強く、シニアには積極的に与えたい食材です。

他の食材も見てみましょう。

骨抜きチキン生肉(31%)、骨抜き生サーモン(20%)乾燥チキン(13%)、サツマイモ、ジャガイモ、豆、乾燥サーモン(6%)乾燥卵(2.5%)チキングレイビー(2%)、アルファルファ、ミネラル、ビタミン、グルコサミン(1780mg/kg)、MSM(1780mg/kg)、コンドロイチン硫酸(1250mg/kg)、リンゴ、ニンジン、オオバコ、海藻、フラクトオリゴ糖、ホウレンソウ、クランベリー、カモミール、ペパーミント、マリーゴールド、アニスの実、フェヌグリーク

チキン、サーモン以外にも体によさげな原材料がたくさん入っています。

特に、グルコサミン・コンドロイチンはシニア犬には絶対欠かせないですよ!
昔飼っていたゴールデンが、足が弱くなって歩けなくなった時に、獣医さんからグルコサミンを摂るように言われて与えた所、元気にまた歩けるようになったのです。

人間にも人気のグルコサミン・コンドロイチンですが、犬の足にもにもとっても良いのです。

また、ざっと見てみても、ピッコロには穀物は入っていません。

ドックフードに穀物はよろしくないのか?

穀物は犬には悪いというようにも言われているようですが、私は特に気にはしていません。
現代の室内犬は雑食ですから、特に悪いと言われる食材以外はなんでも食べてよいのだと思います。
だって、昔実家で飼っていた犬は、ご飯に鶏肉と野菜を混ぜたご飯で、16才まで元気にしてくれていましたもの。

獣医さんで購入できるダイエット用のフードにご飯入り、というのもあるくらいですからね。

でも、お安いドッグフードの中には、安価な質の悪い穀物をかさ増しするために加えているものもあるようで、そのようなドッグフードはやはりワンちゃんにはよろしくない、というだけなんです。

ただ、私達にドッグフードに入っている穀物が良い物なのか、悪いものなのかは成分表だけでは判断できませんから、シニア用のフードには不必要に穀物が入っていないほうが安心です。

おそらくですが、質の悪いフードは糖質が多くなり、血糖値が上がってしまい、肥満や糖尿病になってしまうのでよろしくないではないのでしょうか?

実は、、、お恥ずかしい話し、うちの実家にもプードルがいるのですが、内の父はドッグフードの良し悪しもよくわからず、ホームセンターで購入するようなお安いフードを与えていたのです。

実家に帰るたびに父には、「もうちょっとよいフードのほうが体にいいんじゃない?」と言うのですが、「うちの子はこのフードが好きだから」と父には寝耳に水でした。

そんなこんなで、その子が今年になって急に痩せだして「おかしいよ!もしかしたら糖尿病じゃない?」と病院に行かせたところ、本当に糖尿病になっていたのです。

お陰で、実家のプードルは今は毎日食事前にインスリンを打っています。そうなるとワンコも可愛そうですし、父達も大変です。

「良いフードを与えておけばこんなことにならなかったのに」
と父には言えず、もどかしい気持ちで、とても残念です。

ワンちゃんの健康は、飼い主の判断で左右されます。

だからこそ、毎日与えるフードはちゃんと選ばなければ愛犬の健康は守れません。

シニア用ドックフードのピッコロの販売店とお値段

シニア用ドックフードのピッコロは通販専用の商品で、ネットでしか手に入りません。

単品だと3960円+送料が必用で、カードで支払うと4968円です。

ですが、定期購入すると10%引きで3564円で、カードで支払うと4540円となります。
購入する数が増えると割引率も増え最大20%引きになります。

また、3袋以上をまとめて定期で購入すると送料も無料になります。

定期購入の周期も、1ヶ月毎、2ヶ月毎など選べます。

容量は、1袋1.5キロ入っています。

うちの子は結構大きめなトイプー(デカプー)ですので、1日の給餌量は80g。計算すると20日もしないうちに消費してしまいます。

ということは、2ヶ月に1回3袋購入するといい感じだと思うので、3袋だと15%オフになり、送料も無料ですので、金額は10905円、1袋当たり3635円(税込み)となります。1ヶ月当たり5452円です。

★素

今まであげていたフードと比べると、ちょっとお高くはなりますが、この子の健康のためにはコレくらいの出費は仕方ないかな~と思っています。

シニア用ドックフードのピッコロまとめ

7才以上がシニアだと言われているワンコ達。

実家のトイプー(12才)は、おそらくお値段のお安いフードのせいで糖尿病になってしまいました。

ワンコ達の健康は飼い主の責任です。

実家のトイプーは、毎日インスリンの注射を打って痛い思いをしてとても可哀想です。

父も母も毎日2回、注射を打つのもとても大変で二人がかりで注射を打たなくてはいけないので、とても大変そうです。

病気になるとお金も時間も無駄になります。

フードをもうちょっとマシなものにしておけば、そんなことにならなかったかもしれないのに、、、後悔してもしきれません。

うちの子もすでに10才で十分シニア世代です。
1日でも長く、そして元気に一緒いたい。

これまで健康で元気そのもののうちの子ですが、シニアになってどうなるかわかりません。

だからこそ、毎日与えるフードはシニア世代のこの子の健康を考えられた、体に良く、安心できて、それでいてこの子が喜ぶものをあげたいです。

シニア犬のフードって、本当に数少ないのですよね~。

そんな中みつけた「ピッコロ」は、ペット大国イギリス製で安心の品質、そして何より、シニア犬専用に作られたプレミアムドックフードでした。

★素

ピッコロ」は、原材料がチキンとサーモンが70%も入っていて、穀物フリーで、低カロリー・高タンパク。そして、足腰にもよいグルコサミンやコンドロイチンなどのシニア犬に大切な栄養素がいっぱです。

だからこそ、1日も長く健康な毎日を、ワンコ達が美味しく、楽しく食べられるのです。

うちも子にも、ピッコロ続けて行こうと思います!


⇛シニア犬用のプレミアムドッグフード『ピッコロ』