シックスパッドもジェルシートもこちらで購入できます>>

シックスパッドのアブズベルトを使いはじめて3ヶ月近くが経ち、毎日ご機嫌に利用していますが、一つ難点があります。

それは、シックスパッドはランニングコストがかかることです。

電気代とジェルシートが必要なんですよね。

電気代は必用ですが、家で充電できますので微々たるものなのです。
しかも1回の充電で1ヶ月はもつのでかなり経済的です。

実際お金が結構かかるのが「ジェルシート」なんですよね。

★素

そんなジェルシートについて、シックスパッドのアブズベルトを3ヶ月使って、一番気になる「ぶっちゃけどれだけ持つのか?」などについてレビューしていきたいと思います。

シックスパッドアブズベルトの使用感のレビューはこちら↓

新SIXPAD2アブズベルトAbs Beltを最速レビュー!ベルト付きのシックスパッド2って?

ジェルシートって必用なの?

EMS機器を使用するには、電気を体に伝える為に、水分が含まれたものを間に挟まないと電気が通りません。

手で持って扱うEMS機器の場合は、水分の多いジェルを塗ってその上からマシンをあてて電気を通すことが多いです。主に美容で顔や体に使うEMS機器がこの方式が多いです。

わたしも色々と、顔や体に使うEMS機器をもっていますが、美容系のものはジェルが必ず必用です。

シックスパッドのような筋肉のトレーニングをするマシンの場合の多くは、ジェルシートを本体に当てておいて、体に貼り付けて使用するという方法がとられています。

ですので、必然的に水分が含まれたジェル状のシートパッドが必用となる訳なんですね。

ジェルのシートなしでは電気伝導が行われませんし、下手に体に水分があると通電部分が直に触れるので電気伝導が良すぎてものすごいことになりそうです。
実験したことはありませんが、想像するにものすごく危険ですので絶対にやめてください。

アブズベルトの専用ジェルシートの交換時期

一番気になるのが、ぶっちゃけどれだけもつのか、ですよね。

MTGさんとしては、30回の使用で交換が目安だとおっしゃっています。

ただし、使用状況や温度・湿度などによっても回数は変わってくると思います。

わたしが3ヶ月つかってきて体感するのは、アブズベルトってこれまでのシックスパッドのアブズフィットと違って、ベルトで巻きつけるので、持ちが長いように思います。

粘着力が多少弱ってきていても、貼り付ける力は必用なく、ある程度の水分が確保されていて、かつ体にフィットしてくれれば電気伝導はできますので、体感的に1ヶ月半は余裕で持つと感じました。

いや、それ以上かもしれません。(ちゃんと日数測っていませんでした・・・)

というのも実際私の場合、ジェルシートは定期購入していて、1ヶ月スパンでやってくるのですが、3ヶ月目に差し掛かったところで、つい数日前にジェルシートを交換したばかりなのにもかかわらず、新しいジェルシートが送られてきたのです。

ということは、だいたい1ヶ月半~それ以上で交換していたのかな?という計算になります。

交換の目安は?長く持たせるには?

粘着力が弱くなってきたころ、と思うのですが、わたしの場合、ジェルが勝手に剥がれてくるという現象が目安になっています。

トレーニング終了後にアブズベルトをベリッと外す時に、ジェルが本体から勝手に剥がれてくる、という現象が起きました。

粘着力的にはあまり問題はなかったのですが、こうなったらもう交換するしかありませんので、しぶしぶ交換、となりました。

アブズベルトはベルトで巻くので粘着力が多少弱くても使用できますが、貼り付けるだけのアブズフィットなどはやはり粘着力が弱くなると使用出来なくなりますよね。

そんな時は、MTGさんから教わったのですが、「お水」を少し付けてあげると粘着力は若干復活するそうです。

その際、本体にお水がつかないように気をつけてくださいね。
お水がついてしまうと故障につながる危険性もあるので気をつけましょう。

あと、ジェルシートが少しでも長く使えるように気をつけていたのは、体がキレイな状態で使うことでした。

体が汗などで汚れている状態だと、ジェルの劣化も早くきそうなので、私はなるべくお風呂上がり、そして汗が引いてから使うようにしていました。

アブズベルトのジェルシートの交換方法

シックスパッドのアブズベルトの交換方法はいたって簡単です。

まず、古いジェルシートと手でよいのでくるくると端っこから丸めるようにして剥がします。

ジェルが多少残りますので、剥がしたジェルでぺたぺたと貼りけるとキレイに残ったものがとれますよ。

新しいシートを取り出し、オレンジ色のシートから剥がします。

真ん中に波型の切り込みがありますので、簡単にはがせます。

コツは、片方のオレンジのシートを残し、半分づつつけていくと手につかずうまく貼ることができます。

そして、全体にシートが貼れたら透明のシートを剥がすだけです。

もしこのように空気がはいってしまったら、再度透明のシートをつけて上から擦るようにして空気を抜きましょう。
このまま空気がはいっていると電気刺激がうまく伝わらない可能性があります。

ジェルシートのお値段

シックスパッドアブズベルトの場合、シックスパッド部分は一体型の大きなジェルシート2枚、そして腹斜筋鍛える横の部分は個別に小さいものが4枚必要です。

定価は4900円とかなり高額です。

定期購入すると、20%引きの3920円送料込みとなり、少々お得感はあります。

最初に注文すると自動的に30日後に最初の定期購入分が届きますが、2回目からは、15日、30日、45日、60日、90日に変更が可能です。変更はフリーダイアルで行います。

また、私も1ヶ月分スキップすることも可能です。これはMTGさんのサイトの「マイページ」から変更可能ですので、とってもラクチンです。

私の場合、次回の分はスキップさせてもらいました。そしてジェルシートは1ヶ月半はもつので、その後からは45日スパンに切り替えようかとおもっています。

汎用品のジェルシートは使えるのか?

実際、楽天などで見るとシックスパッドにも使えるというとてもお安いジェルシートが売られていました。

アブズベルトの場合、さきほど書きました通り大きなパッド用のジェルシートと、小さいものが必要で、ちょっと特殊ですので、大きさ的に汎用品のジェルシートを使用するには小さいものを複数貼るしかありません。

ちゃんと貼れるのかどうかはわかりません。

ですが、そもそも汎用品を使っていいのでしょうか?

ジェルシートの箱にはこんな紙が入っていました。

「ジェルシートは必ず純正品を使用してください
純正品以外を一度でも使用した場合は、保証の対象外とさせていただきます。」

とのことです。

05怒り

ジェルシートなんてなんでも一緒じゃん!

とも思っていたのですが、先日このシックスパッドの20Hzの電気刺激の開発者である京大の森田先生の話を聞いて来て、シックスパッドに使われている20Hzが特殊だということを知り、やはり他のものを使うのあまりよくないのでは?と思うようになりました。

シックスパッドのEMSがなぜ効果があるのか?京大のキンニク先生、森谷名誉教授に聞いてきた

本来、20Hzの電気刺激というのはとても強い刺激で、普通であれば体全体が波打つ位強い刺激なんだそうです。実際、若い被験者の方が普通の20Hzの電気刺激を受けている映像を見せてもらいましたが、体にものすごい衝撃を受けているのがわかりました。

それを、森田先生が特許をとられている技術で普通の人でも使えるようにしたのが、シックスパッドでなんです。

ジェルシートになにか秘密があるのかどうかはわかりませんが、ひとつ言えることは、純正品のジェルシートはシックスパッドの20Hzという特殊な刺激を与える機械を最適化するためのシートだということです。

ですので、その効果を最大限に得るためには、やはりその為に開発されたものを使うほうが良いと思います。

★素

シックスパッドは決してお安い商品ではありません。
せっかく良いものを選んでつかっているのですから、純正品を使わないことで、効果が出なかったり、
万が一故障してしまったら本当にもったいないことです。

純正のジェルシートは少々お高いですが、自分への投資だと思って私は使っていきたいと思います。


シックスパッドもジェルシートもこちらで購入できます>>