年齢を重ねると、今つかっている化粧品だけ足りているのか、、と不安になることありませんか?

私は不安でたまらないので、年々その数が増えてきています。

でもね、重ねるだけでは足りないと正直思っていて、まずは土台をきっちりと作って上げるのが大切なんだと最近思うようになりました。

そんな年齢肌の土台を作り上げてくれる美容液に出会いました。

それが、プラセンタエキスとサイタイエキスの原を同時抽出して配合した美容液のepoホワイティアです。

★素

今回はこのエポホワイティアを、梅春のまだまだ寒い季節に、3週間みっちりお試しさせていただきましたので、口コミレビューします!

 

エポホワイティアはこんな商品

こちらが今回ご紹介するエポホワイティアです。

エポホワイティアは、お化粧水の前に使うブースターとして使用する美容液で、肌の土台を整えてくれる働きをしてくれます。

写真はちょっとトロリとしている感じがしますが、実際はシャバシャバのほぼ水みたいなテクスチャで、最初はちょっと物足りなさがあるかと思います。

でも、化粧水の前に使うブースターですので、私はこれくらいシャバシャバのほうが浸透も早く、好きです。

以前オイル系のブースターを使用したこともあるのですが、オイルを付けた後に化粧水をつけるのは本当にこれで浸透するのかと、心配になったことがありましたからね。

エポホワイティアはプラセンタエキスですので、一番気になったのはニオイです。

数年前にプラセンタエキス配合の美容液を使ったことがあるのですが、ものすごく生臭いニオイがして、つけるとずっとそのニオイが鼻について気になって気分が悪くなるほどでした。

今回も恐る恐るニオイを嗅いでみると、、、無臭でした。

驚くほどの無臭。

何の香りもついていないので、まるで水なんですよ。

★疑い

これで本当に効果あるの~?
本当に原液100%なの~?

と、ちょっと疑いの目を向けるようになってしまうほどでした。

エポホワイティアを使ってみた

まるで「水」なエポホワイティアですが、実際に使ってみるとその印象はガラリと変わりました。

つけるとすぐはまるで水のまま、なのですが、浸透させていくと、肌が徐々にむっちりとした感触に変わっていくのです。

水分がほぼなくなると、肌の粘着力みたいなのが増してきて、手をくっつけて離すと、ぺた~っとくっつきながら剥がれていくような感じです。

写真ではちゃんと伝わっていないかもしれませんが、本当にむっちりなんです。

頬もむっちりしているので、こうやって頬を押すと、光の輪っかができてくれました。

その後に化粧水をつけているのですが、心なしか浸透が早くなっているような気がしています。

いつもなら1分くらいはベタベタしているのが、エポホワイティア使い始めてからは40秒ほどですっかり浸透してなくなっている、みたいな感じです。

まるで水のようにサラサラしているのに、すごいパワーを秘めているようで、とても不思議な感じです。

エポホワイティアの原料はどうなっているのでしょうか?

エポホワイティアはなぜサラサラなのか?成分は?

エポホワイティアの成分を見てみましょう

水、BG、ペンチレングリコール、加水分解ウマプラセンタ/サイタイエキス、フェノキシエタノール

ものすごくシンプルですね~。

エポホワイティアは純度100%のウマプラセンタ/サイタイエキスの美容液です。

でも成分の最初の3つは違いますよね?

というのも、プラセンタやサイタイというのは液体で存在しておらず、何らかの方法で抽出しなければいけませんので、溶媒が必要となります。

その溶媒が、水・BG・ペンチレングリコールなわけなのです。

でも、それ以外はフェノキシエタノールの保存料だけなので、この成分から読み取ると、溶媒と保存料以外は、プラセンタ/サイタイエキスしか配合されていないのがわかります。

だからプラセンタ/サイタイエキス純度100%なんですね。

なのに、全然臭くないのは驚きです。

これまでも純度100%と謳っているプラセンタの美容液は使ったことありましたが、結構臭うものが多く嫌だったのですが、このエポホワイティアは全然違いました。

これってすごい技術力なんだと思います。

また、通常美容液や化粧水などの化粧品って、水と油分を混ぜたり、それらの成分を浸透しやすくしなければいけないので、量の多い少ないはありますが、何らかの界面活性剤が含まれているのが普通です。

界面活性剤のすべてが良くないとは私は思いませんが、やはり良くない印象はみなさんお持ちだと思います。

でもエポホワイティアはそんな皆さんが嫌いな界面活性剤は一切配合されていません。

ですので、界面活性剤が苦手、という自然派の方にも受け入れられやすい美容液なんじゃないかと思います。

エポホワイティアのプラセンタはサイタイエキスも配合?

私これまで使ったことがあったプラセンタの美容液は、すべて普通のプラセンタだけが配合されただったと記憶します。

でも、最初にエポホワイティアの箱を見た時に、「プラセンタ・サイタイエキス原液」と書かれていて、なんで一緒に配合されているの?と思いました。

で、サイタイエキスのことを詳しく調べてみました。

サイタイエキスとは、お母さんと赤ちゃんをつなぐいわゆるへその緒だということは、みなさんもご存じだと思います。

医療現場でもサイタイに含まれる臍帯血は、幹細胞が多く含まれるということがわかり、今では白血病などの治療にも利用されています。

またサイタイ自体に関しても、多くの体を作ってくれる成分を含んでいて、天然のヒアルロン酸と呼ばれるほど、保水力にも優れているので、美容成分として多いの期待されている注目の天然成分なのです。

で、この図をみてもらうとわかると思いますが、あかちゃんとお母さんをつなぐのが、このサイタイで、その先についている部分が、胎盤=プラセンタなのです。

そう、プラセンタとサイタイはくっついているのです。

ということは、これまではプラセンタとサイタイは分けられていたものを、このエポホワイティアは、プラセンタとサイタイを同時に加水分解という技術で抽出したものなのですね。

★素

これが最新の技術なんでしょうね。

プラセンタだけの美容液でも十分良いことはわかっていましたが、やはりサイタイエキスも入ったいたからこそ、あんなにサラサラなのに、モッチモチのお肌になって、化粧水の吸収力もバツグンになったのですね。

epoホワイティアを1ヶ月みっちりつかってみた

まだまだ寒い梅春の時期からエポホワイティアを1ヶ月間みっちりと朝晩使ってみました。

使い方は、洗顔後の素の肌にエポホワイティアを1円玉分くらい手に取り、手のひらで温めてから顔全体に伸ばします。

で、その後化粧水と普段のお手入れをしました。

エポホワイティアを使って1週間後くらいからですかねえ、段々と肌がプニプニしてきた感じがしてきました。

弾力が増したの?って感じです。

エポホワイティアまとめ

エポホワイティアは通販限定商品です。

 

楽天サイトで購入できるので、安心して購入できますよ。

エポホワイティアはブースターとして使用するものなので、今お使いの化粧水や乳液をつかいつつ、それらの浸透も高めてくれる、土台をきっちりとつくりあげてくれるお助けアイテムとして使用できます。

年齢を重ねて、今のお手入れだけじゃ足りないかも、とお思いの方にはピッタリの美容液じゃないでしょうか?

★プラセンタ+植物幹細胞エキス配合の美容液もオススメです!
渾身のレビュー記事をぜひご覧ください!

エイジスト美容液(ステムエッセンス)口コミ※10日間使って毛穴キュッの発光肌に