デファンドル・ドネのシルクスキンクリーム

皆さんクリームってお使いですか?

お手入れの仕上げに、蓋の意味でクリームを使いましょうというのが、必要だとか、必要ないとかの議論もありますよね。

クリームって、油分たっぷりでベタベタしてなんだか気持ち悪い、という人少なくなく、最近あまり人気がないということをよく耳にします。

そんなクリームが苦手な人にもオススメできるクリームをお試ししたので、ご紹介したいと思います。

それが、今回ご紹介するデファンドル ドネのシルクスキンクリームです。

デファンドル ドネのシルクスキンクリームは、シルクプロテインが多く配合された、界面活性剤不使用で、敏感肌や荒れた肌にも使える優しいクリームです。

クリームでフタって本当に必要?

私は美容大好きで、コスメコンシェルジュの資格も持ち、成分やその働きや仕組みも勉強していますが、クリームでフタをするのは、必要か必要でないのか、正直よくわかりません。

私はそれはその人の肌の状態にもよるものだし、どちらでもないと思うのです。

私の場合、若い頃はたしかに油分も多く必要なかったですが、最近では油分も少なく、外から補わなければ間に合わないと感じていますので、クリームは必要だと思うようになりました。

フタ、という意味で必要かと聞かれると、本当に化粧水などの水分の「フタ」として働いているのか、というのも疑問ではあります。

そもそも、フタなんかしてしまうと、毛穴が詰まってしまいますので、表現的には適切ではないと思います。

そもそも洗顔で落とされた天然保湿成分(NMF)を補うために必要な油分ですので、それらを補ってくれる油性成分が必要なんですよね。

だから、乳液でもクリームでも、美容液でも、油分が配合されていれば、ある程度は補ってはくれるはずです。

それには、セラミドやスクワランなんかが最適なんですが、今回ご紹介するシルクスキンクリームのシルクプロテインも、肌の天然保湿成分(NMF)をサポートしてくれる、すぐれた成分みたいなんですよね。
シルクスキンクリームの成分をもっとく詳しく>>

シルクが配合されたシルクスキンクリーム使ってみた

これまで私もいろいろな成分の美容液やらクリームを試してきましたが、シルクが配合されたものは始めて使いました。

こちらが送られてきたデファンドル ドネのシルクスキンクリームです。

開けてみると、真っ白なクリームがぎっちりと詰まっていました。

かなりがっちりとした硬いテクスチャのクリームで、水分少なめな感じです。

ぱっとみた感じは、よくあるシリコンたっぷりはいった水分少なめのクリームかとおもったのですが、手にとってみると、艶があって、こっくりとした、濃厚な生クリームのようだと感じました。

のばしてみても、硬い感じで、全く液垂れしてくることもなく、フタという意味ではちゃんと仕事してくれそうです。

伸ばしていくと、いつまでもベタベタしなくて、肌にしっとりと馴染んでいきます。

最後、ハンドプレスするとぐぐっと入るような感覚で、すっとなくなる瞬間がありました。

香りは一切ついていなく、無臭ですので、他にどんなお化粧品をつかっていても問題なさそうです。

実際にお手入れ最後の「蓋」として使ってみた

夜のお手入れの最後にデファンドル ドネのシルクスキンクリームを使ってみました。

化粧水を2回に分けてつけて、その後乳液代わりのオールインワン、美白クリーム、そして最後にデファンドル ドネのシルクスキンクリームをつけています。

一応最後の「フタ」的な使用方法ですw

正直、ちょっと時間かかって面倒ではあるのですが、夜だけですので問題ありません。
(朝は上記工程のシルククリーム抜きです)

硬いテクスチャですが、ベタベタ感は少ないので、塗った後もすぐにさらりとするので、そこまで手間ではありません。

さりとしていますが、もちもちして肌が少し柔らかくなった感じがします。

翌朝がさらにモッチリ感が強く、朝洗顔する時に、肌がなんだかぬるりとしたような感じまでします。(油分が残っているわけでも、余分な油が出ているわけではありません。)

余談:朝にはこのシルクスキンクリームはあまりおすすめできません。
一度使ってみたのですが、ファンデーションとの相性がわるいのか、なにやらモロモロがでてしまいました。

成分チェック!

シルクスキンクリームの成分を見てみることにしました。

水、海水、フィブロイン、スクワラン、プロパンジオール、ベヘニルアルコール、グリセリン、イソステアリン酸水添ヒマシ油、アロエベラ葉エキス、アボカド油、コメヌカ油、β-グルカン、ヒアルロン酸Na、シア脂、カカオ脂、グリチルリチン酸2K、スクロース、ヒトオリゴペプチド-1、トコフェロール、カラギーナン、BG、キサンタンガム、ホウケイ酸(Ca/Na)、酸化銀

基本的に、成分表というのは、配合量が多いものから記載するというルールがあります。

それに従って見ると、一番多いのは水、そして海水。

その次が、フィブロインとなっています。

これが、シルクフィブロインと呼ばれるタンパク質で、人が持っているアミノ酸のうち、18種類ものアミノ酸が含まれれている成分なんです。

そんな優れた成分が一番多く配合されているってだけでもすごいのですが、さらにこのシルクスキンクリームは、合成の界面活性剤も一切含まれていません。

それでどうしてクリーム状に乳化できるのか不思議に思ったのですが、またこれもシルクファブロインの働きなんだそうです。

シルクファブロイン自体に乳化される作用があり、界面活性剤は必要ない、という仕組みなんだそうです。

★驚き

それってすごいことですよ~。

だって、界面活性剤不使用ということは、たっぷり使っても、肌に界面活性剤が残らないので、肌にもすごく優しいと思います。
シルクスキンクリームの成分をもっとく詳しく>>

オススメの使い方をしてみた

商品と一緒にはいっていたチラシには、最初の3日間はたっぷりと多めのクリームを塗るとよい、と書かれていたので、その通りにしてみました。

これくらいの結構多いかも?という量を顔全体に伸ばします。

結構な量ですので最初はベタベタとはするのですが、少しマッサージを加えながら塗り込み、最後はハンドプレスすると、最後の方はサラリとしてきます。

多少手にはのこりますので、もったいないので、デコルテや手にも塗り込んで終了です。

この量を塗り込むと、なんだか肌が柔らかくなった感触がして、たしかに3日目くらいには、日中もその感触が続きます。

使って10日間経過後

3日間はたっぷりと、その後はもったいないので通常の量で10日間使い続けました。

お手入れはいつもと同じで、このデファンドル ドネのシルクスキンクリームを加えただけです。

夕方、肌がすっかり疲れて乾燥しているだろう夕方に水分量と油分量を計測してみました。

水分:48.4%
油分:32.4%

11月中旬で、天気は晴れで乾燥していました。(室内にて計測しましたが、加湿器はつけていません)

夕方で肌はもうボロボロなはずの時間にもかかわらず、アプリからも羨ましいほど潤って柔らかい肌です!と言われてしまいました。

実際、肌をさわってみても、潤った感があり、もっちり柔らかなんですよね。

若干油分は高めな感じはしますが、別にべたべたした感じはありませんし、化粧崩れも感じてはいません。

★嬉しい

これって、シルクのパワーですよね~??

シルクスキンクリームの購入方法

デファンドル ドネのシルクスキンクリームは定価7500円(税抜き)と、結構なお値段します。

大手ショッピングサイトなどでも購入できるようですが、定価もしくは、送料込みでちょっとお高く販売されていました。

一番オトクな購入方法は、公式サイトで定期購入する方法です。

個数によって割引率は変化しますが、3個買うと最大20%引きになるので、1個あたり6000円(税抜き)になります。

定期購入といっても、お届け周期を最大13週(91日ごと)に設定できるので、1ヶ月1個のペースで使用することも可能なんですよ。

いつでも休止できるみたいなので、もしだぶついちゃってもお休みすればよいのでOKですよね。
シルクスキンクリーム購入はコチラ>> 

まとめ

コスメコンシェルジュの私がデファンドル ドネのシルクスキンクリームをおすすめする方はこんな方

 

・クリームで蓋にふさわしいクリームを探している
・クリームが苦手だけどクリームを使いたい
・敏感肌でも合うクリームを探している
・年齢肌で乾燥が止まらない

 

実際このクリームを使ってみて、初めてのシルクプロテインの実力を知りました。

シルクって肌に優しいイメージがありましたが、実際にその通りで、たった3日で肌の質感が変わったのには驚きました。

やはりクリームで蓋って、必要なんだな~って実感しました。

もしあなたも、お手入れ最後の「フタ」のクリームをお探しなら、このデファンドル ドネのシルクスキンクリーム、一度使ってみてはいかがでしょうか?

これから寒い乾燥する冬に向かいますが、このデファンドル ドネのシルクスキンクリームで蓋をすれば、乾燥なんて怖くありません。

シルクの蓋クリーム使ってみる?>>