バイオプログラミングのリュミエリーナ初のブラシ型アイロンが新発売されるそうです。


リュミエリーナさんの商品ページをお借りしました

先日ブラシ型アイロンを購入したばかりなので、今猛烈に後悔しています・・・

キュレイナ3D plusとは?

販売ページの情報では、2018年1月より本格販売され、12月には先行販売があるみたいです。

形的には、よくあるくるくるドライヤーのような形状です。

ですので、本体にはドライヤーとしての機能があり、風がでてきます。そして、アタッチメントとして、ブラシ型と、ロール型のアイロンがついています。

そのすごいところは、例のバイオプログラミング技術が本体、そしてアタッチメントにも施されているということです。

ですので、風の出る本体は、ドライヤーのレプロナイザー3D Plus、そしてアタッチメントはヘアアイロンのヘアビューロン3D Plusと同じだということです。

キュレイナ3D plusのできること

 

キュレイナ3D plusの動画からはこんなことができることがわかりました。

  • 頭頂部からブローブラシでとかすだけで、自然とボリュームアップ
  • ブローブラシうなじのほうから頭頂部にかけてとかすとさらにボリュームがでて、うねりがおさまりキレイなツヤのあるストレートヘアにできる
  • ブローブラシで簡単にCカールやJカールができる
  • アイロンブラシで毛束を巻いて5~10秒置いて、しっとりとした重めのカールができる
  • カールした後に冷風を全体にあてて、その後ブローブラシでスタイリングすれば、また違うスタイルができる
  • 大小の毛束をクリップで留めて、温風・冷風を交互に当ててクリップを外せば、ゴージャスウェーブに早変わり!

動画には他にも、ショートヘアやホブのスタイリングのやり方がありました。



簡単に使えるところはくるくるドライヤーと同じですが、こんなにキレイにストレートからカール、ウェーブもできるなんて、キュレイナ3D plusやっぱり、すごいです。

リュミエリーナのバイオプログラミング技術とは?

キュレイナ3D plusに使われる、バイオプログラミングは、リュミエリーナさんの独自技術で、これまでドライヤーやコテではあり得なかった、使うほど髪の毛が美しくなるというものです。

キュレイナ3D plusには、本体にもそのアタッチメント部分にも特殊なセラミックが使われていて、そこから発生する遠赤外線が髪の毛の細胞を活性化してくれるのです。

ヘアビューザーのメーカーさんであるリュミエリーナさんは元々はセラミックスの会社で、そのバイオプログラミング技術は、そのセラミックの技術を応用したものだそうです。

そしてそのセラミックは細胞自体を活性化してくれるともので、神に毛自体を根本から元気にしてくれるそうなのです。

ですので、ヘアビューロンのアイロンなんかは、電源をオフにした状態で使っても、髪の毛にツヤが出るのです。

実際数ヶ月前に、リュミエリーナの販売代理店さん主催のセミナーに参加し、その効果を目の当たりにした記事をアップしていますのでよかったらご覧ください。

年齢髪に良いドライヤーはどちら?ヘアビューザーとレプロナイザーの違いをプロに聞いた

リュミエリーナ ヘアビューロンのストレートとカールの違いをプロに聞いた!

キュレイナ3D plusがやっぱり欲しい!!

つい先日、テレビショッピングでブラシ型のヘアアイロンを購入してしまったことを、今激しく後悔しています。

セミナーに参加して以来、ずっと欲しかったヘアビューロン、でも使いこなせる自信が無くて、結局安易なほうに流てしまった自分がうらめしいです。



くるくるドライヤーなら、若い頃から使い続けていて、使い勝手のよいことはよくわかっています。

そんな使いやすいくるくるドライヤー形状のキュレイナ3D plus、お値段は高いですが、それだけの価値は絶対にあると思います。

これからドライヤーやヘアアイロンを購入予定の方が羨ましいです。

ああ、でもやっぱりキュレイナ3D plus欲しい・・・です。

追記:2018年1月5日 キュレイナ3DPlusを体験してきました

梅田の阪急にお買い物にいった時に、たまたまバイオプログラミングさんのショップの前を通りかかり、キュレイナ3DPlusが店頭に並んでいたので、試させていただきました。

キュレイナ3DPlusはバイオプログラミングさんのショップでも一番高額の商品で、一番真ん中に置かれていましたよw

コチラが化粧箱にはいった状態のキュレイナ3DPlusです。

本体と、ブローブラシ、アイロンブラシがセットになっています。

普通のくるくるドライヤーと同じよう、ブローブラシとアイロンブラシを付け替えて使います。

 

キュレイナ3DPlusのブローブラシを体験!

こちらがブローブラシで、通常のくるくるドライヤーのように、風を出しながら使います。

シャンプー後、濡れた髪をドライヤーで半乾かしにして、このブローブラシでストレートにすれば、焦らずゆっくりとキレイにまとまります。

ブローブラシは74gしかありませんので、本体と合わせても軽くて疲れることはないと思います。

キュレイナ3DPlusを実際に持って感じたのは、持ち手の部分が細くなっているので、とても持ちやすかったです。また、重心が下の方にあるようなので、安定感があります。

以前私が使っていたくるくるドライヤーは軽すぎて、なんだか安心感がありませんでしたが、こちらは全然問題ありません。

少しだけブローブラシで片方の髪の毛をとかたところ、すぐにツルツル感がでてツヤが増しました。

これは以前レプロナイザーを使った時と同じ感じですが、くるくるドライヤーなのでより簡単です。だって、クシでとかすだけなんですもの。

シロウトには、ブローしながらブラシでくるくるするのなて、至難の技ですよね。

この時、普通に本体から風がでますので、乾いていきます。

ちなみに、ヘッドの部分を取ると普通に本体から風がでてきますが、風量はとても少ないので、これで全部を乾かそうと思うとちょっと厳しいかもしれません。

ただ、半乾かしにして、それから入念にブローブラシで整えるのであれば、これ1本でいけるかもしれません。

キュレイナ3DPlusアイロンブラシを体験

アイロンブラシはブローブラシより重い190gで、ちょっと重いなと感じましたが、手が疲れるほどではありませんでした。



驚いたのは、こちらのアイロンブラシは本当にアイロンになるということです。

★疑問

え?何言ってるかわかんない?

ですよね~。

通常くるくるドライヤーや、風しかでませんので、アイロン的なブラシを付けても、結局熱風で型をつけることしかできません。
しかしこのキュレイナ3DPlusは、風だけでなく、「熱」も出せるのです。(私の使っていたのは風しかだせませんでした。他のはどうかしら?)

アイロンブラシを差し込んで、ブローブラシとは反対側のスイッチをオンすると、風はでませんがアイロンが熱くなるという仕組みです。

でも、アイロンは手で触っても全然あつくありませんので、私のようにショートヘアの人も、アイロン部分が肌に触れてもやけどすることはありません。

お店の方に後頭部を少しアイロンでボリュームを出してもらいましたが、いとも簡単に後頭部の盛り上がりができていました。(写真とれませんでした)

キュレイナ3DPlusまとめ

バイオプログラミング技術の特殊セラミックが、本体にもアタッチメントにも搭載されているので、キュレイナ3DPlusはレプロナイザーとヘアビューロンのいいとこ取りをした、最高のくるくるドライヤーです。

使いやすさはくるくるドライヤー並だけど、その効果はプロ並!

キュレイナ3DPlusは正直お値段はすごく高いですが、毎日が美容サロン帰りのようになるのであれば、サロンに通う回数が減りそうですので、そのお金で買うというのもありかもしれません。

ああ、本気で欲しいです。