これからの季節、とにかくマスクが暑い!

特に私は更年期真っ最中で、いきなりやってくるホットフラッシュの時なんかは、涼しい時でも汗だくなのに、その上にマスクなんてしてたら、死にそうです。

ということで、とにかく涼しいマスクはないかと思い、まずは手元にあるエアリズムでマスクを手作りしてみました。

裁縫が苦手でミシンもないけどできるのか?

お恥ずかしながら、わたし50を過ぎているのに裁縫はものすごく苦手です。

ですので、家にはもちろんミシンなんてありませんし、裁縫道具は最低限しかおいてません。(ボタン付けくらいしかしませんから。)

ですので、ミシンいらず、道具もハリと糸させあればできる、型紙いらずでできるマスクをネットで検索しまくりました。

で、見つけたのがこちらの動画。

Diy Soho手作り倉庫さんという方が作成された動画で、すでにチャンネル登録者数19万人もいらっしゃいました。

この動画を参考にして、エアリズムをばらしてこんな感じでマスク用の布をつくりました。

私はエアリズムのシームレスを使用したので、切ってもほつれたりはしませんでした。(裁縫用のハサミもなく、小さい紙を切るようのハサミを使用したので、切り目ガタガタでお恥ずかしいです)

普通のエアリズムではどうか検証していませんが、動画でも普通のを使用されていたので問題はないと思います。

ゴムはかろうじて持ってはいたのですが、せっかくなので耳ゴムもエアリズムの残り布を切ってつくってみます。

で、できあがったのがこちら!

なんかぐちゃっとして、大丈夫?って感じですよね。

エアリズムはとにかく柔らかいのでかなり縫いにくかったです。

縫い目はガタガタで歪みまくり。でも、この作り方だと縫い目は表には出ませんので、問題なしです。

早速試着してみました。

最初は大丈夫?と思いましたが、つけたら思いのほかフィット感があっていい感じだったのです。

つけた瞬間は流石にエアリズムです。かなりヒヤっとして気持ちいいのです。

しかし、、、生地が柔らか過ぎて、肌や唇にべったりとくっつのです。

それが暑い!

どうしたもんだろうと悩み、改良したのがこちら。

不織布マスクから抜いたノーズワイヤーをにいれました。

これも内側に入れているので、ガタガタの縫い目もわかりません。

ノーズワイヤーのおかげで多少は口の周りに空間ができるので、だいぶ涼しいです。

エアリズムの手作りマスクのまとめ

エアリズム、きっとみなさんのお家にもあると思います。

これからの暑い季節、マスクをして外出するなんて耐えられません。

せめて、少しでも涼しく過ごせるように、お家にあるエアリズムを使ってマスク作りにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

このマスクは中にフィルターを入れることもできますよ!

私みたいな超裁縫苦手な人間でもできる、エアリズムの手作りマスク、おすすめです。