ウォーターサーバーのお水の交換って大変ですよね。

力のある男性ならともかく、女性ではかなり大変ですよ。

私も、実家に12リットル入りのタンクのウォーターサーバーがあり、たまに頼まれてお水の交換をしますが、めっちゃ大変です。

これを月に何回もやらなきゃいけないなんて、腰も腕も痛めてしまいそうで、絶対やだ!って思っていました。

ところが、先日我が家にやってきたウォーターサーバー、キララスマートサーバーは非力なアラフィフのおばちゃんでも苦労なくお水の交換ができ、空いたタンクを保管する必用もないすぐれものなんですよ~。


キララスマートサーバーのお水の交換方法

ゴールデンウィークの最終日、うちに帰っていた旦那も単身赴任先に帰って、うちにはまた私一人になりました。

そんな夕方、キララスマートサーバーのライト(ステータスライトと言うそうです)がピカピカ光りだしたのです。

03困り

え?もう故障!?

と思って、キララスマートサーバーをみてみたら、お水のパックがペッシャンコになっていたのです。

04驚き

え~、まだ数日しかつかってないのに、もうお水無くなっちゃってるよ~、なんで

と文句言ってていたら、最初に入れた時にえらい勢いでお水が減っていたことを思い出しました。それは、本体のタンク内にお水を充満させるために、最初は大量のお水が減るのだと気がついて安心しました。

お水のパックはペッシャンコでも、タンク内にはまだまだお水があるのでまだまだ飲めましたが、いきなりお水が無くなるのもイヤですし、ライトがピカピカしているのもうっとおしいので、一人で交換することにしました。(というか、これからずっと一人で交換しないといけませんしね・・・)

03困り

一人でお水交換できるのかなあ~?なんで旦那のいるときに光らないのよ~!

とちょっと不安になりながら、新しいお水のパックを箱から取り出しました。

最初のお水パックのセットは娘と一緒にやったので、お水パックを一人で持つのも、セットするのもはじめてでした。

お水のパックは一人でも全然持てる重さで、5キロのお米をもちょっと重くした感じです。

うちのイヌが5キロ弱ですので、動いてあばれるイヌを抱くよりは楽ですww

交換には取説は不要!

03困り

あ!取説みないとわかならいかも?

と思いながらタンクを取り外して、はじめてコレに気が付きました。

ちゃんとお水の取替方法が、図解付きで説明されていました。ホッ

まずはタンクを取り外し、机など平らなところに置きます。

注意しなければいけないのは、設置したままお水は交換してはいけないということです。

というのも、キララスマートサーバーはお水のパックに、大きな針のようなものを突き刺して、お水をタンク内に入れている為、失敗すると穴が変に空いてしまうため、修正ができなくなってしまうからなのです。

これが設置された状態のタンクですが、大きな針が透けて見えると思います。

机にタンクを置いたら、空のお水のパックを取り出します。

この時穴があいているので、お水が漏れ出ないように気をつけましょう。
ま、漏れたとしても小さい穴ですので、ビジャビシャになるようなことはありませんので、安心してください。

取り出すとわかりますが、残念ながら構造上少しだけお水が残るのです。(これは説明会で伺っていました)

このお水ももったいないので、コップに入れ替えました。
大体200ml弱くらい残るようです。

新しいパックを矢印上方向に向けて、とりあえずタンクに入れ込みます。

なるべく底を平らにする用にいれて、左右にある小さい穴を見つけましょう。

穴が見つかったら、タンクの両端にある小さいポッチ(フック)があるので、ひっかけます。

実はこれが一苦労でした。
何しろ老眼なもので、この小さい穴がなかなか見えないのですよ~。一生懸命目を凝らして、端っこを触ってみてやっとみつけた次第です。
MTGさん、ここに色つけるとか何か工夫してください!!老眼のにはこの小さい穴はみえませんから!

で、お水がセットできたら後はタンクを本体にセットするだけです。

お水セットしても、タンク式のウォーターサーバーみたいにゴボゴボって言いませんよ。

後は捨てるだけ!

お水が入っていたパックは、こんな感じで折りたたむと小さくなります。

廃プラとして、普通に処理できますので、このままゴミ箱にポイできます。

タンク式のウォーターサーバーだと、この後タンクを何処かに保管して、またそれを新しいタンクと交換しないといけないので、場所もとりますよね。

でも、キララスマートサーバーなら使った後は捨てるだけですし、新しいお水を何処かに保管しておけばよいだけです。

うちはこれまでペットボトルのお水をリビングにある物置に保管していましたが、キララスマートサーバーのお水のパックもほぼ同じような大きさなのでこれまでと保管場所もスペースも変わっていません。

かかった時間は?

今回このブログを書こうと思って、スマホで写真を撮影しながらでしたし、はじめてだったので、オタオタしながらお水の交換を行いましたが、10分以内には終わりました。

なれれば数分でお水変えられると思います。

キララスマートサーバーのタンクの交換は、簡単だし、力もいらないし、ゴミも出ないし、言うことありませんよ。

キララスマートサーバーのランニングコストは?

そういえばキララスマートサーバーのランニングコストについて何も書いていなかったことを思いましました。

というか、欲しい気持ちが勝ってしまい値段のこと考えていませんでした。

改めて計算してみました。

基本料金として、サーバー本体のレンタル料、そしてお水代が必用です。

サーバー本体料金
レンタル料 1200円/月
お水料金
1年プラン 1250円/パック
2年プラン 1150円/パック
3年プラン 1050円/パック

※お水の配送は4パック入りの箱単位での購入です。

あと、炭酸が定価3900円/箱、定期で購入すると3600円/箱で1箱6本入りです。

その他に電気代が必用です。これはメーカーさんに伺ったところ、1ヶ月1000円~1200円程度必用とのことでした。

ということは、だいたい一箱4パックで2人家族一ヶ月分と計算すると、、、

最大で7400円、最安値で6600円必用です。(炭酸のカートリッジ料金は含んでいません)

結構なお値段しますよね。

私の場合、現在は一人なので、一ヶ月に2パック消費するとして、3年プランに入っていますので、4500円、計算すると1日で150円となります。

糖尿病を患ってからは、ジュースも缶コーヒーも牛乳も一切飲まなくなりましたので、それらに使っていたお金を、良いお水に使ってると思ったら、安いものです。

たしかに他のウォーターサーバーはもっとお安いものはたくさんあると思いますし、ペットボトルのお水もセールとかしてたら1本2リットルでも100円以下のものもあります。

でも、キララスマートサーバーは他のものとはお水の品質も、そして何よりサーバー自体が薄くてインテリアの邪魔になりません。

そりゃ、大きなお家ででっかいウォーターサーバーなんて置き放題!というお家ならでかいウォーターサーバーでも問題ないでしょうが、うちはしがない小さいマンションですので、やはり場所問題は大きいです。

そして、今回ご紹介したとおり、お水の交換のしやすさ。それにつきます。

キララスマートサーバーは他より少々お高いですが、それ以上の価値があると私は思います。
>>キララスマートサーバー詳しくはこちら