ブルームボックスの2月分に、ほっと見えマスクという商品が入っていました。

簡単に言えば、目を温めるカイロです。

蒸気でアイマスクというのは以前に使ったことがあったのですが、いいのはいいのですが、いかんせんこれをすると何もできない(見えない)というのがネックで、1個使っただけで我が家のお蔵入りメンバーにはっていました。

ほっと見えマスクは、そんな目のカイロなのに、見える=穴が開いている

ということで、一見、画期的?ではありますが、本当にこれで疲れ目などに効果あるのか、実際に試してみた口コミ・レビューをお送りしたいと思います。

温活女子会プロデュース ほっと見えマスク

温活女子会プロデュースほっと見えマスクがこの商品の正式名称です。

一箱だいたい600円~700円程度で販売されていて、ドラッグストア、アマゾンや楽天などの通販サイトでも購入できます。

箱には5枚のほっと見えマスクが入っていて、デザイン違いのものが入っています。

つけるとこんな感じで、まるで仮面舞踏会ですww

開けると振ったりすることなく、1~2分で暖かくなってきますので、耳に引っ掛けて着用できます。

私は顔は小さめですが、結構きつい感じがしましたので、男性だったら少し耳が痛くなるかも、と思いました。

ただ、耳のところの布(不織布?)は若干伸縮性があり、伸びるので、そこまで痛みは感じません。

逆に、若干小さめだからこそ、かなりのフィット感があって、暖かさがとても感じられて私としては、このフィット感は好印象でした。

ほっと見えマスクだと20分は長くない!

以前つかってみたマスクは目が完全に塞がれているので、その間何もできません。

でも、このほっと見えマスクはちゃんと目のところが開いているので、当然見えます。

私は20分間問題なくテレビをみることができました。

途中トイレにも立ちましたが、見えにくいから歩きにくい、ということもありませんでした。

でも、目のきわまでシートがあるので、前しか見えませんので、階段などは注意したほうがよいと思いました。

アマゾンや@コスメの口コミでは、目の位置が合わない、暖かく感じられない、などの口コミもありましたが、私は問題なく、目とそのまわりが温まると感じられました。

ぶっちゃけ効果はあるのか?

私が一番気になったのは、眼球自体を暖めないと意味は無いじゃないのか?という点でした。

でも、実際使い終わってほっと見えマスクを外すと、しっかりと暖められて保湿された感じがして、目がシャッキリと見えやすくなっていました。

私は極度のドライアイなのですが、その日は一日目薬に手が伸びませんでしたので、効果はちゃんとあったのだと思います。

ほっと見えマスクのHPを確認してみると、目を温める場合、眼球ではなく、まぶたの周辺をあたたることで、その効果が得られるそうなんですって。

詰まった油分は40℃、15分以上で溶かされるそうで、その溶けた油分が涙の蒸発を防いでくれるらしいです。

ああ、だから私のドライアイはその日、いい感じに収まってくれていたのですね~

ほっと見えマスクまとめ

ほっと見えマスクは、ちゃんと疲れ目にも良いし、ドライアイもいい感じだし、なにより着けている間、テレビやスマホ、本も読めるんだから時間の無駄になりませんよね。

ネット上の口コミはイマイチですが、ワタシ的にはこれは良い!と思える商品でした。

多分、いただいたほっと見えマスクが無くなったらリピさせていただくと思います。

ほっと見えマスク、一応アマゾンのリンクを貼っておきますが、ドラッグストアなどでも購入できますよ!