健康の為、野菜不足解消に青汁飲んでいますか?

私は以前は青汁飲んでいましたが、今は飲まなくなりました。

どのメーカーのもあまり美味しく感じられませんでしたし、なにより液体をサプルメントとして飲むのが苦痛でした。(喉も乾いていないのに飲むなんて苦痛でしかありません)

だったら錠剤のほうがいいじゃん!と以前から思っていたのですが、先日展示会で、青汁の錠剤をもってきているメーカーさんがいて、これじゃん!とおもったので、早速取り寄せてみたのです。

それが、ステラ漢方株式会社さんの贅沢青汁です。

★素

ステラ製薬さんの贅沢青汁は、その名前の通り、錠剤だからこそできうる贅沢な成分で、とっても飲みやすいサプリメントでした。
では早速レビューいってみましょう!




ステラの贅沢青汁はこんなサプリメントです

到着したステラの贅沢青汁の箱をみてびっくり!

通販用の箱までちゃんと青汁仕様になってるんですね~。

メール便ですのでポストに投函されていました。これだと不在とか関係ないから毎月送らてくる定期便の通販はありがたいです。
再配達してもらうのも気の毒ですもんね~。

なんかこのパッケージみただけで、野菜摂りまくったっていう安心感さえしちゃうのはなんでしょうかねえ。
これはインパクトあるわ~。

中を開けると、またまたインパクト大な印刷が・・・

可愛いイラストで、贅沢青汁の原産地やら、どうやって作られているのかが描かれていました。

2回目からはもっと地味な箱でおくられてくるみたいです。ちゃんとエコ考えてらっしゃる!

はい!こちらが贅沢青汁のパッケージとなります。

パッケージ自体にも野菜の写真が印刷されているので、またまたインパクトあります。(実際にこれらの野菜の成分が入っているわけではありませんよ)

中をあけてみると、結構色の濃い色の粒が入っていますね。

中身をみても、かなり色の濃い緑色です。
青汁成分がぎゅっとつまった感じがしますね~。

粒はこれくらいの小ささですので、1日の3粒、このままスルッといけました。
小さいので、少量のお水でのめちゃいました。

やっぱり粒状が楽ですよね。
青汁は汁じゃないといけない、というのは単なる固定概念だということがよくわかりました。

ステラの贅沢青汁の秘密~ 成分は3つだけ!

贅沢青汁の袋を開けた画像をよく見て下さい。

少し粉がついているのがわかると思いますが、この粉は、粒の粉が一部ついてるのだと思います。

後からホームページをじっくり読んでわかったのですが、贅沢青汁は、「賦刑剤不使用」と書かれていました。だから、少しですが粉がでているのでしょうね。(もちろん、割れなどはひとつもありませんでした。)

賦刑剤とは、サプリメントなどの錠剤に入っている添加剤です。成分が少ない場合に、錠剤をかさ増しするもので、たいていのサプリやお薬には何らかの添加物が使われています。

だから、たいていのサプリメントはつるりと表面は滑らかで、粉はほとんど出てはきません。

でも、この贅沢青汁の全成分をみてみると

全成分:クロレラ、ケール、ボタンボウフウ(長命草)粉末

以上!

めちゃシンプル!!

つまり、この3つの成分をギュッと固めただけ、の本当の青汁の粒なんです。

★疑問

でも、なんで固まるの?

と疑問におもいますよね?

それは、主成分の一つであるクロレラの「粘り」があるからなんだそうです。
クロレラの粘りが、賦刑剤の代わりをしてくれているので、余分なものを一切入れなくても、ちゃんとしたサプリメントとして形作られているのです。

実験:贅沢青汁は溶けやすいのか?

見た目にはとってもキレイに固まっている贅沢青汁ですが、賦刑剤不使用でクロレラだけで固められているとのことですので、溶けやすいとおもいました。

そこで、どれだけ溶けやすいのか、ちょっと実験をしてみました。

人肌の温度のぬるま湯に、贅沢青汁をいれてみて時間を計って、その溶ける程度を確認してみました。

贅沢青汁をぬるま湯にいれて、ものの30秒ほどで表面が溶けだし、1分、2分でかなり溶けて、5分立つとほぼ錠剤が見えなくなるくらいになりました。

5分後ぬるま湯を捨ててみると、まだ錠剤は残ってはいますが、かなりふやけた状態で、まだ芯は残ってはいるものの、手で押せばぐにゅっと崩れるくらいの柔らかさにはなっていました。

この実験からわかる通り、贅沢青汁は余分なものがはいっていないので、素早く溶けて、その栄養をダイレクトに体の中に取り入れることができるのです。

溶けやすいということはお湯で飲めない!?

ちなみに、試しに贅沢青汁が溶けたぬるま湯を少し飲んでみましたが、結構飲めました。想像よりは苦くはありませんでしたの。

これから寒い季節になるので、冷たいお水でサプリメントを飲むのが辛い季節ですが、もし贅沢青汁をぬるま湯でのんで、少し表面の成分が溶けだしたとしても、そこまでは苦くないので安心して大丈夫だと思いますww

青汁と言えば大麦若葉なんですが・・・

若い頃青汁といえば、ケールで「まずい!」という宣伝が有名でした。(わかる人はわかりますよねw)

でも、私が以前飲んでいた青汁は、大麦若葉が主成分で、そのほか色々な野菜が入っていると書かれてありました。

こちら、家に残っていた青汁です。青汁主成分で、その他にも色々はいっていたと記憶します。
これ、あんまり美味しくないのですよね~。

たしか、これの前に飲んでいたものも、大麦若葉が主成分でした。
ですので、てっきりわたしは、青汁には大麦若葉が一番よいのだと思いこんでいました。

ですが、このステラの贅沢青汁は、大麦若葉は入っておらず、葉っぱ類はケールと長寿草と呼ばれる草だけです。

この贅沢青汁のホームページをよくみてわかったのですが、大麦若葉とケールでは、その栄養素が全然違うそうなんです。

こちらがその比較表です。すべての栄養素がケールのほうが上回っていますね。

ショック!こんなに栄養が少ないものを一生懸命飲んでいたなんて・・・

ではなぜいつの間にか、青汁の主役がケールから大麦若葉になったのでしょうか?

それは、成分が薄いから飲みやすい、だからなんだそうです。

たしかに、味がうすければ抹茶いれれば抹茶の味が際立ちますから、飲みやすくなりますよね。
でも、それってあんまり効果ないってことじゃないの~?

ステラの贅沢青汁のお値段は?

そうそう、これが一番気になりますよね。

定価はは4743円と結構お高めなんですが、なんと、定期購入すれば、初回は80%オフの980円!!これ、1ヶ月分のお値段です。送料も無料なんですよ!

そして、2回目以降も40%引きの2846円。もちろん送料無料です。

しかも、3回とか4回とか継続する必用もありませんので、もし継続したくない場合は、1ヶ月分980円だけ購入してキャンセルすることも可能なんです。

これなら気兼ねなく試すことができますよね~。

あ、でもこれは1ヶ月300名限定のモニター価格なんだそうです。
ですので、もしかしたら月の終わりごろにはモニター価格終了しちゃってるかもしれませんので、お気をつけください。

ステラの贅沢青汁まとめ

元々ケールの絞り汁から始まった青汁。

青汁=飲み物、という固定概念があるので、今世の中に出回っている青汁のほとんどが水に溶かして飲むタイプなんですよね。

液体だから飲みやすくしなくてはいけない、だから薄い成分で抹茶味などで誤魔化して飲みやすくしている、それが今ある粉末を溶かすタイプの青汁なんですよ。

でも青汁は粒でも成分さえとれればいい!

と気づかせてくれたのが、このステラの贅沢青汁です。

元祖青汁成分であるケール、沖縄の長命草、そしてクロレラだけで作られている本物でした!

★good

これからは青汁は粒で摂るのが絶対良いと思います。
それにはステラの贅沢青汁が最適です!

ステラの贅沢青汁公式サイト>>