ワタシ、通販全般大好きですが、特にテレビ通販が好きで、QVCとショップチャンネルは毎日チェックしています。

QVCはショッピングカードを持っていて最高ステージ3を数年間キープ。
ショップチャンネルは送料無料権利を購入しているので、いつ買っても送料はかかりません。

なにそれ?と言われそうですが、それらの特典はまたの機会に記事にしますね。

今回はショップチャンネルでロングセラーの「ペスカ」の基礎化粧品を購入したのでレビューしたいと思います。

長年ショップチャンネルでお買い物していますが、ずっと気になりながら購入に至らなかった商品の一つがこのペスカさんのクリアローションです。

で、ちょうどいつも使っているクレンジングが切れかけていたタイミングにショップチャンネルで、このペスカのクリアローションとフェイスウォッシュの大容量のセットがSSVというその日にお買い得な商品として紹介していたので、思わず「試してみたい!」と購入しちゃったというわけです。

それでは、ペスカのフェイスウォッシュとクリアローション、レビューしちゃいましょう!

ペスカのフェイスウォッシュとクリアローションとは?

ペスカさんのショーを何度も見ましたが、いまいちそのクレンジングと化粧品の使い分けが曖昧でわからなかったのが、購入に至らなかった理由でもありました。

というのも、このペスカ、クリアローション(化粧水)で洗顔するというコンセプトなんですよね。

化粧水で洗顔するってどういうこと?と思いながら商品が届きましたが、されているチラシを読んでもまだなんだかよくわからない、というのが正直なところでした。

ま、とりあえずやってみるかということで手持ちのクレンジングが無くなったタイミングでペスカをつかってみました。

洗顔料は白濁しパール感の強いシャンプーというような見た目で、まずは少し泡立てましょうと書かれていました。

でも、泡立てても少しは泡立つのですが、モコモコした泡というよりさらにネバネバして若干泡も出ているくらいにしか泡立ちません。

後から調べてみるとそんな感じでよいみたいだったのでそれはそれで正解だったみたいです。

で、メイクを落としてみたのですが、正直あまり落ちません。
商品説明にも、濃いメイクの場合2度洗いしてくださいとありました。

そこで、ワタシも2度洗いして汚れを落としました。

そして、その後軽く拭いてクリアローションを小さじ3杯手に取り、くるくるとなじませてマッサージして洗い流す。

その後、また小さじ一杯程度を肌になじませる。

というのがペスカのフェイスウォッシュとクリアローションの使い方です。

使いはじめて1週間ほど経ちますが、トラブル無く肌の調子も良い感じです。

ただ、、、ちょっと正直面倒です。

これまで1回のクレンジングで済んでいたものが、4工程になったので、マジ面倒です。

ペスカのフェイスウォッシュの成分

フェイスウォッシュの成分をみてみました。

水、ラウリルグルコシド、トリイソステアリン酸PEG-160ソルビタン、グリセリン、ラウリルベタイン、BG、ジステアリン酸グリコール、ラウリルリン酸、加水分解ヒアルロン酸、ジメチルシラノールヒアルロネート、ヒアルロン酸Na、水溶性コラーゲン、褐藻エキス、ラウレス-11カルボン酸、DPG、水酸化K、ベタイン、ラウリン酸、塩化Na、ローズマリー油、カルボマー、ポリアクリル酸Na、アルギン酸Na、フェノキシエタノール、メチルパラベン

水やグリセリンなどの水溶成分以外の目立ったものをみてみると・・・

  • ラウリルグルコシド
    低刺激の界面活性剤。ベビーシャンプーに配合される安全性の高さ。
    洗浄力は弱く泡だちは落ちる。
  • トリイソステアリン酸PEG-160ソルビタン
    乳化剤・分散剤として使われる界面活性剤で、製品にとろみをつける目的で配合されることがある。
  • ラウリルベタイン
    ヤシ油などの植物系の脂肪酸や脂肪酸アルキルエステルやアミノ酢酸ベタインなどを合成してつくられている両性界面活性剤。粘り気があって泡立つ性質がある。
  • ジステアリン酸グリコール
    パール化剤。洗浄成分に光沢を与え、とろみを与える。
  • ラウリルリン酸
    合成界面活性剤、乳化剤
  • ジメチルシラノールヒアルロネート
    ジメチルシラノールとヒアルロン酸のエステル。保湿剤

かなり洗浄成分が弱い界面活性剤が使用されていて、そりゃ一回でメイクは落ちないし、あまり泡立たないわな~と感じました。

ただ、どの界面活性剤もとても穏やかで肌に刺激の少ないものばかりですので、肌自体にはとても良いと思います。

とにかく、クレンジングは落としすぎることで肌の大切な成分までもこそぎ落としてしまい、肌トラブルをおこす原因となります。

落としすぎないことがクレンジングではとても大切なので、このペスカのペスカのフェイスウォッシュはその点ではとても優秀なクレンジングだと言えるでしょう。

ペスカのクリアローションの成分をみてみる

水、グリセリン、BG、加水分解ヒアルロン酸、ジメチルシラノールヒアルロネート、ヒアルロン酸Na、水溶性コラーゲン、褐藻エキス、カミツレエキス、ベタイン、カルボマー、ポリアクリル酸Na、アルギン酸Na、メチルパラベン、水酸化Na

ほぼほぼ水溶成分、そして増粘剤で構成されている化粧水です。

特に洗浄成分などは含まれていないようですので、普通の化粧水です。

ただ、ポリアクリル酸Naやアルギン酸Naなどヌルヌルさせるローションの成分が入っているので、この独特なとろみがついています。

これをなぜ洗顔に使うのか?という疑問はありましたが、肌に残った汚れを絡め取るという目的だと書かれていましたので、このきついとろみの意味がわかりました。

特筆するような成分も入っていなようですし、本当にドロドロした化粧水で、使った感じもトロトロの何か、という感じでした。

ワタシはあまりとろみのある化粧水は好きでないので、洗顔後につっぱらないようにお風呂の中で使用するのにとどめています。

朝にスプーン3杯のクリアローションで洗顔するとよいとありましたのでためしてみましたが、たしかに肌に優しく洗顔できるのでとても良かったです。

軽く流せばしっとりとしてくれていますし、その後オールインワンゲルで十分潤いを感じられました。

化粧水で洗顔するなんて、なんて贅沢だなあ、と感じました。
ただ、ワタシはお得にこのビックボトルを購入しましたが、定価3000円の200ml入りのだとかなり割高感があるので、毎日スプーン3杯つかっていたらすぐに無くなりそうです。その意味ではコスパは少し疑問点があります。

まとめ

クレンジングも洗顔も落としすぎは肌によろしくありません。

このペスカのフェイスウォッシュとクリアローションは洗浄成分は穏やかでとても肌には良いと思います。

但し、正直あまり落ちません。

特にアイメイク当たりは1回ではかなり厳しく、2回でやっと落ちたかな?という感じです。

ですので、これだけで落とそうとせず、アイメイクなんかは専用のリムーバーでサクッとおとすのがよいと思います。

あまりこすりすぎるても、落とさないでおくのも色素沈着の原因となります。

軽いミネラルファンデーションくらいなら1回で大丈夫ですが、無理して1回で落とそうとしてこするのもよくないので、ここは思い切って2回ちゃんとクレンジングしてください。

あと、ウォータープルーフタイプの日焼け止めなどを使っている人も、落ちているようで落ちていないとおもいますので、きっちりと2回洗顔+ローションで洗顔をオススメします。

それさえ守れれば、ちょっと手間はかかりますが、とてもよい洗顔料だと思います。

ショップチャンネルで長年売れ続けている意味もわかります。

落としすぎない洗顔をしていると、自然に肌はキレイになるはずですから。

手間を惜しまない、肌に優しいクレンジングを探している、人にはオススメです。

とてもよいですが、ワタシは多分リピはしません。だって、やっぱり面倒なんですもの~!
元使っていたクレンジングの定期購入に戻ります。すみません!